2007年 07月 18日
選択
川の中へ立ち込んでいた場所から、下流へ歩いてゆく
川の近くはゴロタ石でとても歩きにくい

a0041722_202927100.jpg

いつ雨に降られても良いように薄手のレインウェアを羽織っていったのだが、いつの間にかその中は汗でぐっしょり
雲が掛かっている辺りまでは意外と近そうだったが、歩いてみると結構な距離がある
山側へ行くと砂地で少し歩きやすい様に思えたので迂回してみるが・・・薄っすらと泥が積もっていて、ネットリと泥が絡み付いて思ったよりはるかに歩きにくい



a0041722_20303967.jpg

いつのかも判らない流木たち、樹皮は剥げ落ちて太古の恐竜の骨かと思わせる
これらにも薄く泥が表面を覆っている
結局はゴロタ石の不安定さより、ダブダブと音のする長靴を埋まらせながら歩く方を選ぶ


a0041722_2038478.jpg

漸く川が大きく蛇行していて雲が濃くなっている所までたどり着く
Rの外側は深い淵になっている様で、濃い緑がとても綺麗だ



a0041722_20413781.jpg

Rの内側の対岸はスッポリと雲に覆われている
立ち枯れた木がぼんやりと霞んで見える

この先にはダムがある


E-300  ZD14-54mm
Photoshop CS2 CameraRAW

by Tome300 | 2007-07-18 20:48 | 水辺 | Comments(4)
Commented by on-dori at 2007-07-18 21:01
何やら「川口探検隊」みたいな雰囲気です・・・。
この写真撮ってる人、無事帰って来られたんでしょうか?
もしかすると、カメラだけが下流に流れ着いて・・・なわけないぞお^^;
(ひとりボケひとりツッコミ、スンマセン)
Commented by Terumasa at 2007-07-18 23:56 x
こんばんは
流木、いいですね。流木・枯れ木・朽木マニアなもんで、
思わず食いついちゃいますね。
写真は4枚ともステキですが、3・4枚目が特に好みです。
静かに流れる空気まで写ってるようです。
Commented by Tome300 at 2007-07-19 12:59
on-doriさん、こんにちは。
旦那~!ちょっと古すぎますよ、今は藤岡弘探検隊ですよ(^^;
もっとも私ら位の年代だと川口探検隊の方が馴染みがありますね。

海の男じゃ~とか良いながら、あんまり泳ぎは得意じゃないようだから、き
っと今頃はこの先のダムの底に眠ってるかも(^^;;;

でもマジな話、この河原に降りるのってかなり険しい所を降りてくるんで探検に近いかも・・。
Commented by Tome300 at 2007-07-19 13:01
Terumasaさん、こんにちは。
マニアですか~??もしかして拾って来てはしこしこペーパー掛けして飾ってるとか??(^^;

撮ってる時、この空気感と言うか霞み具合が上手く写るんだろうか?と心
配だったのですが、なかなか良い感じに写っていてくれて(^^)
名前
URL
削除用パスワード


<< 眩しいほど青い空の真下で      梅雨時でも澄んでいた >>