2016年 06月 09日
First Firefly
SatoさんのBlogを見てたらそろそろ飛び始めたようなので、行こうかな~どうしようかな~っと思っていたら当のSatoさんより召集令状を頂いた。
もっと正確に書けば、ヨッシャ!行くぞと決めて支度をしようかと思っていたタイミングでの令状到着だった。

a0041722_08090487.jpg
飛び始めは19:40過ぎ、まだ薄明状態なので長く開けているとバックが明るすぎる
基本バックは明るめが好きだけれど、流石に明るすぎるので-1.5暗めに補正

しかしだ・・・・約15分ほどでこんなもんだ!!

a0041722_08091083.jpg
整地された恐らくはゲートボール場と、藪ボウボウの湿地帯との境に細い水路・・・・と言うより溝があり、そこに集中して舞っている
ちなみに新潟では細い水路や側溝をエンゾと言う、かのENZOとは何の関わりもないはず

こちらは更に短く5分程度でこのみっちり按配

a0041722_08091305.jpg

そのエンゾ脇に三脚を据えて15分ほど
圧縮と言うか凝縮と言うか、とにかく凄まじい

X-T1 XF35mm 1:1.4

絞りは2.2まで絞って、ISO400で30秒×n
一部の光跡が白飛びしているのはご愛嬌、次回はもう少し感度を下げて且つ絞り気味にかな。

初めて連れて行って頂いた場所は、こんな所にこんな場所がって程の開けた場所だった。
今回はず~っと雲がある予報だったので、星景用の広角は持ってこなかったが・・・・なぜか?雲が取れて来て星が瞬き始めやがった(^^;
まぁ撮りたいって程の空じゃなかったけれど、南の空は割りと暗いし星撮りにも悪くない場所かな。

と言う事で、今シーズンの初ホタルとしては望外の乱舞を見る事が出来た。
贅沢を言えばもう少し広範囲で飛んでくれればとも思うが、それは贅沢ってものだろう。




by Tome300 | 2016-06-09 08:45 | 四季 | Comments(2)
Commented by Toshihiko Sato at 2016-06-09 12:05 x
昨夜はお疲れ様でした。いやあ、こんなに写っていたんですね。3枚目、今まで見て来たホタル写真の中で、密集度No.1かも。そういえば、ぼくが自分のブログに4月22日に書いた記事の場所(二王子山麓)も、最盛期は同じくらいゲンジがいたんです。もっと長い距離に渡って。昨年から今年にかけて、意味のない開発という名目の魔の手にかかり、絶滅しましたが。一緒に行ったこの場所は、空の面積が広いので、構図が難しいですね。S川とか県北とかは背景の林が高いので、空があんまり入らない。ぼくの写真も、思い切り空の明るさを落としているんです。カワニナをあの池に放流したら、そのポイントでもホタルが増えるかも、です。
Commented by Tome300 at 2016-06-09 21:16
Satoさん、こんばんは。
こちらこそお疲れ様でした&ありがとうございました。
カメラのモニタで見た時もビックリでしたが、家のモニタで見たら更に・・・
まぁホタルは沢山居ますけど、確かに構図的には難しいと言うか面白みには少々欠けるかもですね。
今週末はS川行って見ようと思いますが、明るい内に下見して無理そうだったら県北に走りますわ。

あの池のポイントに乱舞したら面白そうですね~、次回行かれた時の様子が楽しみです。
名前
URL
削除用パスワード


<< First Firefly ...      獣臭に囲まれて >>