カテゴリ:四季( 288 )

2015年 07月 20日
Fly to the Milky Way
台風直前の金曜日、雨風かと危惧していたが・・・・

a0041722_10081520.jpg
望外な天の川
その上を飛び交うホタルたち、今年最後の眼福

a0041722_10082252.jpg
しかしだ、森の中に全くホタルが飛んでいないのも少し寂しい
2値マスクを切って、数枚コンポジットしたものを森の部分だけ比較明合成
しかし・・・・それでも少し物足りないなぁ、どこかから別撮りしたものを貼り付けてやりたい衝動に(^^;
いやいや、そこまでやってしまうと写真じゃなくなる
ついでに言うなら、真っ黒になっている森や棚田の様子もホンノリ出したい

やっぱり作品と言うならば、きちんと薄明の時間から背景用のカットを用意して、それなりの時間を掛けないと・・・・って事ですね

X-T1 SAMYANG12mm F2.0



by Tome300 | 2015-07-20 10:21 | 四季 | Comments(4)
2015年 07月 18日
Jewel in forest
森の宝石だ。


a0041722_10125901.jpg

E-M5Mk2 MZD12-40mm 1:2.8 PRO・・・・時間の記録は取っていないので・・・・う~~んISO1600で20分くらい?LIVECOMP
宝石なんて程には写っていないが、私には十分だ



a0041722_10085871.jpg
X-T1 XF23mm f1.4R  ISO3200-30secで15分
同じ場所で少し角度を変えて同時刻に・・・当然写っているのは同じ個体だ

今回M5の方はISO1600の30秒露光でLIVECOMPして見たのだが、殆ど暗闇に近い状態なので背景の草や木々は当然ながら真っ黒に潰れている。
光跡の方は現像段階で多少露出を上げる位で浮き出てくるのだが、背景の色やデティールを少しでも出そうとするとかなり極端な補正をする事になる。
そうなると豆粒素子と揶揄されている4/3、暗部ノイズもどうしようもない位に出てしまう。
ノイズ低減を掛けると、こんどはモヤモヤで全く冴えない絵になってしまう。

そんな訳で、今回は殆ど真っ黒なままにして見た。
もちろん早い時間帯からスタンバって、薄明の背景用を撮ってそれにコンポジットして行けば良いのだろうが、どこで飛ぶか分からん気まぐれなホタルたち、それを初めて行く場所で決め打ちするのは難しい。

せめてLIVECOMP時にISO3200まで上げられれば、多少なりとも改善出来るようにも思えるが・・・
なんだか縛りがあるようで、LIVECOMP時にはISO1600までしか上げられない仕様になっているのだ。
露光時間は60secまで上げられる様なので、露光時間を延ばしてみるか?LIVECOMPに頼らず、昔ながらの連写で後でコンポジットするか・・・来年の課題だな。

と、UPする前にそう言えば単写でISO3200で撮った画像を現像してみた・・・やっぱ、今一。
4/3の限界なのかな・・・・(;;)




by Tome300 | 2015-07-18 11:16 | 四季 | Comments(2)
2015年 07月 16日
Sanctuary
どうにも我慢ならずに、台風が来る前に、時期が終わる前にSanctuaryに侵入して来た

Sanctuaryと思しき場所で待ち構えるが、ゲンジやヘイケさえ稀にしか飛ばない
あちこちウロウロして見るが、ごく稀にそれらしき発光が見える・・・・様な気がするが、幻視の様な気もする
諦めかけて帰ろうかと思ったが思い直して、少し離れた場所まで暗闇の林道を歩いてみた

a0041722_10395375.jpg
E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1.28 PRO

居た!!と言うか目の前でチカチカとフラッシュしながら、ゲンジともヘイケとも明らかに違うホタルが結構な速度で移動して行く
なんだか呆然としてしまい、三脚を肩に担いだまましばらく固まっていた
で、思い出したように慌てて三脚を据えて撮ったのがこの一枚

ISO1600で20秒露光中19回点滅
左手前から右奥へ遠ざかって行ったので、露光中に写っていない点滅もあるだろうから周期的に1秒/回以下だ

目の前の少し高い場所にある、小さな棚田をみると結構あちこちで飛んでいるのが見えた
但し殆どがゲンジとヘイケの様だ

a0041722_10393923.jpg
X-T1 XF23mm F1.4R

ただのホタルじゃねぇか・・・・と言われると、確かに殆どがゲンジとヘイケなのだが
かすかにそれらしき者が写っている?様な気もする?残念ながら、初めての私には特定する術は無い



a0041722_10394214.jpg

X-T1 XF23mm F1.4R

10m以上もあるような杉の木の天辺付近に集中して集まるホタルたち
様々な所でホタルの写真を撮っていると、結構高いところまで飛ぶんだなぁと思う事もあるけれど
これほど高い場所に密集する様は始めて見た、ここの杉の木には甘露水でも湧き出ているのだろうか?

a0041722_10400289.jpg


a0041722_10400739.jpg

E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1.28 PRO

立ち位置のせいもあるけれど、ここのホタルたちは高く飛ぶのが好きなようだ
本当は背後の森林の中に納まってくれれば、マスクを掛けて星を流さずに見せる事も出来るが、こんなに空の部分に集中されるとマスクの切り様が無い(^^;

ここのホタルたち結構宵っ張りの様で、普通なら21時を過ぎるとさっぱり飛ばなくなるのだがいつまでも飛んでる
ついつい、これで止めよう止めようと思いつつ22時過ぎまで撮影してしまった・・・・もっともここへ辿り着いたのが21時近くだったのでまだまだ物足りないだが(^^;

この場所は同じ市内のsatoさんと言う熱烈なホタル愛好家の方が、連夜歩き回って物凄くご苦労されて発見された場所だ。
当然詳細な場所の情報などは明らかにされていないが、何とかここら辺じゃないかな?と特攻して見た結果何とか辿り着く事が出来た。

意地悪で隠す訳では無いけれど、人様の発見された場所を簡単に特定出来るような事を書く訳には行かないので、今回の記事中に一切のヒントになるような情報は書いておりません・・・あしからず。

最後に、ご苦労して発見されたにも拘らず優しいヒントを残してくださった、そして勝手に侵入した事を快くお許ししてくださった、satoさんに感謝!!
もう終わりだね・・って話だけれど明晩辺りまた走ってしまいそうな自分が怖い(^^;




by Tome300 | 2015-07-16 11:54 | 四季 | Comments(6)
2015年 06月 24日
蛍の川
先日の続きと言うか、中間と言うべきか。

a0041722_23384117.jpg
やっぱり、ここは沢山飛ぶなぁ・・・・
実際は、あっちでチカチカこっちでチカチカなんだけど、15分も開けてるとウジャウジャに見えてしまう
もう少し奥で撮りたいけど、今時期は草の背丈高くなって良いポジションが無い


a0041722_23384549.jpg
先日の一枚目と同じ場所から、少し角度を変えて
流石に飽きてきたので(^^;少し短め似して見たが、これくらいがちょうど宜しいのも?

E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1:2.8 PRO


by Tome300 | 2015-06-24 23:51 | 四季 | Comments(0)
2015年 06月 22日
夏至
あ~、なんてこった・・・・いつまでも日が落ちない。
そうだった、今日は一年で一番昼が長い日だった!




a0041722_23101781.jpg
道理で8時を過ぎても、まだ薄明るい
本日の一発目の釣果?、暇な方は何匹居るか数えてみて下さい・・・昨日のは99匹でしたが

a0041722_22381509.jpg
ピークを過ぎた9時過ぎ、流石に歩いている人はもう居ない
8時すぎからは人ばっかしでここでは撮れない、みんな帰って静まり返った頃・・・帰り際のラスト一枚

E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1:2.8 PRO

LIVECOMPはホタル撮りにもすこぶる便利だ。
おおよその写り具合がモニターで目視出来るのは非常にありがたい。
しかし欠点もある、露光中に車などのライトが一枚でも入り込めばオジャン!
今夜も飛翔地まで入り込んでいた車が居たので、ライトで照らされる直前にストップ!周りの状況をよ~く見ながら気が抜けないのである。
そして・・・・すこぶる暇だ・・・・たまに写り具合を確認するのにモニターを見るくらいで、本当に暇なのだ(^^;;

一枚目は本日の一発目、流石にまだ飛び方が控えめ・・・13分位?だったかな~車が来なければもう少し長く回して居たかったのに!!
二枚目は本文の通り帰り際のラスト一枚、もうピークを過ぎた頃・・・11分位だったか・・な?

そうなのよ、LIVECOMPで撮ったデータをACRで見ても合計時間が表示されず、耄碌しかけた脳みそは何分だったか記憶があやふやなのだ。
EXIF見れば分かるんだろうか?純正ソフトで開けば表示されるのかな・・・まぁ結果が全てなんで大した問題では無いのだけれど。


by Tome300 | 2015-06-22 23:06 | 四季 | Comments(4)
2015年 05月 30日
地上のステンドグラス
何度も、何度も、な~~んども・・・・いつまで続くの今時期限定(^^;

a0041722_15255703.jpg


高い所からだと空の色がそのまんまに写るんだ・・・・

E-M5Ⅱ MZD12-40mm 1:2.8 PRO

a0041722_15260622.jpg
a0041722_15260950.jpg
樽口峠から飯豊を望む
いつ来ても雲とお月様・・・相性最悪なのかも知れない



by Tome300 | 2015-05-30 15:31 | 四季 | Comments(4)
2015年 05月 17日
田植えの頃

正確に言うと田植えが終わった直後か?
何だか、一番優しい気持ちでシャッターを切ってる時期かもしれない。

a0041722_22375151.jpg

a0041722_22375520.jpg
日は差していないけれど、上空には青い空


a0041722_22375828.jpg
深い深い緑

a0041722_22380369.jpg
少しだけ彩る、優しい花たち

a0041722_22380908.jpg
田植えを終えたばかりの畦道をテクテクと・・・実は長靴なのでガホガホなのかも知れない・・・歩きながらシャッターを切っていると、車があんな遠くに


a0041722_22381530.jpg
少し移動して再び畦道を歩いていると「オメさんなに撮ってんだね~?」と、立ち話をしていた二人のじいちゃん

a0041722_22382064.jpg

適当に答えて、珍しく結構長々と立ち話をした


a0041722_22383196.jpg
a0041722_22383574.jpg
燃える男の~赤いトラクター・・・なのだ

a0041722_22383868.jpg
山間の村ではどこも動物たちの食害で悩まされている
これも一つの対応策
実際どれ位のショックがあるのか確かめてみようかと思ったけれど、怖いのでやめた

a0041722_22384208.jpg
帰り道、道路の真ん中を我が物顔で群れを成して・・・・我が物顔って言うけど、実は元々誰のものでもない、このサル達でもないし、熊でもない
ましてや人間たちでもない

a0041722_22384544.jpg
我が物顔で荒らし回っているのは、実は我々人間たちの方なのかも・・・・




実は、この子のものなのだ

by Tome300 | 2015-05-17 23:06 | 四季 | Comments(6)
2015年 05月 06日
SAKURA Road
まぁ~だ、桜で引っ張るんかいな・・・などと言うなかれ。
なにもソメイヨシノの満開だけが桜じゃないのだ。

a0041722_20042334.jpg
毎年、今時期出現するSAKURA Road
少し予測を誤ると、まださっぱりSAKURA Roadになってなかったり、グジャグジャになっていたりで上手く出会えないのだ

a0041722_20042770.jpg
朝もはよから眠い目をこすりながら行かないと一番乗り出来ない
本当は歩きながら撮りたいのだけれど、薄っすらとタイヤ痕もスパイスって事で・・・・実は結構な上り坂で、朝一にこんな坂を上ったら間違いなく貧血でぶっ倒れる軟弱者なのでご勘弁を

a0041722_20043284.jpg
遅い時間になると誰かが腰掛けているベンチも、朝はまだカラスたちの遊び場になっている


a0041722_20043609.jpg

a0041722_20044759.jpg
2番目にご到着は私より年配のご夫婦
何だか見た事の無い車で登場だ・・・・TESLAと言うEVらしい
HVやPHVではなく、完全なEV、それも航続距離400km以上!!某社の200kmしか走れないEVとは訳が違うのだ
しかし、お値段の方も訳が違うのだ(^^;


a0041722_20045248.jpg
a0041722_20045688.jpg


a0041722_20045966.jpg



a0041722_20044063.jpg

初めて見たので、どんな車かなど知るはずも無く、エンジン音も無く静々と降りていく様子でHVだと思っていた
もうちょっと良く見て、バシバシと撮らせて貰えば良かった・・・と
そして、激しく羨ましく・・・こんな車に妻を乗せて旅行に連れて行って上げたいなぁ

何時かは・・・・まぁ、次の車は釣りのために軽の1Boxにしようかなどと目論んでいる亭主なので、何時かはなどはありえないけど(^^;;



by Tome300 | 2015-05-06 20:33 | 四季 | Comments(6)
2015年 01月 22日
祈り火
毎年恒例の賽の神。

朝から作って昼前に作り終える。

a0041722_23345217.jpg

毎年、設計者や工事監督が一定じゃないのでサイズや強度がまちまちなのだ

a0041722_23345448.jpg

燃え始めは良い感じだったけれど


a0041722_23345752.jpg

あっと言う間に燃え広がってしまった
本当は中からじわじわと燃えて、外の藁とばは最後に燃え落ちるのが最上なのだ・・・らしい

a0041722_23350084.jpg
天辺の幣帛(へいはく)や、中の竹が生焼けのまま残った
骨になる中の竹も倒れず・・・・吉兆なのか?という事にしておこう(^^;;

a0041722_23350400.jpg
そして、餅やスルメを炙るのだ・・・・
肴は炙ったイカが最高なのである

しかし、子供の数が本当に少ない。
小・中学校生合わせても5・6人しかいないらしい。
私の子供たちがその年頃だった当事は軽く20人は超えていたと思う・・・僅か5・6年前の事だ。

私や子供たちが通った小学校も児童数が少なく、一学年に一桁とかの学年もあるらしい。
わが国、日本・・・これからどうなるのだろう。


by Tome300 | 2015-01-22 23:49 | 四季 | Comments(4)
2014年 12月 13日
行き止まり
↓の記事の場所(剣竜峡)の雪景色と思って行って見た。


a0041722_13162836.jpg

途中までは、お~きちんと除雪してるじゃん!??と思いながら車を進めると・・・・が~~ん、いきなり終わった
30分くらい汗をかけば雪の山を排除出来そうな気もするが、その先も意外と積もっていて亀の子必至っぽい

a0041722_13163024.jpg
最後まで除雪しとけよな~
つまんね~・・・と思いながら、近くの小さな沢でプチ雪景色


a0041722_13163338.jpg


a0041722_13163582.jpg

あぁ~来るんじゃなかった・・・・

明日は何処へ行こう・・・・


明日は

by Tome300 | 2014-12-13 13:25 | 四季 | Comments(2)