2015年 07月 16日
Sanctuary
どうにも我慢ならずに、台風が来る前に、時期が終わる前にSanctuaryに侵入して来た

Sanctuaryと思しき場所で待ち構えるが、ゲンジやヘイケさえ稀にしか飛ばない
あちこちウロウロして見るが、ごく稀にそれらしき発光が見える・・・・様な気がするが、幻視の様な気もする
諦めかけて帰ろうかと思ったが思い直して、少し離れた場所まで暗闇の林道を歩いてみた

a0041722_10395375.jpg
E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1.28 PRO

居た!!と言うか目の前でチカチカとフラッシュしながら、ゲンジともヘイケとも明らかに違うホタルが結構な速度で移動して行く
なんだか呆然としてしまい、三脚を肩に担いだまましばらく固まっていた
で、思い出したように慌てて三脚を据えて撮ったのがこの一枚

ISO1600で20秒露光中19回点滅
左手前から右奥へ遠ざかって行ったので、露光中に写っていない点滅もあるだろうから周期的に1秒/回以下だ

目の前の少し高い場所にある、小さな棚田をみると結構あちこちで飛んでいるのが見えた
但し殆どがゲンジとヘイケの様だ

a0041722_10393923.jpg
X-T1 XF23mm F1.4R

ただのホタルじゃねぇか・・・・と言われると、確かに殆どがゲンジとヘイケなのだが
かすかにそれらしき者が写っている?様な気もする?残念ながら、初めての私には特定する術は無い



a0041722_10394214.jpg

X-T1 XF23mm F1.4R

10m以上もあるような杉の木の天辺付近に集中して集まるホタルたち
様々な所でホタルの写真を撮っていると、結構高いところまで飛ぶんだなぁと思う事もあるけれど
これほど高い場所に密集する様は始めて見た、ここの杉の木には甘露水でも湧き出ているのだろうか?

a0041722_10400289.jpg


a0041722_10400739.jpg

E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1.28 PRO

立ち位置のせいもあるけれど、ここのホタルたちは高く飛ぶのが好きなようだ
本当は背後の森林の中に納まってくれれば、マスクを掛けて星を流さずに見せる事も出来るが、こんなに空の部分に集中されるとマスクの切り様が無い(^^;

ここのホタルたち結構宵っ張りの様で、普通なら21時を過ぎるとさっぱり飛ばなくなるのだがいつまでも飛んでる
ついつい、これで止めよう止めようと思いつつ22時過ぎまで撮影してしまった・・・・もっともここへ辿り着いたのが21時近くだったのでまだまだ物足りないだが(^^;

この場所は同じ市内のsatoさんと言う熱烈なホタル愛好家の方が、連夜歩き回って物凄くご苦労されて発見された場所だ。
当然詳細な場所の情報などは明らかにされていないが、何とかここら辺じゃないかな?と特攻して見た結果何とか辿り着く事が出来た。

意地悪で隠す訳では無いけれど、人様の発見された場所を簡単に特定出来るような事を書く訳には行かないので、今回の記事中に一切のヒントになるような情報は書いておりません・・・あしからず。

最後に、ご苦労して発見されたにも拘らず優しいヒントを残してくださった、そして勝手に侵入した事を快くお許ししてくださった、satoさんに感謝!!
もう終わりだね・・って話だけれど明晩辺りまた走ってしまいそうな自分が怖い(^^;




by Tome300 | 2015-07-16 11:54 | 四季 | Comments(6)
Commented by Toshihiko Sato at 2015-07-16 15:11 x
はい、この場所で正解です。1枚目、確かにヒメですね。2枚目、ヘイケが密集している箇所がありますが、そこでは(死角になっていて見えないのですが、あぜ道の向こう側、50cmほど下った所に長さ1mの池があるんです。その周辺がこのポイントの聖域です)周辺の草むらにホタルたちが産卵するので、そこまでは歩かないようにしています。
3枚目、こういう写真初めて見ました。てか、今までこういうことはなかったような。ホタルの飛んでいる高さと言い、よほどこの日は活性度が高かったのでしょうね。こないだ行ったとき、もう終わりかなと思っていたけど、全然まだ飛んでいるんですね。う~ん、ホタルの世界は謎に満ちています。
Commented by Tome300 at 2015-07-16 20:40
Satoさん、こんばんは。
お陰で長年の夢が叶いました。
かなり藪漕ぎしなくちゃ行けなさそうに思っていたので、無理かな・・・と思っていたのですが、行って見れば然程ではなく少々怖い思いするだけでした。

この杉の木の高みに集まるのは何か訳があるんでしょうかね?ホタルの成虫は餌は食べないって話しだし、まさに甘露水でもあるとしか思えない。
もしかしてとっても美人な女王ホタルでも居るんでしょうかね?

場所場所によって同じ種類のホタルでも、様々な生態があるようで興味深いです。
Commented by kisshie_kij_67 at 2015-07-17 06:07
Tome300さん この時期なのにまだまだたくさん写ってますね! ヒメ蛍見たことも撮影したこともないのでうらやましいです。
たきがしら湿原でもある木では多くの蛍が上部まで集まっているの見たことがあります。
この記事を拝見し、また来年の蛍撮影頑張ろうという気になりました、ありがとうございます!
Commented by Tome300 at 2015-07-17 13:09
kisshieさん、こんにちは。
いやいや、滝頭でのお話で何とかヒントを得てたどり着けました(^^)
まだ、はっきりと分かるのは一匹(しょぼい!)だけですので、今晩このまま風が強くならない様であれば、最後の特攻決めてきます(^^;

確かに滝頭や他でも、樹木に集まるのは結構目撃しているのですが、これは相当な高さの杉の木の上部で、しかも数が半端無い。
きっと私達には分からない何かがあるんでしょうね。

来年は是非一緒にヒメボタルの乱舞期待しましょう!
Commented by kazuhiro-u13 at 2015-07-18 06:00
光の競演と言う感じ!
特に星とか撮り方がわからない私にとってはただただ美しい^^
一度撮ってみたいけど蛍はもう終わり?来年かな。
Commented by Tome300 at 2015-07-18 10:06
kazuhiroさん、おはようございます。
まさに光の競演ですね・・・肉眼では然程じゃないのですがコンポジットすると際立ちます。

X-T1は星・ホタルには結構適したカメラですよ。
撮り方はここで長々と書くより、ググれば沢山出てきますので参考にしてチャレンジして見て下さい。
ホタルはもう終わりに近いですが、星はまだまだこれから・・・・つうか一年中(^^;
一度撮ってみて楽しさを味わって見て下さい・・・・嵌まって、夜な夜な徘徊しない様ご注意!
名前
URL
削除用パスワード


<< Road to MilkywayⅡ      IN 奥胎内・・・12-40編 >>