カテゴリ:水辺( 315 )

2015年 07月 13日
IN 奥胎内・・・12-40編
いやはや、お暑うございます。
うちより暑い地方の方、酷暑お見舞い申し上げます。
うちより涼しい地方の方・・・・大至急冷たい麦酒の補給が必要ですので直ぐに送ってください!!

a0041722_13193952.jpg
涼しい瀬音が聞こえてきませんか?・・・・ナニ?聞こえない?

a0041722_13194342.jpg
これでも聞こえませんか?

・・・・あ~、あなたの心の目と耳は何かに蝕まれているようです
さっさと車に飛び乗って、100km先でも良いですから、ステキな渓流の端で日暮れまでゆっくりと瀬音に耳を傾けて、俗世の害毒を洗い流してください

a0041722_13194647.jpg
そして、ゆっくりとした気持ちでブナの木々を見上げて、深く深く深呼吸

a0041722_13195158.jpg
そして、登っているのか降っているの良く分からん階段を降りて


a0041722_13195425.jpg

深い深いダムの眼下に広がる風景を眺めましょう

a0041722_13195796.jpg
さぁ、さっきの登ったのか降りたのか分からんような階段を登って、再び俗世へ・・・・

毎週のようにやってる私ですが、俗世の害毒はなかなか全て綺麗には流れ去ってくれません

E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1:2.8PRO


先日まで梅雨だけどあんまり雨も降らんし、バァ~カイヤンバイだね~(バカに良い按配だね)・・だったのに、昨日あたりからいきなり強力殺人光線全開です。
エアコン全開で風力Max!!で何とか凌いでいます・・・・エアコンの風の範囲外に来ると、微妙にもやもやとするのが辛い。



by Tome300 | 2015-07-13 13:36 | 水辺 | Comments(6)
2015年 05月 09日
心霊スポットでHardyparty
先日のダム湖の続き

a0041722_09353007.jpg
夜が更けるまで、人気の無い湖畔はとっても静かで不気味なのだが
草木も眠る頃になると、この世以外の者たちが目を覚まし、周回道路にはあちこちで灯りが煌き深夜のパーティが始まるのだった



なんて事は無く

by Tome300 | 2015-05-09 09:58 | 水辺 | Comments(2)
2015年 04月 29日
Estuary of twilight

美人薄明なのだ

a0041722_15212652.jpg
a0041722_15212970.jpg
a0041722_15213251.jpg

星も瞬き始めた・・・さぁ、お家に帰ろう・・・シチューじゃないけど・・・・確か今日は焼きソバだったような気がする

a0041722_21140392.jpg
並べてみた、結構似てるかも。
カメラに興味の無い人・・・うちの奥方様なんぞ黙っていれば絶対に気付かないだろうけど、既に自首済み申告済みだ。
先日も少し遠出をした時も、ず~っとこれを持っていたけど全く気付いていない、と言うより全く関心が無いといった方が正解だろう。

しかし・・・だ、似ている様で実際は非なる物。
M5は長年使い慣れたOLYMPUSの操作系、マニュアルなんぞ読まなくても大抵の事は出来る。
だがしかし、T1のそれは全くと言って良いほどに違ってる・・・・使いはじめは、このカメラって絞り優先(Av)モードって無いんだ?と思っていた。
フォーカスポイントも十字キーで直接移動出来ない、ホンの一手間だが必要だ(これはFnの割り当てで解決)。

M5には低振動モードってのが有るけど、T1には無いので2秒タイマーで代役。
ところがだ、スリープに入って復帰させるとタイマーが勝手に解除、当然電源をOFF・ONした時も一緒。
その度にタイマー設定を呼び出して、改めてタイマーON・・・・賛否両論だろうけど、ワタシャ勝手に解除されない方が良い。

他にも、ファインダーが広すぎてメガネ君の私は視野の移動が多くて疲れる、その割りに見易い液晶じゃないなとか、ISO100じゃRAWで保存出来ないとか、なぜかRAW現像した物よりJPEGの方がパッと見きれいジャン!(^^;とか、言い出せばキリが無いんだけど・・・
が・・・しかし、出て来る写真は本物だ。

そんでキットレンズと一緒に買った某国製の格安超広角、f2.0と明るく画質も悪くない・・・ただ周辺減光が(^^;;・・・・色がシルバーしか在庫が無い(;;)・・・・しかもシルバーなのにフードは黒だ・・・・ヲイヲイ(^^;;
結構、珍妙かも。



by Tome300 | 2015-04-29 16:04 | 水辺 | Comments(10)
2015年 04月 16日
月蝕の夜
月食など撮る趣味は無かったけれど、たまたま夕方の空は晴れていたので星撮りのつもりで出掛けてみた。
山の方へ行って見たけど、何だか時折物凄い突風が・・・こりゃ止めるべぇと、引き返していつもの福島潟。


a0041722_19405932.jpg

三脚を担いで歩いていると釣りの仲間から入電、今年のニューモデルやら話していたら少々長く話していたら・・・
ずっぽり雲に覆われちまった
あわてて撮った一枚だけ(^^;;

今度こそ漏れてくる光も僅かとなり、諦めて車へ戻ると、同じように三脚を据えて撮っていた人が戻ってきた。
ここで夜撮影している人は珍しいので、少し話をすると「月食を撮りに来たけど、さっぱり・・・」との事。
あぁ、そうか・・・今夜は月食だったのか、と漸く思い出した。



by Tome300 | 2015-04-16 19:47 | 水辺 | Comments(0)
2015年 04月 09日
こいつぁ・・・
夕暮れの港を後にして、帰り道に福島潟に寄り道した。
少し雲が出ているけど、まぁそれもスパイスだと三脚に据えて星にMFでピントを合わせる。


a0041722_19435353.jpg


どうも、この時間帯はまだ車の通りが頻繁で・・・・

a0041722_19435744.jpg

a0041722_19440071.jpg
花見は夜に限るのだ

a0041722_19440874.jpg
・・・・う~ん


a0041722_19441193.jpg

このカメラってJPEGの方がキレイかも?


a0041722_19441582.jpg
帰ろうかと、車を走らせて・・・・いつもは渡らない橋を
ここからも撮って見るとかと数枚だけ
三脚のナットの締め付けがゆるかったのか、いきなりガクッと傾いた
まだレリーズなど持って居ないから、10秒タイマーで撮っていたのが幸いした

a0041722_19441762.jpg
う~~ん、やっぱりJpegの方が良いかも
でも暗部なんかはRAWの方がきれいに持ち上がる
迷い所だな

あ、三脚が傾いたって話はもちろん嘘です。


by Tome300 | 2015-04-09 19:52 | 水辺 | Comments(0)
2015年 03月 24日
silent
無風、鳥たちの鳴く声がたまに聞こえてくる。


a0041722_20573832.jpg

a0041722_20592702.jpg

そんな静けさを破るかのように、一台の軽トラがやって来た
まだ薄暗い水辺に、少しだけ光が当たった瞬間


a0041722_21013603.jpg

爺さんがカメラを手に降りて来て、再び静粛に包まれる

a0041722_21030283.jpg

a0041722_21030668.jpg

a0041722_21031015.jpg
もうすぐ日が昇る
水面の色が変わってゆく


a0041722_21031470.jpg



どうしてこのレンズはピカーン!と光芒が出てくれないんだろう?
お日様が顔を出した瞬間から10枚ほど撮ってみたけれど、一枚とピカーンとなってくれくれない・・・勿論F14まで絞ってみた





ピカーンで思い出した

by Tome300 | 2015-03-24 21:56 | 水辺 | Comments(4)
2015年 03月 22日
雪が降る前に
♪もう一度 あの人と・・・・じゃぁ無くて、一気に載せちゃえ。


a0041722_22303107.jpg

a0041722_22303485.jpg
a0041722_22304608.jpg
a0041722_22303658.jpg
a0041722_22304919.jpg

明日から、再び雪マークだ。
どれだけ降るか分からんけど、雪が降り止んだらもう一回行って見よう。



by Tome300 | 2015-03-22 22:33 | 水辺 | Comments(2)
2015年 03月 13日
青を映して
夜明け間際の水面に青を映して



a0041722_22484506.jpg




a0041722_22492301.jpg



a0041722_22495490.jpg
僅かに降りた霜の白さ

本当はそんなにきれいな水の色じゃない


by Tome300 | 2015-03-13 22:50 | 水辺 | Comments(0)
2015年 02月 27日
裏磐梯 小野川湖畔


すっかり日の昇った桧原湖を後にして、剣ヶ峰方面へ


a0041722_22190679.jpg
(これだけJPEG撮って出し、車の中からなので緑被ってます)

以前は途中で冬季通行止めになっていた、時計回りで行ける様に・・・・なっているんだけど・・・・雪崩だ(^^;
しっかり車線半分を塞いでいる
巻き込まれても死ぬような事はないレベルだけど、車はダメージ大だろうな・・・


a0041722_22233820.jpg
長瀬川の流れ込みを間違って通り越して、Uターンしようと脇道へ

a0041722_22235925.jpg
こんな所に住むのも良いな・・・・でも海まで遠いし、、奥方様は絶対嫌がるだろうから無理だな


a0041722_22240487.jpg

いつものように長瀬川に沿って小野川湖の湖畔まで

a0041722_22241364.jpg
川の真ん中だけ凍結
この足跡の主は川を渡ったのだろうか・・・

a0041722_22241857.jpg
湖畔沿いに少し歩いてみた

a0041722_22242345.jpg
半凍結の水面と、何かの卵の様に木の幹に付いたままの雪の塊

a0041722_22242877.jpg
さて・・・と戻って、車道に降りる前の林からの影が美しいのだ

結構扱いが難しそうに思っていたハイレゾショット、ここまで殆どハイレゾショットで撮っているけど、こんな風景なら何の問題も無い。
川の流れや風のゆれなどはぶれて写るけど、それが主題でなければさほど気にならない、デフォルトの16MPまで縮小してしまえば全くと言って良いほど気にならなくなる。

当然の事ながら全て三脚に載せて撮っているが、雪面なので普通に置いてもズブズブと安定しない。
やや閉まり気味のままズボッと雪面へぶち込む、そして極太32mmのカーボン脚にものを言わせ、更にグイグイと押し込むと漸く安定する(^^;
グリグリやってると脚が撓んで折れそうになっているのを見てしまい、それからは手加減してグリグリしていた。
E-M5クラスにはオーバースペックな三脚だけれど、細くて軽い三脚は信用出来ない。

もっと歳を取って3.3kgウェイトがオーバースペックになって、担ぐのがどうにも苦になったらもう少し細い三脚に変えよう・・・



by Tome300 | 2015-02-27 22:49 | 水辺 | Comments(4)
2015年 02月 25日
一ノ戸川鉄橋
裏磐梯の帰り道、そろそろお昼にもなろうかと言う時間だ。
どうせ喜多方を通るわけだし、喜多方ラーメン・・・・じゃぁ芸が無いって事で、西会津ラーメンにしようと、喜多方から西会津に抜ける山道を走ってみた。

結構遠いなぁ・・・素直にR49に出て向かえば良かったなぁと、少し後悔し始めた頃どこかで見た覚えのある古びた鉄橋が目に入って来た。

a0041722_20465595.jpg


一ノ戸川鉄橋、通称「山都の鉄橋」と呼ばれる石積みの古い鉄橋だ
全長445m、明治41年に架橋され当時は東洋一の規模だったらしい

a0041722_20465814.jpg

反対側に回ってみると、飯豊の上を跨ぐ様に走っている
汽車(無電化区間で架線も無いので電車じゃないのだ)来ないかな~っと、しばらくぼぉ~~っと待って見ても、そんなに都合よく来るはずも無く・・・


a0041722_20465233.jpg
だって、橋の袂に来た時に通過したばっかりもの・・・・
あわてて車から飛び降り撮っては見たものの、車のルーフが写ってる(^^;;

そうか、山都か・・・・ラーメンやめて蕎麦も良いなと、一瞬かなり心が揺るぎかけたがやっぱり初志貫徹で西会津ラーメンなのだ。

んで、そのラーメンのお味は・・・しょっぱ!!やっぱり山都の蕎麦にすればよかった(;;)





by Tome300 | 2015-02-25 21:18 | 水辺 | Comments(6)