2007年 02月 16日
雪は重いか?冷たいか?
昨日から西向きの強い風が吹いて海は大荒れ、きっと良い波が撮れるんだろうなぁ。
今日は少し風も収まって偶に晴れ間も覗いている、仕事がなければ飛んで行きたいが・・・
雪の予報は出ているものの、ちらつくばかりでさっぱり積もらない。

てな訳で、今日も相変わらずの雪景色ばっかり

半月ほど前にも撮った吊橋の所
あの時は雪が積もっていなかったが今回はこの通り

ところでこの橋、積雪荷重はキチンと計算されてるんだろうか??
ここに群集荷重が乗っかると相当だなぁ~・・・・商売柄あらぬ事を考えてしまう


a0041722_1534763.jpg



ブランコもしっかり雪を積もらせて
早く藤の花と新緑で飾られるのを見てみたい


a0041722_15365028.jpg



上流も下流も、降りしきる雪に霞んでいる


a0041722_15391854.jpg



a0041722_15394382.jpg



橋の対岸の奥まで言ってみようと思い、少しだけ小高く積もった吹き溜まりを越えようと足を踏み出した
左足での一歩目は大丈夫だった
二歩目の右足を上げた途端、重い体重が掛かった左足が一気に沈んだ・・・お*ン*ンの辺りまで
右足を踏ん張り抜こうとしたが、下に積もった硬い雪が締まって抜けそうに無い

肩に担いだ三脚を雪に突き刺し、手で雪を掻くがさっぱり抜けない・・・雪の中で身動きできない案山子状態だ
ならば足だけでもと思ったが、やっぱり抜けない・・・仕方ない、再び雪掻き開始
手袋を濡らしたくないので素手で掻く、あっと言う間に手が真っ赤になり痺れる様に痛い

格闘5分・・・たった5分ですけど・・・やっと足だけ抜ける
さらに掻き続ける事3分漸く長靴が抜けてくる
その間靴下だけの左足は湿って、さらに長靴の中に雪が進入しているがそのまま足を突っ込む
証拠の雪穴を撮るのも忘れ、ほうほうの態で車の中へ入り長靴を脱いで雪を出す
替えの靴下は持っているが、どうせ靴の中は湿ってしまったのでそのままに・・・・でも、やっぱり冷たい Orz

E-300 ZD14-54mm

by Tome300 | 2007-02-16 16:19 | | Comments(6)
Commented by Terumasa at 2007-02-16 22:06 x
こんばんは
大変な災難でしたね。
お陰で?素晴らしい風景を見せていただくことができました。
雪が静かに降る山間の冷たい空気が鼻腔を抜ける感じ、
はたまた雪が降るのを見上げたときに感じる浮遊感など
いろんな事が頭に浮かんできました。
Commented at 2007-02-16 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aki-aky at 2007-02-16 23:22
こんばんは。
雪をなめてはいけないよ、ということを身をもって示してくれてありがとうございました。
いや、災難でしたね。(^^;;
この前のより雪の写りがはっきりしててその場にいるような臨場感があります。
3枚目がいい感じで気に入りました。

安全なところから一部始終を観察してみたかった。(^^
三脚伸ばして杖代わりにしたら抜けたかも。(無理かな?)
Commented by Tome300 at 2007-02-17 17:33
Terumasaさん、こんばんは。
いやはや、雪国の生まれ育ちですが最近は深雪に遭遇してない為、酷い
目に合いました(^^;

あ~・・・いい表現ですね(^^)
そんな情景を思い浮かべて頂けただけで、撮った甲斐があります。
Commented by Tome300 at 2007-02-17 17:40
鍵コメ様、こんばんは。
えぇ?この橋渡って対岸で遭難しかけたんですけど・・・足跡つけたバチ
が当たっちゃったようです(^^;;
えぇ?ワタシャ下半身は細長く、上半身はガッチリ(ポッチャリとも言う)の
欧米人体型なんですが??
脚長は80cmは軽く越えてます・・・キッパリ!!
そんだけ深かったって事で(^^;;

誤植等は結構シビアにチェックしてても、生まれながらの性格何でご勘弁を(^^;
Commented by Tome300 at 2007-02-17 17:45
aki-akyさん、こんばんは。
ハイ全くその通りでございます。
上の層の柔い雪は問題無いのですが、下の固い雪が・・・Orz

この日はずぅ~っと曇り空で、雪も強く降ったり弱くなったりでした。
光の加減が足りてる時は、雪も止まって見えるのでハッキリ写ってるかも
しれませんね。

まぁ、精々足が濡れる位なんで私も対岸で笑って見てたかも?
三脚は・・・どうかなぁ??大事な道具はそんな事には使えません!(^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< たまには行かないと      Black&WhiteⅡ >>