カテゴリ:四季( 286 )

2017年 01月 18日
Foot stamp~帰り路
帰り路。


a0041722_20251479.jpg

沢山の足跡

a0041722_20251891.jpg
やっぱり、無理に入れない方がスッキリするみたい

a0041722_20252278.jpg
やっぱり曲がり角からの方が、足跡が錯綜してて面白い

a0041722_20252792.jpg
ひつこく

a0041722_20253583.jpg

さらにひつこく撮って見た

Sigma 24-105mm F4 DG OS HSM

なぁ~~んか暗いなぁ・・・・と思ったら、PL付けっ放しだった。
最近のPLは色が薄くてプロテクター??と間違えてしまう。
透過率も高い分、お値段も高い、ましてや82mmなどと言う大口径なので目ん玉飛び出ちゃう。




by Tome300 | 2017-01-18 20:33 | 四季 | Comments(0)
2017年 01月 14日
久し振りの雪下ろし
いやはや、今までの分を取り返そうと僅か二日ばかりで見事5・60cmも降り積もった。
記憶は定かじゃないが、ここ数年はそこそこの降雪はあるけれど、比較的平均して降っていたように思う。
そんなのに馴れて鈍り腐った体には、一気に降られると非常に困るのだ。

まだ大丈夫だろうけど、これからまだ降るとかって予報なので今の内にと納屋(農作業小屋)の雪下ろしを敢行した。
お陰で手足腰・・・要するに体中が痛い。
雪下ろしばかりではなく、道路への出入り口や玄関先、消雪の水で溶け切らない所やら雪掻き仕事も幾らでもある。

雪下ろしして、通路を確保して、くたくたの状態で昼飯食ったらとてつもなく眠くなってしばらく熟睡。

a0041722_21313157.jpg
目が覚めてもなんだか仕事する気にもなれず、雪も落ち着いたので近所をドライブしてみた

a0041722_21313796.jpg
日こそ差さないが、雲の薄くなったら辺りから太陽の存在が確認出来た

a0041722_21314146.jpg
幾ら雪には慣れているとは言え、一気に降られると物理的に除雪が間に合わず、道路はグダグダなのだ

a0041722_21314679.jpg

母親の実家の辺り
左下に雪帽子を被って見えるのはお墓だ
そうか、ここに私の先祖が眠っているんだなぁなどと思いつつ
あぁ・・・また降ってきた

Tamron SP70-300mm F4-5.6 

冬前に、今年はカマキリの卵が凄く高い所に生みつけられていると聞いていた。
今年は大雪みたいだねと言っていたが、12月に一度積ったきりでその後さっぱり降らずにいた。
なんだ、カマキリの卵伝説も当てにならんなぁなどと思っていたらこれだ・・・・

カマキリの卵伝説恐るべし!!
しかし、一体どうやってその先の積雪具合を予測するんだろう、自然の不思議なのだ。

明日は村の賽の神だ、降った雪はどうしようもないけれど、あまり荒れた天気にならんで欲しいなぁ。



by Tome300 | 2017-01-14 21:50 | 四季 | Comments(2)
2017年 01月 09日
未明
GPVを見ると、なんだか晴れそうだ。
今時期は余り当てにならないので、後悔しない程度にゆっくり目に起き出して。

a0041722_22042799.jpg
日の出は7時少し前、まだ30分程あるけれどまだっ真っ暗

a0041722_22043518.jpg
東の空は少しずつ明るくはなって来つつあるけれど

a0041722_22044040.jpg
霧のせいで真っ暗なのだ

a0041722_22044667.jpg
いつもは最初の橋の上辺りでウロウロしてるだけなのだが、暇なので少し歩いて見た
暇なのでと言うより、暖かい季節は黒くてデカイ奴に出くわしそうで余り車から離れないようにしている

こんな所に田んぼへ降りれる道があったのか・・・これなら暗くなってからでも車で入れそうだ
早起きと散策は三文の得なのだ

a0041722_22045194.jpg
戻ってみると、まだまだどころか一層霧が厚くなり

a0041722_22045677.jpg
日の出の時間はとうに過ぎている
霧が邪魔をして太陽を遮っているのか、着いた時より暗いほどだ

a0041722_22050304.jpg
しばらく・・・・30分程も車に戻って待機
漸く・・・・・

Sigma 24-105mm F4 DG OS HSM

普段は余り「待機」などせずに、次なるポイントを探してさっさと移動するのだが、この日は待ってみた・・・続くのだ。




by Tome300 | 2017-01-09 22:16 | 四季 | Comments(0)
2017年 01月 01日
Happy new year 2017
あけましておめでとうございます
今年も良い年でありますようお祈り申し上げます

a0041722_00424950.jpg
2017.1.1

毎年恒例の二年参りを済ませてきました。
紅白が終わる頃に家を出て、近所の檀家寺で鐘を撞いて、そのままこれまた近所の神社までありがたい新年の祝詞を頂き帰って参りました。

さぁ一杯飲んで寝るぞ~~!!!


by Tome300 | 2017-01-01 00:47 | 四季 | Comments(8)
2016年 12月 21日
風邪っぴき
なにやら久方振りだのう・・・みたいな感じで、風邪を引いた。
そんな訳で、超久し振りにお医者さんへ行って来た。
熱が38℃とか、吐き気下痢が止まんないとか、咳が酷くてもうこのまま死んじゃうんじゃないかとか、そんな事も無く。
熱は37℃(平熱が35℃台だから一丁前に熱っぽい)、喉が痛くて鼻水ジュルジュル・・・まぁお医者さんに行く程でもないんだけれど
妻から「もう歳なんだからさ、悪くなる前に行って置けば良いじゃない」と諭され、渋々近所のお医者さんへ行って来た。


a0041722_11472648.jpg

a0041722_11473189.jpg
a0041722_11473531.jpg
たまにはセルフポートレート

Sigma 24-105mm F4

朝一にするか、遅めにするか、迷ったけれど、午前の診療の終わり頃を狙って行って見たら殆ど待たずに診て貰えた。
ものの3分、じゃぁお薬出しときますと、お決まりのセリフ(^^;
お薬4種類+うがい薬頂き、初診料含め1,400円。

市販の余り効きそうに無い薬を、高いお金出して買うよりよっぽどマシだなと思った。

しかしだなぁ・・・・今夜は天気良くなりそうなんだよな~・・・・困ったなぁ


by Tome300 | 2016-12-21 11:55 | 四季 | Comments(0)
2016年 12月 17日
ある晴れた朝
今時期は日が昇るのが遅いので、長く寝ていられるからとっても楽なのだ。

a0041722_12215281.jpg

a0041722_12215682.jpg
a0041722_12215970.jpg

a0041722_12220394.jpg
Sigma 24-105mm F4 & 24-35mm F2

たまにはこんな晴れ間もあるんだけれど、昨日の朝は久し振りの雪道渋滞。
いつもなら10~15分程度の道なのに、ず~~~~~~っと10~20km/hの超のろのろ状態で1時間近く掛かっちまった。

まぁ、私は普段通勤ってものが無いので良いんだけど、これからの時期雪が降るたびにこんな思いをする、普通の勤め人さんたちは可哀相だな~・・・


by Tome300 | 2016-12-17 12:29 | 四季 | Comments(0)
2016年 11月 22日
逃げるように

a0041722_21512560.jpg
渡り鳥が行く・・・・って、こっちに向かって来てるじゃん

a0041722_21513114.jpg
御弥彦様と角田の合間に落ちてった

Sigma 24-105mm F4 DG

いや~、今朝の地震は魂消た。
まだ起きるには早過ぎる時間にユラユラと揺さぶられると、えっ??なに?なに?と寝ぼけ頭ながらプチパニックになる。
そして、なんだ地震か・・・・・大した事ないなと、再び眠りにつくのだった(^^;

何はともあれ大きな被害が無くて重畳でした。

↓ ↓ ↓ 注目!! ↓ ↓ ↓ 


OLYMPUSさ~ん、こんなに安くて大丈夫ですか~~??

by Tome300 | 2016-11-22 22:02 | 四季 | Comments(2)
2016年 11月 14日
星空の下
土曜の夜は、予定通り県北までひとっ走りしてみた。
これまた予定通り、イカさんは既にみんなで深場に引越ししたのか?少し前の真冬並みの低温で風邪を引いたのか?ウンともスンとも音沙汰がない。

そしてまた予定通りに良い月が昇って来た・・・

a0041722_21542318.jpg
予定通りに、竿を三脚に持ち替えて

a0041722_21544654.jpg
いつもより荒れ気味の海は、波を白く泡立たせ
シーズン中ならもっと穏やかな時にしか行かないので、こんな風には撮れないのだ

a0041722_21551710.jpg
でも、これ以上荒れると波飛沫掛かり捲くりになるのだ

a0041722_21565685.jpg
風も陸からのダシ風(南東風)だから、波飛沫が風に乗って掛かり捲くりになる事もない

a0041722_21555979.jpg
しかし、そんな事よりイカさんは・・・なんだか、超が付く程に不完全燃焼でシーズンが終わってしまった
また来年のお盆過ぎまで一年間、しっかり仕事して生きて行く張り合いって思うしかないな

a0041722_21572077.jpg
などと思いつつ夜は更け行く

Tokina AT-X 16-28mm F2.8

で、翌日曜の朝も予定通り日の出前から出動し、今年最後のキスちゃんと・・・・遊ぼう・・・・と思ったけど、これまた集団で疎開したようで(;;)
じゃぁハゼだと、なんだか自分でもあまりにも節操のない事をやってるなと思いつつも・・・・臭くて骨っぽくあまり釣れて欲しくないハヤばっかし入れ食いで・・・・
はぁぁ~~~・・・などと長嘆息、帰り際に今シーズン足しげく通った一番近い浜に寄って見た。

既に時刻は昼近く、出しの風もいつの間にか横からの風に変って、これじゃぁ釣れないだろうなと・・・・・釣れた。
30分程で何とか3匹顔を見せてくれたが、いずれもちょっと可愛いサイズなので優しくリリース。
ここで朝からやってればもう少し型も数良かったかも・・・・全てはHigoronookonai??

イカ用もキス用もタックルは、全て洗って片付ける準備完了。



by Tome300 | 2016-11-14 22:20 | 四季 | Comments(0)
2016年 11月 09日
October surprise
先日の奥胎内の帰り、まだ時間も早いしちょっと寄り道してみたが、いつものポイントは既に日が翳ってぼんやりで今一つ。
丁度、日が沈みかけて逆光の中でススキと遊んでいた。

a0041722_17104919.jpg
後姿は妙に腰高で、本当は好きじゃないんだけれど
こんな感じだと腰高感が誤魔化されて、ちょっと格好良いかも(*^^*)

で、親バカ?の様にさして格好良い訳でもない愛車を撮ってると、後ろからドロドロ・・・と、お岩さんじゃなくて・・・アメリカンV8のような低音の排気音が聞こえてきた
まだ遠くだったので、若いヤンキーがオンボロのアメ車で乗って来たのかなと思った
じゃぁツーショットでもと思って、ここら辺かな~と大よそのポジションを決めてふと振り返りと・・・・

a0041722_17105483.jpg
やって来たのはオンボロのアメ車じゃなくて、なんとロータスヨーロッパ!!(サーキットの狼世代の貴方なら知ってますよね?)
呆然として、しばらくカメラを構えるのを忘れていたら行っちゃった・・・・邪魔だぁ~~!オレの車!!(^^;

おまけに普段レリーズ代わりに3秒タイマーしたりしてるもんだから、シャッターが切れた時には遥か彼方にサヨウナラ・・・
もっと良く確認して、無理矢理でも止めて撮らせて貰えば良かったなぁ

Sigma 24-105mm F4 DG

で、町中に戻って夕食の買出しやらした後、再び遭遇!!ここいら辺の人だったんだ~
いつかまた遭遇出来る事を祈る。

んで、October surprise!!
やばいな~トランプさん勝っちまったよ、早くも株価暴落&円高。
これからのアメリカどうなっちゃうんだろ?と言うか大丈夫なのか?そんで、我が日本もどうなっちゃうの?大丈夫なのか?


by Tome300 | 2016-11-09 17:34 | 四季 | Comments(2)
2016年 11月 07日
奥胎内は激混みだった
土曜の午後、奥胎内まで行ってみた。

a0041722_18012000.jpg
確か見頃ではあったけれど、その分これでもかって位に人も多かった

a0041722_18012466.jpg
横位置も捨て切れない

a0041722_18012997.jpg

a0041722_18014281.jpg
a0041722_18013809.jpg
a0041722_18013490.jpg
D750 Sigma 24-105mm F4 DG
E-M5Ⅱ ZD ED50-200mm F2.8-3.5

いつもの様に、スキー場を過ぎた橋の上から一枚・・・・・撮ろうかと、車を止めて降りた・・・・あっちからも、こっちからも車が数珠繋ぎでやって来た。
橋の真ん中に止めちゃったから、それが元でプチ渋滞を引き起こしてしまった(大汗
いつも偉そうな事を書いていながらこの有様だ、とってもとっても恥ずかしかったのだ(滝汗

(言い訳)だってさ~、いつもなら5分や10分止めていたって車などやって来やしないのだ。
幾ら紅葉ピークの土曜とは言え、あれほどの混雑なんて初めての経験で全く想定外なんだよね~
いつもの人の居ない時だって、すれ違いがきつい所とかカーブの近くとかは止めないし、あの胎内川ダムのヘリポートのPが満杯ってどんだけ~・・・・グジグジ(^^;

と言う訳で、えらく顰蹙を浴び(多分)えらい恥ずかしい思いをした割には光線がきつすぎて、見てる分には綺麗だけど写真にすると妙に白けちゃってるみたいな。
やっぱり紅葉は苦手だ~~・・・・と言いながら、また翌日も某所へ行くのであった。


by Tome300 | 2016-11-07 19:26 | 四季 | Comments(2)