2016年 08月 13日
ぐるぐるペルセウス座
昨夜は久し振りに2台体制で、M5ⅱは手間いらずのグルグルと回してみた。

a0041722_19561410.jpg
ペルセウス座はポラリスの少し右手辺り
そこを放射点として流れる
結構でかいのが2発、小さいのを探しているとキリが無く目がおかしくなって来る

a0041722_19561883.jpg
一寸場所を変えて同じ方向
目立つ様なのはないけれど、星の軌跡に紛れたり薄かったりしてるのが五つほど確認出来る

a0041722_19562114.jpg
真反対に向けて
D750で撮っていた時は結構写っていたのに、この時は・・・・右上のポラリス近くに一発のみ
下部中央の長いのは飛行機の軌跡かな?

E-M5MkⅡ MZD8mmFisheye 1:1.8Pro with LIVECOMP

昨夜は空も賑やかだったけれど、それを見ようと地上も賑やかだった。
天蓋高原へ続く道路から少し入ったところで撮影していると、その道路に車を止めてたったった・・と駆け上ってる来る人が「すみません、ひまわり畑って何処ですか?」と。
そこを真っ直ぐ登って行くとPが・・・・と教えてあげた。

その直ぐ後、今度はこっちまで車でやって来て車を止めて「この先に見晴らしの良い所がありますよ」とご親切に(^^;
知ってるけど、田んぼばっかりあまり色気が無く・・・個人的にはNGなのだ。

最後は私が撮っている真正面に車を止めて(勿論ライト点けっぱ(^^;;;)
明るいランタン振り回しながら、あちこち歩き回って末に「ひまわり畑って何処ですか?」ってさっきと同じ事を(勿論別な人ですけど)聞いて来た(^^;

普段なら暗くなってからは殆ど通りのない天蓋高原への道路は本当に・・・・本当に頻繁に車が行き交う。
あぁ、やっぱり天蓋高原まで行かなくて正解なのだ。




a0041722_20494121.jpg
LIVECOMPモードだと然程気にならないけれど、単写で一寸強調するとISO1600でもこの通りマダラなのだ。
もちろん現像時にかなり消してるけど消えなくなってしまう。
X-T1だとここまで酷くないけど、ISO3200辺りで似たり。

D750だとISO6400でもここまでマダラにはならない、もちろんマダラは出るけれどACRのノイズリダクションを軽く掛けてやる(パラメータで20程度)と殆ど気にならなくなるのだ。
ただD750でも輝度ノイズはそれなりに出るので、やはりノイズ消しはしなくちゃならないんだけど・・・

良くM4/3と35mmじゃ2段の差があるととかって言われるけど、実際に自分で撮って弄ってみると全くその通りだなぁと妙に納得。
でも・・・だ、M4/3になる前の4/3だった頃は積極的に星を撮ろうなんて思わなかったもんな~
それを考えれば、超がつく位の格段の進歩だし、明るい所で(と言うより暗くない場所)ならそこまでの差は感じられ無いし、軽いし、手振れ補正は強力だし、慣れたEVFは楽だし大きなアドバンテージなのだ。


by Tome300 | 2016-08-13 21:06 | sora | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 日輪      ドカンと一発 >>