2011年 07月 19日
2000段はきつかった
もうヘトヘトだ、汗が滝汗だ、もう足が痛くて帰り道なんて歩けない・・・・なんて事になると困るんで、石段は「申し訳ない、いやはや申し訳ない」などと妻と共に言い訳しつつスルーして、車で上まで行けるとの事なので車でGo!!しちゃいました。


a0041722_21354011.jpg

こんなトコまで来て、まだブナの木撮ってるかって・・・

だって、ここの植生は面白いのだ
杉の巨木とブナの巨木(と言うほどじゃないけど)が混生している
ブナの林はしょっちゅう、彼方此方歩いているけど、ここまで大きな木同志の混生は珍しいような気がする


a0041722_2141504.jpg

ご覧のとおり、三社が合祀されている


a0041722_2143346.jpg

荘厳と言う言葉がぴったりの本殿(正式には三神合祭殿と言うらしい)
萱葺きの屋根の厚みは2.1m!!

妻が「凄いわら葺だね~」と言ったのは内緒だ
もちろん私と息子は「わら葺だって・・・・(藁)」と突っ込んだのは言うまでもない


a0041722_21474475.jpg

ここの境内には他にも様々な末社があって、それらを見て歩くのも楽しい


a0041722_21504840.jpg

鐘楼もまた立派な萱葺きなのだ
で・・・・あのまん丸はなんなんだろう??


a0041722_21555320.jpg

彼方此方、うろうろ散策したら小腹が空いた
妻子は玉コンに目がない、神社仏閣に限らず道の駅などでも見かけると必ず食べている

私の数少ない苦手な物の一つがコンニャクだったりする


a0041722_2159335.jpg


SD14 17-50mm

by Tome300 | 2011-07-19 21:59 | その他 | Comments(2)
Commented by E男 at 2011-07-19 22:54 x
立派な萱葺ですね。
形が素晴らしく美しい。
一度訊ねてみたいものです。
Commented by Tome300 at 2011-07-20 22:11
E男さん、こんばんは。
ハイ、素晴らしい神社です。是非一度お尋ねください。

ここは本殿ばかりでなく石段やそれを囲む杉の大木たち、その間に立ち
並ぶ大小の建物。

家族旅行出なければ、もっと腰をすえてじっくりと撮ってみたい場所ですね。
それに天気が良すぎました・・・・薄っすらと霧が覆っているような日の方
がフォトジェニックかもです。
名前
URL
削除用パスワード


<< ♪暑中お見舞い申し上げ~ますぅ~♪      オレのバカ! >>