2017年 11月 20日 ( 1 )

2017年 11月 20日
山毛欅林彷徨
a0041722_14080601.jpg
お誂え向きに雪が激しくなって来た

a0041722_14081197.jpg
顔面にも、当然ながらメガネのレンズにも、湿り気を帯びた雪のつぶてが激しく吹き付ける

a0041722_14081869.jpg
色のあるのはわずかな下草や笹の葉、僅かに残ったいまにも落ちて来そうな赤茶けた葉っぱだけ
古い切り株に生えたキノコの色の少しだけ癒される

a0041722_14083008.jpg
寒い雪の中でも、その身を寄せ合えば少しは暖かいのか

a0041722_14083492.jpg
小径とは名ばかりの傾いた小径
湿った雪に足を取られ、何度も何度も滑落(大げさ)しそうになる

a0041722_14082533.jpg
名残のモミジでも残っちゃ居まいかと探したが見当たらず

a0041722_14083823.jpg
雪降りやまず

a0041722_14084177.jpg
おしまい

Sigma 24-105mm F4 DG OS

取り合えずレインは着ていたので体は大丈夫だ。
カメラにはイカやキスを入れるためのビニール袋を細工した簡易レインを着せていたので多分大丈夫だ。
それでも、ズームやらいろいろ操作してるとどうして水滴は付く、カメラは一応防滴を謳っているので大丈夫だ。
問題はレンズだSigma様のこのレンズは防滴は謳われていないのだ・・・・・大丈夫なのか?Sigma。

プロテクターは購入済みで今はやり?の撥水タイプなのだが、これが結構優れものだった。
以前はフィルターをタオルやティッシュなどで拭いていたのだけれど、どうやっても少しは残ってしまう。
この撥水タイプのフィルターなら、ポケットに入れて置いたブロワーでシュポシュポすれば、水滴はきれいに転がり落ちてくれる。

世の中進歩しているんだなぁ・・と雪の林の中で感心してしまった。
でも、冷たい雪にかじかんだ手指はどうしようもない。


by Tome300 | 2017-11-20 14:40 | 四季 | Comments(0)