カテゴリ:yama( 28 )

2016年 11月 22日
冬が来る前に
もう一度・・・・じゃなくて、今年初めての温見平まで行ってみよう・・・・と思ったら、途中で通行止めになっていた(;;)

気を取り直して、ならば樽口の峠までと思ったら、こちらも泡の湯の入り口でバリケードが・・・・
でも車一台分のスキマがあるし、特に通行止めの看板も無かった様な??気もするし、「まぁ、行っても良いけど気を付けて行ってね」って事だなと勝手に解釈して登って見た。

a0041722_23533512.jpg
時折日も差すが、太陽は殆ど雲の中
待つのは嫌いなので滅多に太陽待ちなどしないのだけれど、一瞬日が差した時の美しさを見てしまったので、珍しくかなりの長時間粘ってみた

a0041722_23533126.jpg
飯豊本山は雲に隠れ殆ど姿が見えない

a0041722_23532504.jpg
たまにちろっとの切れ間から、少しだけ雪を纏ったその姿をチラ見

a0041722_23531901.jpg
かの有名な一本桜もすっかり葉を落としてしまっている
なんだか以前と比べたら、全体に劣化してるなと思ったら太い幹の方が折れちゃったのね
春に来た時も、なんだかこんな格好悪かったっけ?と思ったけど、折れちゃってたんだ・・・・

a0041722_23534149.jpg
ススキもすっかり枯れ尾花貸してるし、以前より面積も少なくなってきてるような気がする

a0041722_23530856.jpg
Sigma 24-105mm F4 DG Art

本当は別な場所へ行くつもりだったが、風が強すぎて肝心の主役が全く姿見せてくれそうも無かった。
代替案その壱の温見平に振られ、代替案その弐だったけど、時折日も差して良い眺めを独り占め出来た。


by Tome300 | 2016-11-22 00:08 | yama | Comments(4)
2014年 05月 14日
月下強風
月明かりに浮かぶ飯豊の連なり

a0041722_14410053.jpg
E-M5 MZD ED12mm

目論見通りに撮れたけど、樽口の展望台は時折凄まじい強風が吹き荒れていた。
入り組んだ谷を通ってくる所為なのか、風の方向あちこちから吹いてきて一向に定まらない。
高い山など登った事は無いけれど、これが山の天気なのか・・・
狭い稜線などを歩いていて、急に吹き付けられたらあっと言う間にバランスを崩して・・・・ってのがリアルに思い浮かぶ。
ここはまっ平らな駐車場のアスファルトの上だけれど。

静かな時は静穏と言う漢字がぴったりなのだが、遠くの木立の葉っぱや枝を鳴らす音が聞こえると、少しの間を置いて止めてある車を揺さぶるほどの風が吹き付ける。
三脚ごと倒れたりしないかと心配になり外へ出ると、細かい何かが顔に当たって痛い位だ。

本当はもう少し長く撮って居たかったが、どうせブレブレなんだろうと適当な所で切り上げた。
いつも通りコンポジットして軽くレタッチとリサイズしてみると、意外とマトモに写っている。
でも等倍で見ると、星の軌跡は嫌になるくらいにギザギザなのは秘密だ。



by Tome300 | 2014-05-14 14:58 | yama | Comments(2)
2014年 01月 11日
働くくるま~
駐車場に着いたら除雪中だった。

a0041722_114797.jpg


後ろを見てるのか、見ていないのか分からんけど、猛スピードでバックしてくるもんだから怖くて近づけない


a0041722_11484465.jpg


恐々と後ろをすり抜けて、見通せる所まで三脚を担いで歩いていった
まだ明け切らない、青い飯豊が出迎えてくれた

E-M5 MZD ED12mm & 45mm

いやはや、年が明ければ少しは暇になるかと思ったらトンでもない、巷の3連休は半日だけ休んでお仕事になってしまった(;;)

by Tome300 | 2014-01-11 11:54 | yama | Comments(0)
2014年 01月 03日
遥かなる山の呼び声 2014
何度目だろう?このタイトルを使うのは・・・・

a0041722_2258404.jpg


DP3M

特別版で、いつもより更にでっかくなりますので是非クリックして見て見ておくんなさい。
飯豊の圧倒されるような山肌をたっぷりとご賞味下さい。

なに?物足りないだと・・・・

by Tome300 | 2014-01-03 23:08 | yama | Comments(4)
2013年 08月 17日
T口峠の夕暮れ
あ~夕暮れに間に合ってよかった!・・って程の夕暮れじゃなかったけど。

a0041722_11381082.jpg


ここへ来るとやっぱり撮らずにはいられない
しかし、照らし合わせようとしても、肝心のお山は殆ど雲に隠れている


a0041722_1139692.jpg



a0041722_113917100.jpg


どうも、この場所は広すぎてどう撮って良いのか分からずに苦手だった
7-14mmで撮ると広大さが写って良い感じ(^^)


a0041722_11411165.jpg


さぁ、星たちも瞬き始めたし・・・・んが、この後どんどん雲が・・・・Orz

E-M5 ZD ED7-14mm&MZD ED12mm

by Tome300 | 2013-08-17 11:42 | yama | Comments(2)
2013年 05月 06日
そのあと
山に雲が掛かるまでには至らないけれど、山頂部の雲はへばり付いたまま・・・・

a0041722_21253193.jpg


だが、一瞬だけ赤く染まった・・・・ホンの1・2分?の瞬間芸
先回来た時より、雪の量はかなり減ったのかな


a0041722_21275148.jpg


そして、もう一つの楽しみ飯豊と桜のコラボも、GW前の極度の冷え込みで開き掛けたまま止まってしまっている
もしかすると、このまま咲かずに終わる可能性もあるとか無いとか

本当にきれいに咲いている木が少ない



a0041722_2131861.jpg


ならば色気より食い気と言う事で・・・・


a0041722_213201.jpg



a0041722_21321586.jpg


群生は沢山あるのだが、みんな開きすぎ
それでも何処もかしこもフキノトウだらけなんで、良いのを選んで採ってコンビニ袋の二つGet!(^^)


a0041722_21341283.jpg


これは何??

E-M5 MZD45mm


ぎゃ~~忘れてた、今日(5/4)は結婚記念日だった~~!!!
妻から忘れてたでしょ言われ(冷や汗)でした(^^;;;;;;

春のもの

by Tome300 | 2013-05-06 21:48 | yama | Comments(4)
2013年 05月 05日
なんか、全然信用ならん
おとといの夜、山形へ所用があったので行って来た。
GPVで夜から晴れ間が出そうだったので、そのまま星と飯豊でもと考えていたが・・雨(;;)
諦めて姉の家で仮眠をとってから早めに出掛けたが・・・・雲(;;)

a0041722_23224567.jpg


E-M5 MZD45mm

特に飯豊の方向は雲ばっかし!!!僅かに顔を見せる隙間を狙って。

by Tome300 | 2013-05-05 23:24 | yama | Comments(2)
2013年 03月 18日
蒼い山脈
う~ん、ベタだ、酷くベタだ・・・・


a0041722_9162737.jpg


まだ星が瞬いていた
撮影場所を決めあぐねている内に、空は少しずつ明るさを増していく
飯豊の山並はまだ蒼い


a0041722_9434750.jpg


すっかり明るくなったので、他の場所へと車を走らせていた
ふとバックミラーに移る飯豊の姿に愕然とする
もう色は付かないだろうと、移動したのに・・・・見事に色付いている


a0041722_9182799.jpg


車を止めて、望遠に付け替えて何枚か撮っていると、ファインダーの中に荷物を担いで斜面を登っている人影が見えた


a0041722_9215635.jpg


・・・様な気がしただけで、たぶん気のせいで潅木か何を見間違えたのだろう
あちこち振ってみて探すが、その後その姿を見つけられる事は無かった

E-M5 MZD45mm ZD ED50-200mm & DP1merrill

もっと蒼い山脈

by Tome300 | 2013-03-18 09:54 | yama | Comments(2)
2011年 11月 25日
里山風景
下にも書いたけど先週の日曜、雨だというのにカメラを持って近くの里山をウロウロしてきた。
いつも行く場所とは少し離れた場所で、街場の人にしたら里山じゃなく山奥だろうって言われそうだ。


a0041722_2318558.jpg

美味しそうな柿の木はないかな~と探しながら車を走らせる
が、なかなか姿形の良い木がない、たまに有っても人家や撮りたくないような人工物のそばだったり


a0041722_23202070.jpg

ちなみに柿は好きではない
あの独特の甘みが苦手で、甘柿も干し柿も、さわし柿もだめだ


a0041722_23224571.jpg

適当に車を走らせていたら、本当の山奥まで来てしまった
行き止まり(らしき所)でUターンして来た、この家が最奥でこの先に家はない


a0041722_2325226.jpg

今年の栗は豊作だったんだろうか?なんて思いながらシャッターを切る
流石に少し山手に入ると、未だに薪を積んでいる所が多い
手間を考えなければ、やっぱ薪の柔らかい火が良いよな・・・


a0041722_23275968.jpg

決してレンズが歪んでる訳ではない
もう少しすれば1mを超える雪に覆われるのだろう、ヤワな小屋じゃこんな風に歪んでしまう


a0041722_23305248.jpg

そろそろ山奥も飽きてきた
帰り道の国道沿いのいつもの場所、こっちは流石に里山と言っても良いだろう


E-3  ZD14-54&ED50-200mm

再び山奥へ

by Tome300 | 2011-11-25 23:56 | yama | Comments(4)
2011年 07月 30日
登ったどぉ~~~
勿論車でですが(^^;
久し振りに蔵王のオカマお釜へ行って見た。
麓からこんなに有ったけって?と何度思ったくらい長い山道だ。


a0041722_21321711.jpg

↓ の標高1600mの駐車場からは、少しだけリフトに乗って更に少しだけ歩く
なんだか日本の景色じゃないみたいだ


a0041722_2134079.jpg

一応全景
さすが活火山だけあって、噴火口の水面からは時々ボコボコと泡と共に水蒸気が・・・(勿論ウソです)


a0041722_2136149.jpg

アップにすると、静かだと思った水面には結構さざ波
上空の雲の陰で、グリーンにも陰影が出来て面白い


a0041722_21375328.jpg

結構、風が強い
お地蔵さんを拝む振りして一休み・・・さぁ帰ろう

SD14 17-50mm(一枚目のみE-3 ZD ED50-200mm・・・・ISO800のままだった(;;))

さて、やっと長かった温泉旅行も終わった・・・・って、だらだらUPしてただけ~(^^;
明日からはネタが無いのでしばらくお休みかな?

by Tome300 | 2011-07-30 21:49 | yama | Comments(4)