2006年 03月 02日
氷紋
先週辺りは少し暖かだったのですが、今週になってまた雪がちらついたりで寒さが戻ってきました。
撮り貯めていた物から

a0041722_14212150.jpg


先日の福島潟の朝です。
氷の表面の質感が、まるで何枚もの刃を重ね合わせた様に見えるのが面白くて、1/3位にトリミングして表面の質感を良く判るようにしてみました。

一体どんな風に凍結していった物なのか?肉眼では見切れない物が、レンズを通すと浮かび上がってきます。

E-300 ZD50mmMacro

by Tome300 | 2006-03-02 14:27 | 水辺 | Comments(4)
Commented by aki-aky at 2006-03-02 21:39
おおっ!
模様がしっかり浮かび上がってとても綺麗です。
良く判る様にしたトリムも正解ですね。
自然の造形は不思議だけど美しいです。
Commented by howdygoto2 at 2006-03-03 11:08
おはようございます。
自然が創るカタチに、
ただただ関心するばかりです。
Commented by Tome300 at 2006-03-03 18:54
aki-akyさん、こんばんは。
普段何気に見てる氷の表面もこんなになってるんだナァっと、妙に感心してしまいました。

本当に不思議な模様ですよね(^^;

Commented by Tome300 at 2006-03-03 18:58
howdygoto2さん、こんばんは。
なんか、我々には測り知れない法則みたいな物でもあるのでしょうかね~?

秩序があるようでいて、時々無秩序が絡まって・・・トリミング前の元画像の左1/3位は滑らかな面なんですよ、一体どうなってるんだろう??(^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< でっかい雲!      もう帰ろうか・・・ >>