2008年 09月 28日
季節の中で
朽ち行くときはあっと言う間



a0041722_21405566.jpg

外周りの造作などは然程荒れては居ない
なんだか屋根だけ突然落ちたように思える

家の屋根が突然落ちて、空が見えたら・・・それが星なんぞ見えたら素敵かも
でも雨だったら冷たかろう・・・

E-3 ZD14-54mm






a0041722_21443791.jpg



a0041722_21454768.jpg

家の周りの雑草に花が咲いていた

by Tome300 | 2008-09-28 21:47 | その他 | Comments(6)
Commented by ムニエル at 2008-09-29 21:24 x
窓に打ち付けられた波板は、
去り行く主が残した、家への最後の愛情か…

それとも、いつか再びこの家に戻ることを信じた、
見果てぬ夢の名残りなのか…

この家には、かつてここで暮らした人の温もりがまだ残っています。
Commented by nontan91 at 2008-09-29 21:50
こんなのどこ行ってみつけてきたんでしょうね~?
ほんとに人が住んでないと、あっという間に家は朽ちていきますね。
正面から撮った写真が、なんだか怖いです。
9-18mm、もうないんですか?
ひどい話ですね、みんな待ってたんでしょうに!
Commented by TOOLKIT at 2008-09-29 22:38 x
廃虚はどことなく恐ろしくて…撮れません。
蛇は撮れましたが…人間の残した思いのようなもののほうが、私は恐いなあ…(汗)。
Commented by Tome300 at 2008-09-30 17:36
ムニエルさん、こんばんは。
写真では判りにくいかも?なのですが、この波板が妙に新しいんですよ。
お書きの通り、いつかまた戻るつもりで塞いで行ったのか・・・・??

この家のそばに立っていると、そこから発せられている様な情念みたい
なが感じられて少しだけ怖かった。
Commented by Tome300 at 2008-09-30 17:45
nontan91さん、こんばんは。
飯豊町(小国の隣)をウロウロしていたら遭遇しました。
適当な道を適当に辿って行ったので、再び行って来いと言われても行け
るかどうか怪しい(^^;
なんせここから帰るのに、2度も道を間違って危うく遭難しかけましたから(^^;

周りは草ボウボウなのに、造作の綺麗さが妙に違和感・・・確かにちょっと
(一人だとかなり)怖かった(^^;

9-18は初回分がかなり少ない様で、一般のカメラ店でも発売日に入手
は難しいかもですね。
ホント楽しみにしていたのですが、なんか気持ちが萎えちゃって(^^;
Commented by Tome300 at 2008-09-30 17:49
TOOLKITさん、こんばんは。
私も余り得意ではないのですが、山里にポツリと在ったりすると恐々でも
撮っちゃいますよね。
なんかシャッターを切っていると、誰も居るはずの無い家からいきなり誰
かが・・・なんて妄想してると(^^;

ニョロニョロはね~、レンズ向ける前に3m位ジャンプして世界新のス
ピード逃げます(^^;;
名前
URL
削除用パスワード


<< 海を見に行く(うそ)      茜色に浮かぶ >>