2015年 10月 20日
県北の海は冷たかった・・・続き
てな訳で、全く相手にしてくれないイカちゃんを求めて深夜、いつもなら県北のHGとしているここにたどり着く。

a0041722_15292526.jpg
例年ならまずここから攻めるのだが、今年は全くダメダメ!!故に最後の切り札ではないけれど
堤防上にも新しそうな墨跡は一つとして無い・・・

a0041722_15292885.jpg
海からの風の時は、僅かに建ち並ぶ家並みを眺めながら

a0041722_15293151.jpg
陸からの風の時は、隣の堤防と粟島の灯台の明かりを眺めながら

本当は釣りはしないで仮眠するつもりだった・・・
折角ここまで来たのだからと、少しだけのつもり・・・つもりで竿を出してみた
全く反応はない
そりゃ当たり前だ、草木も眠る丑三つ時間近だイカちゃんだって寝てるわな
そんな事を思いながら・・・・え!?思いっきり竿を引っ手繰られた

こんな時は大抵乗らないのだ・・・が、僅かに竿先を送って静かにフッキング!!・・・あれ?重い・・・乗ってる
岩やテトラじゃない、海草でも無い、ましてやタコでもない、間違いなくアオリイカのジェット噴射だ

さして大きくはなさそうだが、嬉しくて腰が抜けそうになりながら巻き上げる
足をガクガクさせながらクーラーボックスに納める
どんな大物より嬉しい1杯

a0041722_15293359.jpg
その後、小一時間・・・再び海は沈黙に戻り
私の意識も遠くなりかけ

a0041722_15293843.jpg
仮眠する前に適当な岩場で星空を写す
見上げれば数多の星屑たち
県北の海岸線は、空は暗いけれど道路のいたる所に照明があるのだ
ここもナトリウム灯?のオレンジ色の光が・・・

X-T1 SUMYANG12mm F2.0 

この後、適当なPで仮眠したのだが、いつもなら車のシートを倒しても精々うつらうつらする位なもので、熟睡など出来はしないのだ。
けれどこの日は相当疲れていたんだろうか単なる歳の所為か、ストンッと眠りに落ちた。
そして僅か2時間半後、東の空が薄っすらと明るくなり始めたの目を覚ました。

再び釣り人に戻り別な場所で漸く1杯・・・・〆て17時間耐久釣行・・・・疲れました。




by Tome300 | 2015-10-20 16:02 | | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< オリオン座流星群 part1      猿物語 >>