2015年 01月 22日
祈り火
毎年恒例の賽の神。

朝から作って昼前に作り終える。

a0041722_23345217.jpg

毎年、設計者や工事監督が一定じゃないのでサイズや強度がまちまちなのだ

a0041722_23345448.jpg

燃え始めは良い感じだったけれど


a0041722_23345752.jpg

あっと言う間に燃え広がってしまった
本当は中からじわじわと燃えて、外の藁とばは最後に燃え落ちるのが最上なのだ・・・らしい

a0041722_23350084.jpg
天辺の幣帛(へいはく)や、中の竹が生焼けのまま残った
骨になる中の竹も倒れず・・・・吉兆なのか?という事にしておこう(^^;;

a0041722_23350400.jpg
そして、餅やスルメを炙るのだ・・・・
肴は炙ったイカが最高なのである

しかし、子供の数が本当に少ない。
小・中学校生合わせても5・6人しかいないらしい。
私の子供たちがその年頃だった当事は軽く20人は超えていたと思う・・・僅か5・6年前の事だ。

私や子供たちが通った小学校も児童数が少なく、一学年に一桁とかの学年もあるらしい。
わが国、日本・・・これからどうなるのだろう。


by Tome300 | 2015-01-22 23:49 | 四季 | Comments(4)
Commented by TOOLKIT at 2015-01-23 00:32 x
煙も炎もすごい迫力ですね〜!
キャンプファイアもビックリ。
確かにちょっと燃えすぎかも(笑)。
…少子化、すごい勢いですよね。もっと真剣に取り組まないと日本は終わっちゃうのでは…(汗)…。
Commented by Tome300 at 2015-01-24 11:07
TOOLKITさん、こんにちは。
写真で見ると結構でかそうに見えますが、今年は設計者の意図か?割と小ぶりに出来上がったので・・・
それでもこれだけの煙だと、この行事の事を知らない人がみたら消防に通報物ですね(^^;;
その年々によって中身が違ったりして、なかなか良い感じに燃え尽きてはくれませんね~

日本の人口が一億切るのもそう遠くない事かも、何十年か後には六千万人になっちゃうとか・・・高齢者が人口の半分になるとか・・・
まぁその頃には我々はこの世に居ないと思われるので、よろしくやってくれよってトコでしょうか8^^;;
Commented by 花火星入 at 2015-01-24 11:20 x
毎年の賽の神画像、迫力があって魅了されます。
少子化にともなって、こういう伝統行事も無くなっていくのかな。。。
Commented by Tome300 at 2015-01-25 21:58
花火星入さん、こんばんは。
迫力あるかなぁ・・・毎年うまく撮れなくてもう止めようかと思ってるんだけど。
昔は子供たち主体の行事だったのですが、いつの間にか作るのも呑むのも大人たちばかり。
まぁ、今の大人たちが元気な間は存続出来るでしょうけど、作り方も段々と分からなくなり、いつの間にかなくなっちゃうのかも・・・
名前
URL
削除用パスワード


<< 海は荒海      突発的鉄っちゃんになる  其の参 >>