2017年 01月 14日
久し振りの雪下ろし
いやはや、今までの分を取り返そうと僅か二日ばかりで見事5・60cmも降り積もった。
記憶は定かじゃないが、ここ数年はそこそこの降雪はあるけれど、比較的平均して降っていたように思う。
そんなのに馴れて鈍り腐った体には、一気に降られると非常に困るのだ。

まだ大丈夫だろうけど、これからまだ降るとかって予報なので今の内にと納屋(農作業小屋)の雪下ろしを敢行した。
お陰で手足腰・・・要するに体中が痛い。
雪下ろしばかりではなく、道路への出入り口や玄関先、消雪の水で溶け切らない所やら雪掻き仕事も幾らでもある。

雪下ろしして、通路を確保して、くたくたの状態で昼飯食ったらとてつもなく眠くなってしばらく熟睡。

a0041722_21313157.jpg
目が覚めてもなんだか仕事する気にもなれず、雪も落ち着いたので近所をドライブしてみた

a0041722_21313796.jpg
日こそ差さないが、雲の薄くなったら辺りから太陽の存在が確認出来た

a0041722_21314146.jpg
幾ら雪には慣れているとは言え、一気に降られると物理的に除雪が間に合わず、道路はグダグダなのだ

a0041722_21314679.jpg

母親の実家の辺り
左下に雪帽子を被って見えるのはお墓だ
そうか、ここに私の先祖が眠っているんだなぁなどと思いつつ
あぁ・・・また降ってきた

Tamron SP70-300mm F4-5.6 

冬前に、今年はカマキリの卵が凄く高い所に生みつけられていると聞いていた。
今年は大雪みたいだねと言っていたが、12月に一度積ったきりでその後さっぱり降らずにいた。
なんだ、カマキリの卵伝説も当てにならんなぁなどと思っていたらこれだ・・・・

カマキリの卵伝説恐るべし!!
しかし、一体どうやってその先の積雪具合を予測するんだろう、自然の不思議なのだ。

明日は村の賽の神だ、降った雪はどうしようもないけれど、あまり荒れた天気にならんで欲しいなぁ。



by Tome300 | 2017-01-14 21:50 | 四季 | Comments(2)
Commented by TOOLKIT at 2017-01-14 23:20 x
カマキリは大雪を予想するんですね。
水鳥は大雨を予測して普段より高いところに巣を作るといいます。
人が失った自然への観察力、学びたいものですね。
…いきなりの雪景色、美しいけれど…大変そうですね…(汗)…。
Commented by Tome300 at 2017-01-15 13:21
TOOLKITさん、こんにちは。
カマキリ予報、雪国では結構有名ですね。
水鳥も似た様な能力持ってるんですか~
何らかの条件で判断しているのでしょうけど、当てにならない気象予報士などよりよっぽど信頼できるって凄い事ですよね(^^;

いや~、ホントに一気には勘弁して欲しいです。
私など通勤が無いからまだマシですが、普通の勤め人は地獄だと思います。
名前
URL
削除用パスワード


<< Foot stamp~帰り路      寄せ来る >>