2013年 01月 14日
賽の神
本当は小正月に行われるのだけれど、小正月が祭日でなくなってからは、その前後の休みに行われるようになった。
長年、賽の神=小正月の認識で生きて来たので相変わらず、やっぱり小さな違和感がある。
おまけにテレビのニュースなどでは「どんど焼き」などと紹介されるが、うちの近所じゃ誰も「どんど焼き」なんて言う人は居ない。
賽の神は賽の神なのだ、どんど焼きなんてどこぞの山手のど田舎の呼び名だと信じて疑わない。

と言う事で今年はカメラは持ち出さずに、大人しく餅でも焼いていようと思っていたのだが、近所の先輩に撮ってこのブログに載せろと強要されてしまった。


a0041722_2214626.jpg


火をつけて10分ほど経つと、内部に火が回って全体が煙に包まれる
特に消防署届けている訳ではないが、消防車がサイレンを鳴らしながらやってくるような事もない

先輩は「芸術的なを見せてくれ」などと笑いながら言うけれど・・・・とっても難しいと思う


a0041722_22181825.jpg


2・30分もすると、内部の竹の骨組みを縛った縄が燃え尽きてゆっくりと崩れ落ちように倒れていく


a0041722_22202910.jpg


もっと近づいて迫力のあるのを・・・などと言うが、とても危なくて
下手すれば消防車のサイレンの代わりに、救急車のサイレンが近づいてくる羽目になってしまう



a0041722_22232281.jpg


崩れ落ちるのを待ちわびて居た様に、皆一斉にスルメやら餅の付いた竹竿を出して焼き始める
しかし通はこんな状態ではまだ竿を出したりはしないのだ



a0041722_22255360.jpg


あわてて直火で焼くとこんなになってしまう
まぁ胃の薬には丁度良いのかも知れないが、これだけ焦げるとガンの元も言えるなぁ・・・・



a0041722_22281297.jpg


通はこれ位火が落ち着いてから、熾き火でゆっくりジンワリと焼くのだ
それでも大抵は焦げちゃうのだが



a0041722_2230465.jpg


火も落ちた
後は消防団の若い連中に任せて、我々はヌクヌクと暖かい部屋でビールを飲むのだ ワッハハッ!!

E-M5 ZD14-54mm

注)横位置も縦位置もクリックしてもデカクなりませんので、無駄なクリックはしないようにお願い申し上げます。

by Tome300 | 2013-01-14 22:34 | 四季 | Comments(2)
Commented by hosio78 at 2013-01-17 19:20
こんばんは
わたくし只今ダイエット中なので
煙の色がとっても美味しそうに見えたのですが(笑)
Commented by Tome300 at 2013-01-19 12:24
hosioさん、こんにちは。
ダイエット?私なら大いに必要ですが(^^;hosioさんはそんなに太ってないでしょ?
モクモクの煙は何に見えたんでしょ?
名前
URL
削除用パスワード


<< おはよう      よろしくWin7 vol.2 >>