2007年 01月 30日
吊橋
先日の場所から少し山を下って行くと吊り橋がある
メインのワイヤーロープと、床板はエキスパンドメタルの簡便な構造だ


a0041722_18582952.jpg



本当は高い所で且つ床板が素通しの所になんぞに立っていたくはないが、水面までの高さが幾らも無いので何とか・・・
川の上流には、飯豊が霞んで見えている


a0041722_1913495.jpg



吊橋と言うだけあって、少しでも動くと結構派手にユラユラと揺れ動く
橋の直下に落ちる流れ込み
揺れが納まるまでかなりの時間を要するので、少しでも揺れが少ない様慎重にフレーミング


a0041722_1953143.jpg



お猿のブランコ


a0041722_198931.jpg



川岸に迫り出すように生えている栃の木(?)に絡まった蔓が、川面を揺れ動くブランコの様に見える
鈴木一雄さんと言う高名な写真家がいらっしゃる
最近はこの地に惚れ込んで、遥々東京から足しげく通って来られてるそうだ

昨日、その方の写真集を見てて気付いたのだが、ほとんど同じアングルでこの木を撮られていた
この木に絡まった蔓の正体は「藤」だった

この写真には一枚の葉っぱも写ってはいないが、鈴木さんの写真は一面に緑と見事な藤の花で溢れている
是非、その季節にもう一度ここを撮りに来たい・・・


E-300 ZD14-54mm

by Tome300 | 2007-01-30 19:21 | | Comments(2)
Commented by masa1950k at 2007-01-31 22:03
最後の写真は、まさしくお猿のブランコのようですね^^
コレに青葉が茂り、藤の花が咲くとメルヘンチックなブランコになりそう
その時はメス猿なんかが乗っていると、絵になりそう(笑)

2枚目移以降は全て吊橋から?
揺れるだけではなく、滑りもするんでしょ
高所恐怖症の私には絶対にムリ(^^;
Commented by Tome300 at 2007-02-01 13:01
髭正さん、こんにちは。
そうですね、とても良い感じになるんじゃないかと思います。
あと4~5ヶ月待って頂ければその姿をお目に掛けれると思います(^^)

2・3枚目は橋の上からですが、床板がメッシュ状の鉄板ですので滑る事
は有りませんし、高さも2~3m?で私でも大丈夫ですから全く問題ない
はずです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 電線      朝日を浴びて >>