カテゴリ:四季( 304 )

2017年 06月 30日
Firefly 2017 Vol.2
いい加減仕事にも倦んで来た・・・と、こないだと同じ事を書いてどうする(^^;
なんかもうどうでも良いや、察してくれよお客さん。

と言う訳で、山の様に積もり重なった仕事なんざ放り投げて、ホタル捕獲作戦追行なのである。
それでも何時ものように18時過ぎまでお仕事して、それから夕飯を食べて出かける辺りは小心者なんだろうなぁ・・・


a0041722_10053332.jpg
まだ19:30を過ぎたばかり、ゆっくりを辺り見回してたらいきなり飛び始めた
慌てて適当にピントを合わせ、7分弱
そこそこ、賑やかなのだ

a0041722_11123698.jpg

一度インターバルで撮り始めると暇なのだ
その間にもうD810もセッティング
かなり暗くなっているので、暗所AF性能に劣るこいつはピントが合わない・・・仕方なく浮かんでいるお月様の力を借りて

やっぱり∞だと前景はぼやっとしてる
でもピントが合っているホタルの光跡の繊細さは、カメラのせいなのか?レンズのせいなのか?

Tamron SP 15-30mm F2.8 
Sigma 24-35mm F2 DG


by Tome300 | 2017-06-30 10:16 | 四季 | Comments(2)
2017年 06月 29日
山毛欅の森解禁 Ⅱ
昨夜辺りは、星もホタルも良さそうな天気だったけれど・・・・
お客様からようやく解放されて、ストレス溜まりまくりになって夜遅く帰ってくると、もうこれから出かけようかなんて気にもなれない。

平日は昼も夜もお仕事に邁進し、週末は海さえ良ければ釣師になり、カメラを携えてなんて暇はないのだ。
でも、昔はそんな状態の平日でも早起きして近場へ撮りに出かけて、そのままちょっとだけ眠い目をこすりながらも仕事していたよなぁ。
単純に気力・体力が衰えたのかな・・・・って気がしなくもないけど、それより眠りにつく時間が年々遅くなってるのが大きな原因のような気がする。

てな訳で、奥胎内の残り物。
a0041722_09350940.jpg
いつ見てもすんごい根っこだよなぁ~と思いながら撮ってしまう
・・・が、今ひとつうまく撮れたためしがない・・・・

a0041722_09351371.jpg
本当は河原まで下りて見たかったが、時間もないし少しだけ覗き見た

a0041722_09351837.jpg
山毛欅の木の根元に銀竜草を発見!!
ちなみにず~っと「ギンリュウソウ」だと思っていたら、「ギンリョウソウ」が正しいらしい。
そうか、竜馬と一緒だな・・・・

a0041722_09352314.jpg
もう少し群生してくれると歓喜なんだが

a0041722_09352787.jpg
古い切り株に出来た洞の中に新しい命が

Sigma 24-105mm DG OS


by Tome300 | 2017-06-29 10:00 | 四季 | Comments(0)
2017年 06月 21日
Firefly 2017
昨日はあちちの真夏日だったので、当然の如くエアコンONなのだ。
いい加減仕事に倦んで来たし、夕食後近所・・・と言ってもお隣の市・・・までホタル撮影に行ってみた。

a0041722_10043898.jpg
日没後も20℃をキープしていたので、もしかしたら乱舞?して呉れやしまいかと・・・

a0041722_10094793.jpg
こっち向きで、この祠を絡めたかったがさっぱり飛んでくれない
遠くにちらちらと1・2匹見えるが近くには気配もない

a0041722_10044180.jpg
諦めてトコトコと50mほど場所移動
ここもさっぱり飛ばないけれど、それでも待ってればたま~に2・3匹フワフワと舞ってくれる
目視では本当にさみしい限りだけれど、50sec×10枚ほどコンポジットすれば(ちょっと寂しいけれど)それなりに絵になる

35mmで撮っているが、それでも画角が広すぎて、明るい空も入りすぎで16:9で切り出してみた

Sigma 24-35mm F2 DG




by Tome300 | 2017-06-21 10:21 | 四季 | Comments(4)
2017年 06月 07日
奥胎内奇行
海は大荒れで釣りは出来ない、空は曇り空でなんだかパッとしない。
もしかしたら、奥胎内への道が通れるようになってるかも?と思い行ってみた・・・・残念!
紀行と書くはずが奇行になっちまった。

a0041722_09355128.jpg
光もないし、靄もなんだか中途半端
川の水も前日当たりの強い雨のためか、濁り気味でいつもより美しくない

a0041722_09355688.jpg
a0041722_09360167.jpg
a0041722_09360682.jpg
なんだか冴えない風景ばかりで余り楽しくない

a0041722_09361221.jpg
いつもの池へ・・・
雪はとうに溶けたし、靄も今更でていない光も無い
レンズを上に向ければ水滴が落ちてくる

a0041722_09361613.jpg
ちょっと汚れているけど、柔らかな光の中で

Sigma 24-105 F4 DG OS
Tamron SP70-300mm F/4-5.6 Di

なんだか不完全燃焼以前の気分で山から下りて帰宅。
再び布団にもぐりこむ・・・・


二度寝の後は

by Tome300 | 2017-06-07 10:06 | 四季 | Comments(2)
2017年 05月 17日
朝もや煙る 2
GWに引き続き、またしても朝の箱岩峠に立ってみた。
先回は遅着だったので、早めに起きて一番乗り・・・・うふふ、誰も居ない。

a0041722_20410120.jpg


うふふ・・・とか思いながらも、ハレーション??フレア?が酷い(;;)
やっぱり安玉だなぁ・・・・
などと思ってたらT師匠到着

a0041722_20415447.jpg
しばらく後にT2号さん到着
皆さん同じ事考えてる

a0041722_20415825.jpg
雲があるせいで光線状態が目まぐるしく変って面白いけど撮りにくい

a0041722_20420608.jpg
モロ逆光なのでAFも怪しい、ピンボケ量産・・・・これなんかも少し怪しい
やっぱり安玉は・・・・

a0041722_20421124.jpg
そろそろ終わりかなって頃に、靄が集まって雲になって流れて行く

Tamron SP70-300mm F/4-5.6




そう言えば

by Tome300 | 2017-05-17 20:49 | 四季 | Comments(2)
2017年 05月 07日
朝もや煙る
今回の連休はず~~っと晴れ、唯一昨日だけ雨だった。
雨が降った翌日は朝もやってのが規定事項なのだ。

a0041722_21452557.jpg
でも、ここの所さっぱり靄が出ず裏切られてばかりいるので、いつもよりちょっと遅めの出撃・・・・あ゛~~!!
太陽さんが昇りすぎてる・・・もっと早く来ればよかった・・・・所謂後の祭りって奴だった

a0041722_21453061.jpg
きっと、誰か来てるだろうと思ったら・・・
新発田の街中徘徊した時のメンバー、T師匠・Kさんと先回は居なかったT2号さんのお三方が既に三脚を据えていた
集合!の約束した訳でもないのに、考える事はみな一緒だなぁっと

a0041722_21453689.jpg
いつも使っている24-105だとちょっと短いので70-300で撮って見たが・・・・今一つ写りが・・・・あぁ・・・・もうちょっと良い望遠が欲しい


a0041722_21455503.jpg
陽も昇り切ったので、下山して別な場所から
ここも良いけど、ブッシュの切れ間から無理矢理撮るしかないのでちょっと不便だが
田んぼの連なり方や、真ん中を流れる川の蛇行具合も悪くない

1・2枚目 Tamron SP70-300mm F/4-5.6
3・4枚目 Sigma 24-105mm F4

さてさて、長い連休も終わった。
今回は貧乏自営業の分際で久し振りに沢山休んだけど、遠出はせず家でゴロゴロしたり近場をウロウロしたり、またゴロゴロしたり買い物行ったりしただけがなんだか結構充実していたなぁっと。
最終日の今日は次男夫婦と村上まで抹茶ソフトを食べに・・・・つつましいなぁ・・・・帰りに4人とも人生初のイチゴ狩りをして来た。
現地で食べ放題ってのも有るけど、流石に今回は採った分だけ量り売りコースにしたが、採りたての越後姫はなまら甘くて美味いのだ。

つつましくも楽しい連休だった・・・・あぁ・・・・明日から仕事だ・・・・・Orz


by Tome300 | 2017-05-07 22:16 | 四季 | Comments(4)
2017年 04月 22日
sakura hira hira
先週末辺り漸く見頃となった桜も、台風じゃないの??って位に凄まじい春の嵐にみんな吹き飛ばされてしまった様だ。
週末には一大イベントが控えているので、余裕を持って仕事を進めて置く必要があり、忙しく名残の桜も撮りに行ってる暇もない。
もっとも天気もパッとせず、無理に撮りに行こうって気は起きないのだけれど・・・

a0041722_23411390.jpg
仕事も何とか目処が付き、少しだけ晴れ間も出そうだし、まだ咲き残ってるだろう胎内まで行ってみた
月の無いのは良いが、月の代わりに雲が湧き撮れる方向はこの方向のみ
向こうからやってくる車のヘッドライトを照明代りに使ってみた

a0041722_23411816.jpg

車がやって来ないと少々暗く、無理に持ち上げると余り綺麗じゃなくなる

a0041722_23412340.jpg
川の反対側に移動して
なんだかやたらと車の通りが激しく、少し気を抜いているとヘッドライトの直射を浴びてしまう

a0041722_23412895.jpg
なかなか良いタイミングでシャッターを切れずに居る内に、雲は更に勢力を増してほぼ全天を覆ってしまった
この後粘っても晴れそうにない予報なので、早々に退散(;;)
夜半近く月の出の前に天の川が昇って来るはずなので、それまで持ってくれないかと淡い望みを抱いて居たけれど・・・・

Sigma 24-35mm F2 DG

日曜日は我が家の一大イベント、次男坊の結婚式なのだ。
本当の身内と限られた友人だけのこじんまりとした式なのだが、それでもやっぱり最後の挨拶で一言喋らなくならん様だ・・・あぁ、まだ何も考えていない(^^;





by Tome300 | 2017-04-22 00:00 | 四季 | Comments(6)
2017年 04月 17日
凄い!!・・・・はず
脳内では、きっと物凄い事になるんじゃなかろうか?と妄想していたのに。

a0041722_08063004.jpg
前日は雨

a0041722_08064280.jpg
当日は朝から晴れ!となれば、朝もやがモヤモヤになるだろうと
おまけに全県に濃霧注意報発令だ
そんな期待と妄想も見事に裏切られ、なんかやけにスッキリした朝だった

a0041722_08064777.jpg
あ~ぁ~と車を走らせていると、局所的にモヤモヤ発見

a0041722_08065171.jpg
まだまだ気温の低い山間はソメイヨシノなど綻びてもいないけれど
可憐な山桜が咲いていた

a0041722_08065601.jpg
人生思うようには行かないよね
って思わせられる朝であった

Sigma 24-105mm F4 DG OS

本当は放射冷却でキッチリと冷え込みモヤモヤがお出ましになってくれる・・・・筈だったが、意外と雲が多く
未明の朝も暖かなくらいだったのが敗因だな。

そして帰って二度寝の後は、買出しがてら近所をドライブ。
まずは加治川の花見と洒落込もう・・・・などと思ったが、滅茶込み、激混みで諦めかけたが、少し離れた場所ならどこでも駐車可能だった。
花見客でごった返しているだろう公園付近より人も少なく、ゆったり散策出来る。
しかし大きな川沿いなせいか、滅茶苦茶風が強く寒いわけでもないが30分程で退散。

まぁ、桜も見たし充実したいつもの怠惰なお休みだった(^^;;


by Tome300 | 2017-04-17 08:31 | 四季 | Comments(0)
2017年 01月 18日
Foot stamp~帰り路
帰り路。


a0041722_20251479.jpg

沢山の足跡

a0041722_20251891.jpg
やっぱり、無理に入れない方がスッキリするみたい

a0041722_20252278.jpg
やっぱり曲がり角からの方が、足跡が錯綜してて面白い

a0041722_20252792.jpg
ひつこく

a0041722_20253583.jpg

さらにひつこく撮って見た

Sigma 24-105mm F4 DG OS HSM

なぁ~~んか暗いなぁ・・・・と思ったら、PL付けっ放しだった。
最近のPLは色が薄くてプロテクター??と間違えてしまう。
透過率も高い分、お値段も高い、ましてや82mmなどと言う大口径なので目ん玉飛び出ちゃう。




by Tome300 | 2017-01-18 20:33 | 四季 | Comments(0)
2017年 01月 14日
久し振りの雪下ろし
いやはや、今までの分を取り返そうと僅か二日ばかりで見事5・60cmも降り積もった。
記憶は定かじゃないが、ここ数年はそこそこの降雪はあるけれど、比較的平均して降っていたように思う。
そんなのに馴れて鈍り腐った体には、一気に降られると非常に困るのだ。

まだ大丈夫だろうけど、これからまだ降るとかって予報なので今の内にと納屋(農作業小屋)の雪下ろしを敢行した。
お陰で手足腰・・・要するに体中が痛い。
雪下ろしばかりではなく、道路への出入り口や玄関先、消雪の水で溶け切らない所やら雪掻き仕事も幾らでもある。

雪下ろしして、通路を確保して、くたくたの状態で昼飯食ったらとてつもなく眠くなってしばらく熟睡。

a0041722_21313157.jpg
目が覚めてもなんだか仕事する気にもなれず、雪も落ち着いたので近所をドライブしてみた

a0041722_21313796.jpg
日こそ差さないが、雲の薄くなったら辺りから太陽の存在が確認出来た

a0041722_21314146.jpg
幾ら雪には慣れているとは言え、一気に降られると物理的に除雪が間に合わず、道路はグダグダなのだ

a0041722_21314679.jpg

母親の実家の辺り
左下に雪帽子を被って見えるのはお墓だ
そうか、ここに私の先祖が眠っているんだなぁなどと思いつつ
あぁ・・・また降ってきた

Tamron SP70-300mm F4-5.6 

冬前に、今年はカマキリの卵が凄く高い所に生みつけられていると聞いていた。
今年は大雪みたいだねと言っていたが、12月に一度積ったきりでその後さっぱり降らずにいた。
なんだ、カマキリの卵伝説も当てにならんなぁなどと思っていたらこれだ・・・・

カマキリの卵伝説恐るべし!!
しかし、一体どうやってその先の積雪具合を予測するんだろう、自然の不思議なのだ。

明日は村の賽の神だ、降った雪はどうしようもないけれど、あまり荒れた天気にならんで欲しいなぁ。



by Tome300 | 2017-01-14 21:50 | 四季 | Comments(2)