2013年 11月 30日
山の息吹
雪に覆われる前の奥胎内は、雨雲の真下だった。
ヒュッテ手前のスペースで、小一時間ほど車の中で待機して居たら、やっとの事で小降りになって来た。

a0041722_1432515.jpg


個人的山の神様に今年最後のご挨拶をして、何枚かお姿を撮らせて頂く
小降りになったとは言え、まだ外に出て撮る気にはなれない位の降り方だ

運転席側の窓を開けて50-200mmで何枚か撮ったが、なんだか微妙にぶれている
車の中から撮ると、エンジンの振動の所為かいつも微妙にぶれるのだ(^^;;


a0041722_1491858.jpg


とっくに紅葉は盛りを過ぎて、山肌は所々白く斑になっている


a0041722_1410821.jpg



a0041722_1413254.jpg


山のあちらこちらで、雲なのか靄なのか分からないけれど薄くたなびいている
冬眠前に山々が大きく呼吸をしているのだと思っておく


a0041722_14133336.jpg


雨が降り続いているので、川は濁っているのだろうと思っていたが意外とクリアだった
こんな事なら川原に下りて撮ってくれば良かった・・・


a0041722_1415385.jpg



a0041722_14152221.jpg



a0041722_14155130.jpg



a0041722_14161335.jpg


そして又、山の息吹の中に

E-M5 ZD ED50-200mm

最後のを撮っている位から、少しだけ明るくなり始めてきた。
だが妻と出掛ける予定があるので、のんびりとはしていられない。

案の定山を降りた辺りで青い空が顔を覗かせ、太陽の光が・・・・・Orz




11時頃には出たいわねと、奥方様は申していたので早めの10時半頃には戻ってきたのだが・・・
奥方様は、まだ寝てやがった・・・・・

無理矢理たたき起こしたが、それから主婦のデイリーワークを済ませ、出発は結局11時半頃になってしまうのだ。
あと一時間居れたじゃねぇか・・・・・(;;)

まぁ日頃、殆ど文句も言わずに遊びに出してくれるので、こちらとしても文句を言えないのが辛い所ではあるのであった。

a0041722_14275366.jpg


萬壽:8千なんぼ円
さすが久保田の代名詞
勿論飲んだ事などないので、お味の程は不明だ


a0041722_143878.jpg



a0041722_14382826.jpg



a0041722_1438499.jpg


別にお酒を買いに行った訳じゃなく、わざわざ六日町までバカ高いお漬物を買いに行ったのである。
まぁ要はドライブがてらなのだ。


で、お昼(と言えるのか?)に中華まんを食っただけなので流石にお腹が空いて来た。
高速のSA辺りで蕎麦でも手繰ろうと思って居たら、六日町インターの手前にこんなのがあった。

a0041722_1449767.jpg


最近少しばかりニュースを賑わせた、某まいたけ直営のお土産屋さん。
隣にはレストランも併設されていたので、そこで食べる事にした。


a0041722_1451076.jpg


もやし豚角煮丼:780円!
まいたけも入って、安い美味い!早くは無かったが・・・・ボリュームがとてつもなかった(^^;;
妻は天ぷらそばを頼んだのだが、そこにドン!と鎮座していたまいたけの天ぷら・・・でか!!
そば処だけあって、期待して居なかった蕎麦も結構美味い!

今度行く機会があったら又寄ってみよう!

by Tome300 | 2013-11-30 15:12 | 四季 | Comments(2)
Commented by TOOLKIT at 2013-12-01 10:28 x
靄に霞むしっとりとした山々、素敵ですね。
巨木の迫力、毎度のことながら圧倒されます。
靄、霧、霞、雲…被写体をうっすらと隠すものは魅力的ですよね!。
モザイクが掛かった画像と同じ効果か?(笑)。
…高級日本酒、飲んでみたいです…。
Commented by Tome300 at 2013-12-02 16:09
TOOLKITさん、こんにちは。
枯葉なのになぜかしっとり、小下手に晴天続きより雰囲気が良くなりますね。
霞掛かった木々も生命感溢れて・・・・なのですが、やっぱりほんの少し
光が欲しい(^^;;

基本、日本酒は苦手なのですが美味い吟醸系は大好きです。
しかし呑み過ぎてしまうのと、高いのがたまに瑕(^^;;
名前
URL
削除用パスワード


<< キタ - .∵・(゚∀゚)・∵...      青空欠乏症 >>