2017年 01月 29日
大火球出現
うひゃ~~!!っと、叫んでしまいそうな。

a0041722_22413874.jpg
大きな火球が落ちていった

a0041722_22412821.jpg
もう一発

a0041722_22413382.jpg
もう、ここまで来ると・・・・あぁ飛行機雲なんだな
いやま、最初からバレバレッちゅうか、一人で妄想に浸ってみた冬の夕暮れ

Sigma 24-105mm F4 DG OS

何の脈略も無く、今日のお昼は良く行く村上のお蕎麦屋さん。

実は先週も行ったのだけれど、運悪く駐車場が満杯だった。
ちょっと待ってみようかとも思ったが、丁度昼時で激混みな筈なのでしばらくは空くまいと・・・・なぜか蕎麦ならぬラーメン屋(^^;

リベンジとばかり、腹をすかせてちょっと早めに出撃!!
開店したばかりの駐車場には一台も止まっていない・・・・あれ?休みかなと思ったが営業中の看板が出ている。
何の事は無い一番乗りだったようだ。

日曜のお昼時は大抵激混みなので、誰もいないのは初めてだねと(^^;
そして何時もなら30分以上は待つのだが、流石にさほど待つことも無く蕎麦が来る。

未だ他のお客はやってこない・・・・
しばらくして漸く若いアベック・・・・カップルさんがやって来た。

彼女さん「ざる蕎麦お願いします」
野郎「え~・・・と、月見そばってないんですか??」

思わず私と妻は目が合っちゃいましたね(^^;
私「オイオイ兄さんよ、月見なんぞ駅の立ち食いで食うもんだろ?」
妻「アンタね、バッカじゃないの??ざるか天ざるにしなさい!!」
・・・・勿論、心の中の叫びです。

店のお姉さん「すみません、暖かいのですと掛けか鴨南蛮しかないんですが・・・」
野郎「あ~卵はないんですか?」
お姉さん「すみません、ないんですよ」
野郎「あ・・・・じゃ、掛けで」
で、注文を終えた後もしばらく「なんで卵無いのかなぁ・・」とかブツブツ。

きっとキャレルなんかの情報誌見てやって来たんだろうけど、それで月見とか頼むか??

食べ終えて外に出てみると、妻のFit号の横にはでっかい見慣れない黒い車。
ポルシェ様のカイエン様が止まっていた。

・・・・う~ん、お金持ちの若い兄ちゃんは月見そばが好きなんだ。

何時もなら満杯の筈の駐車場には他の車は無いし、月見そば好きの若い金持ちのお兄ちゃん・・・・と、なんだか白昼夢を見たような気分だった。


by Tome300 | 2017-01-29 23:16 | sora | Comments(2)
Commented by Toshihiko Sato at 2017-01-30 00:08 x
見事に騙されました。なんて純情なワタシ。でも2枚目の写真、ほとんどゲージュツの域に達しているので不平は言いません(^^;)
Commented by Tome300 at 2017-01-30 10:56
Satoさん、こんにちは。
騙されてくださってありがとうございます。
2・3枚目はともかく1枚目のは夕日の色を受けて、なんだか只ならぬ物を感じて妄想しちゃいました(^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 霧に咽ぶ夜      Carbon zone >>