2013年 03月 19日
今シーズン初!!
今冬初めて、風邪を引いちまいました。
昨日から喉が痛い、鼻水は止まらない・・・・
幸いな事に、熱もちっとばかし上がっただけ、頭や腹に来るって事も無いので大した事は無いのだけれど。

ただ、鼻水って何処からこんだけ出てくるのって位に、際限無くズルズルとと出てくるのよね。
最初はティッシュでチンとやるけど、あんまりやりすぎるとデリケートな鼻の下が爛れて来るし、その内ゴミ箱に山となるのにうんざりして、いつものお約束のティッシュで鼻栓。

これがまた、10分20分と経つ間にジンワリと湿り気を帯びてグジュグジュになってしまう。
グジュグジュになった奴を取り出してみると、ホント水を吸わせた様にグジュグジュしてる。
そして鼻栓から開放された鼻水は、音も無くツツツ~と垂れて来る。

グジュグジュになったを我慢して、そのまんまに放置していると、今度はなんと鼻栓をしている反対側の鼻の穴から音も無くツツツ~と垂れて来る。
いやはやなんとも悲惨な訳で、頻繁にティッシュ鼻栓を換えてやるしかないのだ。

しかし、こんな時鼻水が音も無くツツツ~と垂れて来るのって、大抵は片方だけだよね。
両方の鼻の穴から一気に、鼻水が音も無くツツツ~と垂れて来たら、それはえらいこっちゃ。
しかもいつも垂れてくる鼻の穴は決まっているような気がする・・・・やっぱり他の機能と一緒で「利き鼻の穴」なんてのが有ったりするんだろうか?

私はちなみに右側だが、「私は利き腕は右なんですが、利き鼻の穴は左なんですよ~」なんて会話が成り立つのだろうか。


a0041722_22404394.jpg


a0041722_2241260.jpg


a0041722_22414245.jpg


a0041722_22415597.jpg


E-M5 mZD45mm

さて、鼻水の話の続きだ・・・・・(うそだ)

今日は風邪引きさんなのに人間ドックだった。

昨年までお世話になっていた所は、胃カメラの設備が無くバリウムを飲んでのレントゲンしか出来なかった。
それなのに、いつも引っかかって「胃カメラ飲めや」と通知が来る。
律儀に飲んでみるのだが、いつも異常なしなのだ・・・・

2度手間がいやなんで、今年は最初から胃カメラで検査してくれる所に変更してもらったのだ。
鼻がつまり気味だと鼻から入れる奴はダメだから、口から入れる奴にしてもらった。

だが、鼻から入れようが口から入れようが、喉を通過するのは一緒なのだ。
風邪で喉が痛いと言っているのだ・・・・それなのに医師は無理やり手篭めにしようとする。
ヒィィ・・と何処から発しているのか分からん様な悲鳴を上げている内に、無事に十二指腸まで到達。
あちこちいやらしい写真を撮られ、医師も満足したのか漸く開放してくれた。

しばらくは放心したように横たわる私に、大丈夫ですよゆっくり起き上がってください・・とナースさんが優しく声を掛けてくれる。
いやはや、胃カメラっていつも一大事業だよなぁっていつも思う。

んで、その時点で分かる範囲で説明を受けた・・・・まぁ何時もの通りだわな(^^;;

by Tome300 | 2013-03-19 23:04 | その他 | Comments(4)
Commented by nanaichi at 2013-03-20 19:53 x
ティッシュは高級品をお薦めしますよ。
そんなんで違うんかぁ?と言ってみたけど、成る程と感じた次第で。

鼻の下が擦れて赤くならない・・・
Commented by hosio78 at 2013-03-21 20:23
こんばんは
45で遊んでますね~
来月には2.8通しのズームが出るみたいですが
風邪は万病の元
早く治してね!
Commented by Tome300 at 2013-03-21 20:43
nanaichiさん、こんばんは。
残念ながら我が家はセレブリティなnanaichi 家と違って、そんな高級
ティッシュなんぞ買ってはくれませんから、鼻栓で我慢なのです(^^;;
・・・・以前、一日で高級ティッシュを空にした思い出が・・・・・・(^^;
Commented by Tome300 at 2013-03-21 20:50
hosioさん、こんばんは。
45結構面白い!と言うか、安いし写りは最高なのは分かっていましたが、
ちょっと長すぎかな~と思って手を出しあぐねていました。
しかし、よく考えてみたら、ちょくちょく50-200の50mmで撮ってる訳で(^^;
使ってみたら、目からウロコ・・・なんでこんな良いレンズ今まで使わん
かったんだろう?(^^)

風邪の方は昨日が最悪で、久しぶりに半日だけダウン(;;)
薬を飲んだら今日はかなり復調しました。
名前
URL
削除用パスワード


<< みんな春を追いかけているのに      蒼い山脈 >>