2011年 11月 21日
イメージの詩
雨だと言うのに、久し振りにカメラを持ってウロウロ。
いつもと違う場所をウロウロ。
へ~~、こんな所からあそこへ抜けられる道があったんだとウロウロ。
この道はどこまで行けるのだろうとウロウロ。

あ~・・・ここに出ちゃうのねとウロウロ。

とウロウロしていた、雨の日曜の朝。

で帰り道、色つき残りの紅葉でパシャパシャとイメージ。
今にも雪に変わりそうな、氷雨の中の燃え残り・・・・で思い付きがイメージの詩ってタイトル。
そう言えば、そんな曲があったなと思い出してみた。

♪古い船には新しい水夫が 乗り込んで行くだろう
古い船をいま 動かせるのは 古い水夫じゃないだろう
なぜなら古い船も 新しい船のように 新しい海へ出る
古い水夫は知っているのサ 新しい海のこわさを♪


a0041722_15511730.jpg



a0041722_15513553.jpg



a0041722_15514862.jpg



a0041722_1552336.jpg


E-3 ZD ED50-200mm

なんか 氷雨の中の燃え残り じゃないな~
まぁ良いや

by Tome300 | 2011-11-21 15:53 | 四季 | Comments(6)
Commented by KAZE at 2011-11-21 21:14 x
懐かしい歌ですが、メロディーしか流れてきません、
歌詞がたくさんあったことしか思えていません。
でも水夫の話しも有りましたね。

雨の日の色残りが妙に落ちつきました。V(^0^)
Commented by E男 at 2011-11-23 02:46 x
写真を拝見し、ますます50-200の購入迷っています。
このきれいなボケぜひ手に入れたいものです。
先ほどオリンパスのネットショップで試しに試算したところポイントを使うと価格.comの最安値より安い事が判明。
かなりグラッときましたが最後のポチが押せずもう少し考える事にしました。
なにせ10万円の買い物ですものね。
でもやっぱり欲しいな。
たぶん近々ポチるでしょう(^^;
Commented by Tome300 at 2011-11-24 14:32
KAZEさん、こんにちは。
実は歌詞もメロディー出てきませんでした(^^;
拓郎は結構好きなんで殆ど覚えているのですが、この歌はなぜかタイトルだけしか・・。
Commented by Tome300 at 2011-11-24 14:44
E男さん、こんにちは。
え~・・・50-200のボケは決して綺麗じゃないですよ(^^;
バックに枝や細い草などがあると、二線ボケ?っぽくなるのか、とても煩
く感じられますし、玉ボケも強い逆光では渦巻き模様が出るし・・。

そこら辺を差し引いても、描写は素晴らしいものがありますんで、買って損するレンズじゃありませんので、お勧めですが。

SWDになってかなり高くなったんですね~、私のは確か8万円台だったかな?
50-200で撮られた北の台地の風景、楽しみにして待てます(^^)
Commented by E男 at 2011-11-25 00:00 x
そうですか・・・
50-200あまり大きな期待は抱かないよう気をつけます。
大混乱の渦中のオリのレンズに投資するのは勇気がいりますよね。
でもこれまでのレンズ資産を考えると行かざるを得ないかな・・・とも

ホントはペンタのK-5やニコンD-700なんかに乗り換えたいのですがね
悩めるE男でした。
Commented by Tome300 at 2011-11-25 23:08
E男さん、こんばんは。
いやいや、結構期待しても良いですよ・・・・ただ、ボケは↑にも書いたように
今一ですが、描写は同じ竹の14-54を一皮剥いたみたいな写りをします
ので期待してください。

私の場合、オリにと言うかカメラ自体にしばらくは投資はないかな~?
私程度の腕前には、現状で十分すぎるかな思っていますんで(^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 里山風景      島帰り・・・帰りは?編 >>