2012年 07月 10日
岸辺のアルバム 2012奥胎内
う~ん、いつもヒネリの無いタイトルで・・・
先月末、漸く奥胎内へのアクセス路が開通になったので行って見た(もう既に10日ほど前ですが(^^;)


a0041722_22141663.jpg

いつも恒例のヒュッテ下~ダムまでの岸辺


a0041722_22152279.jpg

空はどんより、靄ってもおらず・・・


a0041722_22161549.jpg

でも水は澄んで、緑は濃い

E-M5 ZD14-54mm

ここの所、仕事が忙しいと言うかどうにも上手くまとまらない。

あれを逆さにして、これをオフセットして・・・・あぁ、ぶつかっちゃう!!どうやって調整すんだこれ?手が入らないぞ・・・(;;)
なんだか妙に複雑すぎてお金が掛かりすぎちゃうなぁ・・・等々(;;)

余りにも、無駄な考え休むに似たり状態、いやいやそれ以下になりつつドツボに嵌まってきて、脳味噌がとろけかかってきたので、素直にお客さんと相談する事に。

すると、「ここをこうやって、こうすれば上手く行きませんかね~」(物凄く分り難いですね(^^;)とお客さん。
えっ?・・・・まさしく目からウロコ状態、いよいよ頭の固い耄碌爺さんになっちまったか(;;)

で、仕事場に戻って早速やってみると、おぉ上手く納まりそうじゃん!!
とりあえずアウトラインだけざっと書いて確認出来た所でスッキリした・・・・漸く久し振りの更新なのだ。




私が川原に下りて行くと、3人の釣り人がいた。
二人はフローター、一人は陸っぱリ、もう少し日が昇ってこないと型の良いのが釣れないので待機中との事。
小さいのなら釣れるのだが、型の良い魚の活性が上がる間にスレてしまって釣れなくなっちゃうらしい。

a0041722_22212412.jpg

↑ のを撮り終えて戻ってくると彼らも漸く釣り始めた
いつも、コマセやフグの死骸の臭い匂いや、誰が捨てたとも分らない様なゴミの目立つ海で釣っているので、こんな清浄な水辺で釣りをしているのが、少しだけ羨ましい。


a0041722_2224502.jpg

暫くぼうっと眺めていると、陸っぱりの彼にHit!!


a0041722_22262327.jpg

25cm位の岩魚だ。
三脚に据えて居る時は低振動モード(4秒タイマー)なので、シャッターが切れた時には魚が暴れて・・・・
まぁ何とか収まってくれた(^^;;

リリースするので余り長くは待たせられない・・・・でも塩焼きにしたら美味しそう。
もう少し暑くなったら、鮎を食べに行こう!!行くぞ!!と心に固く誓った!!

by Tome300 | 2012-07-10 22:49 | 水辺 | Comments(2)
Commented by TOOLKIT at 2012-07-11 00:29 x
岸辺というか釣り場というか(笑)。
清冽な流れが素晴らしいですね!
…手持ちでは撮らないのですか?…。
Commented by Tome300 at 2012-07-12 21:42
TOOLKITさん、こんばんは。
いつもは滅多に釣り人など居ないのですが、開通したばかりの所為でしょうか。

パッと見は綺麗な水なのですが、上流でダムを作っているので、その所
為なのか?以前より汚れているような気がします・・

風景を撮る時は基本三脚に据えています。
幾ら手ブレ補正が強力でも、やっぱ等倍で見ると違う様な気がする?
気のせいかも知れませんが(^^;;
名前
URL
削除用パスワード


<< 奥胎内の森      HOTARU 2012 sumerⅡ >>