2011年 06月 13日
最後の夏Vol.2~夏の始まり
漸く開通した、奥胎内へ行ってきた。
5月下旬開通予定って書いてあったんで、半月前から足を運んでいたがさっぱり開通する様子がない。
落石の除去や木の枝等々の掃除で遅れていたらしく、遅れ遅れの2週間遅れでの開通となった。


a0041722_11113394.jpg

いつもの川原を歩く
・・・・・川の流れが去年と大きく違っている、構わずに長靴でジャブジャブ歩く

去年同様に残雪が彼方此方に残っている
これもまた同じ様にその周辺だけ淡く靄って居る


a0041722_11142516.jpg

そして川床の石に茶色のコケが・・・・なんだか美しくない
流れの水も、今ひとつ澄み切っていない

なんか調子が狂うけど、夏の初めの恒例行事だ

SD14 17-50mm

さて、SD1が発売になった。作例が出始めた。
買えない悔しさ半分(もっと多いかも?(^^;)を差し引いても、無理して買わんでも良かったかなと。
悪しきFOVEONの癖はそのまま残って、単に画素数上げただけみたいな印象が。
簡単に言うと下手糞が撮れば下手な写真に、上手い人が撮れば良い写真に、当たり前のカメラで決して魔法のカメラじゃなかったようだ。

確かに画素数が増えた分だけ確実に解像度は上がっているのだろう。
ただ、それだけ・・・いままでFOVEONの長所を更に伸ばしたような究極の画質、夢のようなカメラじゃなかった。
そして、解像度が上がっている分、ブレやピントの更にシビアなっているんだろうと想像できる作例が多い。
まぁ、2chや価格に上がってる作例の他少し見ただけなんで、それで全てを判断出来る訳じゃないけど。

そしてFOVEON教の教祖と言われている某さんも、かなり手こずっているに見受ける。
画質は置いておいても、カメラの出来として・・・・・・

この先もっと、素晴らしい!!と思われるような作例がドンドン出てくるかも知れず、そん時は妻に100回位土下座して買わせて頂くかもしれないが、そんな事はないような気がする。




さてさて、金曜の午後から出掛けて来た親父の最後の夏。
3:30に現着し下見を始めるも・・・・さっぱりだ!!そこそこは釣れるんじゃ?と言う話だったが、なんだかキスちゃんの姿が薄い。
たまに釣れて来ても小指程のピンサイズが多い。

軽く下見して、後は写真でも撮ってこようと考えていたけれど、釣れる場所を探し回っているうちに夕方になってしまった。
漸く、型の良いのが上がった(と言っても2匹だけ~~だけど)ので、下見終了。
空も雲って夕日など望むべくも無く、撮影は止めて夕飯の買出しに走る。



明けて翌朝、いやな感じで小雨がパラついている。
時間が経つに連れて上がって来る予報だったので、合羽の上だけ着て競技開始・・・・やっぱり釣れない。
たまに小ピンが釣れて来るだけで、あっと言う間に1回戦1.5h終了・・・ピン×5(;;)

2回戦・・・相変わらず小雨はポツポツだが、キスちゃんは更に状況が悪くさっぱり姿を見せてくれない。
周りの人はたまにポツラポツラと釣っているが、私の竿には当たってくれない。
30分ほど経ったころから雨が強くなり、シャワーを浴びながら釣りしている様な状態で、当然ながら合羽を着ていない下半身はパンツまでずぶ濡れだ。
雨は終了間際まで降り続き、精神力の弱い私はヘロヘロでBOOZ(;;)

3回戦はブロック割が変更になって、少しは釣れているほうへ入った。
何とかポツポツ釣れ始めるけれど、なぜかラインが高切れ・・・・・仕掛けが変に絡む・・・・折角、釣れ始めたのにタイムロスばかりしている。
それでも、無理無理儚げなキスちゃんを引っ張り出して12・3匹かな?しかしホント小さい!!

と言う事で、親父の夏もあっさり終了!!

判っていたとは言え、キスちゃんの食ってくる場所余りにも極端すぎる~!!
錘が完全に顔を見せてからの勝負なんてありえね~、それでも上位の人たちはキッチリと型も数も揃えてくる。
はっきりくっきり腕の差を見せ付けられて来ました(^^;

by Tome300 | 2011-06-13 11:59 | 水辺 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 岸辺のアルバム-2011      最後の夏 >>