2015年 11月 20日
朝ぼらけ
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

有名な百人一首の歌である。
まぁ要するに「夜が明ければ、あなたとお別れしなければならない・・・朝が憎い」って事らしいんだけど、百人一首を結構一生懸命覚えていた子供の頃は「まだ眠たいのに朝になりやがって!!」見たいな解釈(ってほどじゃなく・・・あぁ確かに共感!みたいな)を勝手にしていた覚えがある。


a0041722_18002070.jpg

a0041722_18002362.jpg

a0041722_18001610.jpg

a0041722_18002623.jpg
E-M5MkⅡ ZD50-200mm 1:2.8-3.5

「朝ぼらけ」の本当の意味は、薄っすら明るくなって来た頃を指すのだが、朝日が昇って朝もやが白く残っているこの位の時間の方がしっくりと(個人的に勝手に)来る様に思う・・・・「ぼらけ」って字面がそれっぽいってだけなんだけど。

朝ぼらけ 有明の月とみるまでに 吉野の里にふれる白雪

越後の里にも、そろそろ白い雪が舞う時季が近くなってきました。



by Tome300 | 2015-11-20 18:08 | その他 | Comments(2)
Commented by Clearwater0606 at 2015-11-25 17:50
いずれも素晴らしいお写真ですね。特に1枚目のお写真、印象的です。
Commented by Tome300 at 2015-11-26 09:13
Clearwaterさん、おはようございます。
なんて事の無い朝風景なのですが、レンズのお陰ですかね・・・
M4/3には重くてでかくてAFもままならないのですが、やっぱり手放せません(^^)
名前
URL
削除用パスワード


<< 8ミリの魚の目 Vol.1      久し振りの朝風景  E-M5MkⅡ >>