カテゴリ:水辺( 314 )

2017年 07月 20日
早寝早起き
久しぶりに早起きして、日の昇る前から福島潟をうろついて来た。
昨夜は久しぶりに22時就寝!!今朝は4時前に起床!!
最近は明日は早く起きなきゃ・・・って時でも、ついつい24時近くまで起きているので早く起きるのが本当に辛い。
そして釣りなり撮影なりを終えて帰って来た後も、仕事するにせよ遊びに行くにせよ眠くて仕方ないのだ。

それが今日は多少の眠たさはあるのだけれど、眠くてたまらないって程じゃなく何とか普段通りに仕事が出来る。
まぁ普段7時間ほど寝てるのに1時間ほど足りないだけだから当たり前っちゃ、当たり前なのだけれど。

a0041722_16390953.jpg
ところが割と爽快に起きれた割に、実は未だ頭は寝ていたようで・・・

a0041722_16391562.jpg
なぜか?てブレ補正がONになったままだった・・・・

a0041722_16391947.jpg
E-M5系の手ぶれ補正は切り忘れても殆ど影響を感じなかったのだけれど
レンズ側の補正だとやっぱり影響あるのかなぁ・・・・前半戦ほぼ全滅(;;)

Sigma 24-105mm F4 DG OS←こいつだ!

ところで「早寝早起き」とよく言うけど、夜更かしに慣れた体にはあんまり早く眠りにつく事は難しい。
早起き信奉者の哀川翔氏によると、「早寝早起き」じゃなくて「早起き早寝」が正しいのだそうな。
そりゃそうだ、寝不足だろうが何だろうがとりあえず早起きして、寝不足のままでいればいやでも早く眠たくなるってもんだ。

よし、これからは「早起き早寝」だ!!・・・慢性寝不足に陥りそうな気もする。



by Tome300 | 2017-07-20 17:12 | 水辺 | Comments(5)
2017年 07月 03日
増水の河原にて
週末は天気悪しの法則発動・・・・週末じゃなくても降りっ放しだけど。
当然の如く海には行けず、二週続けての奥胎内通いなのだ。

a0041722_20103273.jpg
ヒュッテ下の河原はもっと増水してるかと思ったが然程じゃぁなく
上流から流れてきた靄が、カーブに溜まってモヤモヤ状態

a0041722_20103756.jpg
釣り師がお二人
「少しずつ水嵩増えてるから危ないかもよ・・・」と
短時間しか居ない旨話したけれど、確かに岸まで少しずつ上がって来てる

a0041722_20104192.jpg
流れにえぐられた岸際は下手に立つと、ゴロゴロ崩壊して足から流れにダイブし兼ねない
彼らはライジャケ着てる様だから大丈夫だろうけど、こちらとライジャケどころか長靴を忘れてしまい
クロックスもどきに靴下のみと言う、完全浸水O.K仕様なのだ

a0041722_20104524.jpg
上流部へ歩いて行くと・・・・
去年も、当然一昨年も見た覚えのない巨岩が鎮座している
ton級の岩石を運んでくるエネルギーってどんだけ?
上流部のダム建設現場辺りから流れて来たのか、川をごろごろ転がって行く様を見てみたいような

a0041722_20104999.jpg
完全浸水仕様なので躊躇なく水に入れる
上流から吹き付ける風に乗って、冷たく濃い水蒸気の粒が顔に痛い
そして、水に浸かった足も千切れそうな位に痛い

Sigma 24-105mm F4 DG OS




by Tome300 | 2017-07-03 20:28 | 水辺 | Comments(0)
2017年 06月 22日
待ってはくれない
いつの間にか新潟も梅雨入りしていたそうな。
言われてみれば、確かに昨日は雨が降っていたな。

少し時間を巻き戻して・・・



a0041722_22154902.jpg
霧に咽ぶ奥只見湖・・・・

a0041722_22155311.jpg
前のにも載せたけど、この船のおじさんがいつまでも出ていかない
船外機のエンジンをプルルル・・・・ブイ~~ン・・・・ポポポ・・・を繰り返しているのだ
要はエンジンがかからないのだけれど、しまいに呆然と湖面を眺めている

しかし、結構広い湖の真ん中で、エンジンがかからなくなったら嫌だなぁ
まぁ、こんだけ船が出ていれば誰か助けてくれるのだろうけど

a0041722_22160047.jpg
おじさんを眺めてても仕方ないので、銀山平の入り口まで戻ってみた
湖へ流れ込む所まで行ってみようかと思った所で・・・・いつものサインが・・・・
幸いきれいなト*レがあったので、そそくさと済めせ

a0041722_22180383.jpg
河原を歩きながら、あれこれ撮っていると

a0041722_22181195.jpg
気が付けば、あれだけ煙っていた霧が消えていた・・・・

a0041722_22181614.jpg
消えていた・・・・
僅か山の斜面に漂っているのみだ

もうちょっと撮らせて欲しかった(;;)

Sigma 24-105mm DG OS

本当に一瞬だったのでびっくりだ。
足元ばかり見て撮っていたら、ものの数分で文字通り霧散してしまった。




by Tome300 | 2017-06-22 22:30 | 水辺 | Comments(2)
2017年 05月 29日
緑の季節
春先まで路肩崩落?とかで歩いて行くしかなかった「剣竜峡」。
しばらく忘れ去っていたのだけれど、某hさんが行って来られたようなので行ってみた。

a0041722_09295824.jpg
しばらく雨続きだったので、濁っているかなと危惧していたが
いつもの清らかな流れだった

a0041722_09300319.jpg
曇り空の下、いつも薄暗い渓谷は更に薄暗くなって
意図せずとも露出は長くなる
a0041722_14534188.jpg


ここに来るまで、私の前に良く分からんアメリカンなピックアップが先導してくれた
まさかここまで一緒とは思って居なかったが、Pに車を入れて三脚などを下ろしていると
3人の今時のお兄ちゃん達が降りてきた

a0041722_09301465.jpg
私が撮影している間、特に邪魔になる事も無く
狭い渓谷を見終えた彼らの中の一人が
帰り際、私に向かって微笑みながら軽く頭を下げて去って行った

Sigma 24-105mm F4 DG OS

でだ、INDY500で佐藤琢磨が優勝しちゃった!!!
勿論、日本人ドライバーでは初めてだ。
F1に比べて余り興味の無いレースだったけど、この特別なレースで優勝してくれたっては素直に嬉しい(^^)

それに比べて我がマクラーレンホンダ・・・・情けなさ過ぎる(;;)



キス始めました

by Tome300 | 2017-05-29 10:35 | 水辺 | Comments(4)
2017年 03月 22日
夕潟散歩
夕方に福島潟を散歩するから夕潟散歩なのだ。

a0041722_14550038.jpg
夕日を撮る時は雁晴舎に車を置いて、木道を歩く

a0041722_14550588.jpg
この木道、所々腐食して朽ち気味で進入禁止のロープが張られているのだ
でも、あくまで自己責任でこっそり進入しちゃう
私の重い体でも時々ブカブカはするけど、いきなりバキッなどと言う事もなく何事もなく渡れる

a0041722_15020236.jpg
でも、三脚を縮めて木道に膝をつき・・・その膝に ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ こいつが刺さるのだ
やっぱり結構危険なのかも知れない

Sigma 24-105mm F4 DG OS

あ~、日本惜敗!!残念!!


by Tome300 | 2017-03-22 15:05 | 水辺 | Comments(0)
2017年 03月 20日
杉木立を抜けて
↓にも書いたが、胎内天文館へのアクセス路が漸く除雪されていた。
ゴルフ場までは除雪が終わっていたが、お目当ての場所は途中までで行き止まり。



a0041722_20531708.jpg
まだ50cmほど残っている雪の段差をヨッコラショと昇って、杉木立の中を歩く

a0041722_20523925.jpg

気温が高いせいか、私の体重が雪面の許容荷重をオーバーしているのかは分からないが、時折ズボっと膝上まで埋まってしまう
誰かがつけたカンジキかスノーシューの跡を辿ってはいるが、それでも時々トラップのようにズボッズボッ・・・・と

a0041722_20524821.jpg
漸くたどり着いた池のほとり
池と言っても元々が小さい池は、未だに雪に埋もれてホンの少しだけ顔を出していた

a0041722_20531293.jpg
帰りは慎重にズボッとやられちまった場所を避けながら
それでも時折やっぱりズボッと・・・・
少しだけ霧が出て来た、日は既に昇っている筈なのに姿は見えない

Sigma 24-35mm F2 DG




by Tome300 | 2017-03-20 21:02 | 水辺 | Comments(0)
2017年 03月 18日
夕鴉
明烏って落語や映画なんかにも有るけど、夕鴉なんて言葉もあるんだ。

a0041722_10302409.jpg
夕暮れ時の福島潟を散歩しての帰り路
怪しげな木の枝に
怪しげな一羽の鴉

カァと鳴いたか、鳴かなかったか・・・

a0041722_10302732.jpg
気温は8度、だけど風が冷たい

Sigma 24-105mm F4 DG OS


by Tome300 | 2017-03-18 11:00 | 水辺 | Comments(0)
2017年 01月 21日
潟夕景
時系列的は巻き戻し。


a0041722_14445580.jpg

a0041722_14451465.jpg
a0041722_14452009.jpg
a0041722_14452685.jpg
オイオイ、邪魔すんじゃねえ・・・・
いえいえ、私が彼女の前に立ちはだかっていたのです(^^;

a0041722_14453168.jpg
Sigma 24-105mm F4 DG OS HSM

月曜の夕方、なぜかカメラマン・ウーマンが沢山いた。
お前さん方、平日なのに仕事しなくて良いのかい??
アンタもねって言われそう。


by Tome300 | 2017-01-21 14:49 | 水辺 | Comments(0)
2016年 12月 12日
森の中へ
今冬初めての積雪だ。
いつも通り、庭を駆け回る。

a0041722_20030343.jpg
雪が積もった森への小道

a0041722_20032226.jpg

a0041722_20031749.jpg
a0041722_20032699.jpg
雪が降ったり止んだり、お日様が顔を出したり隠れたり・・・・

Sigma 24-105mm F4

今年の漢字一文字・・・・

カネじゃなくキンだそうな・・・・なんだかな~




by Tome300 | 2016-12-12 20:08 | 水辺 | Comments(2)
2016年 11月 26日
巡り合い
起き抜けは雲が一杯だった。
外に出て、空を見上げ、止めようかな・・・「二度寝は超心地良いぞ」と、悪魔の囁きにも惑わされず。

a0041722_13050270.jpg
気温は2度・・・・多分もっと低くなってるだろう

a0041722_13050820.jpg
どうも、この船は色気が無いと言いながら撮ってる



a0041722_13051241.jpg

和船っぽいけどFRP
なんとも味気ないと毒づきながら撮ってる

a0041722_13051739.jpg
潟端にロープを張るのはやめて欲しい、と思いながら撮ってる

a0041722_13052292.jpg
この竹棒は何のため?と考えながら撮っている

a0041722_13052707.jpg
昔ながらの木造の和船が恋しい

a0041722_13053156.jpg
朝の気持ち良い空気の中、色々と鬱屈を抱えながらも撮っていると、日が昇った

Sigma 24-35mm F2DG

なんだかとっても当たりの様な気がする。


by Tome300 | 2016-11-26 13:12 | 水辺 | Comments(2)