カテゴリ:その他( 217 )

2015年 04月 06日
仏閣徘徊
かな~~り前だ、久し振りに妾宅から程近い少しだけ有名なお寺をぶらついてみた。
なんたって端境期は撮る物が無いのだ、桜などまだまだ、梅や水芭蕉さえまだ早い。
海っ端の掘っ立て小屋ばっかし撮ってるのも芸が無い・・・・

まだ、名実ともにジジイになるの早いと思いつつも、少しだけジジ臭く。


a0041722_22584933.jpg

a0041722_08103593.jpg

a0041722_08103741.jpg

a0041722_08104102.jpg

a0041722_08104471.jpg

a0041722_08104799.jpg

a0041722_08105093.jpg
一晩寝て起きたら、漸く画像がアップ出来るようになっていた
面倒なのでずらずらと並べるだけ・・・


昨夜の悶絶をそのまま残しておく ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

でだ、写真をUPしようと思ったけどエキサイト君の調子が悪い・・・昨夜もそうだった。
毎月何百円だか払っているのだから、せめてサクサク動くようになってくれや・・・・

アンケートにご協力をとあったので

「毎月課金しているのだから、せめて時間帯に関係なくサクサク動いて欲しい。
毎晩毎晩、クソ重たくなるのはどう言う事なんだろう?
いい加減にして欲しい。」

と書いて置いた。

と言う事で、とりあえず駄文だけ。



by Tome300 | 2015-04-06 23:01 | その他 | Comments(4)
2015年 04月 06日
Rain in the salmon Ⅱ
昨日は雨の中、サケ漁をしてい・・・・る筈は無く、村のクリーン作戦で空き缶拾いだった。
私は、その後の神事の準備のお役目だったので、雨に濡れず室内でお茶飲みながらマッタリで風邪引く事も無く。

a0041722_23285868.jpg

これって、どう見ても土鍋だよね・・・


a0041722_23290996.jpg
再び「鮭の雨」なのだ


a0041722_23291580.jpg
どアップでも見てみたいでしょ?


a0041722_23292059.jpg
すげぇ~としか言い様の無いお雛様


a0041722_23293151.jpg
ただの樽じゃないのだ、この樽の中には・・・・


a0041722_23293631.jpg
鮭とかを入れて置く樽だろうから、ちょっと生臭くはないのか?
鼻の穴は開いていない様だから匂いは分からんか?

a0041722_23294268.jpg
空襲警報の札もノスタルジックかも知れないが、このFケーブルの方が・・・・ノスタルジーなのだ
でも素人に毛の生えたような這わせ方は、どうにかならんもんなのか?

a0041722_23294528.jpg
ここにぶら下がっているのは、全て♂の鮭
こんな風に鼻っ面が曲がっているのは、川に遡上してから獲られた鮭
海で獲られた鮭だと、こんな風に鼻は曲がっていない
どっちが美味しいかと言うと、こんな風に鼻の曲がった奴の方が油が落ちて美味しいらしい




by Tome300 | 2015-04-06 08:51 | その他 | Comments(2)
2015年 03月 30日
覗き込んで、目に付いた物を Vol.2
Vol.1があったからVol.2も当然あるはずだったが、UPするのを忘れてた~~~

a0041722_22040251.jpg
a0041722_22040668.jpg

a0041722_22040802.jpg


a0041722_22041131.jpg

a0041722_22041479.jpg

a0041722_22041839.jpg

a0041722_22042156.jpg

a0041722_22042459.jpg
     

E-M5Ⅱは撮っていてとっても楽しい。
レリーズのフィーリングがⅠとは別物だ、しごく静かでタッチも軽い柔らかい、ショックも少ない。
音で表すと「シュッキン!」と、耳を澄まして居て漸く言葉に出来るほど小さな音だ。
この感触が堪らずにこの音が聞きたくて、一生懸命にボツ写真を量産しているのだ。
星撮り用にⅠとトレードでもう一台欲しいくらい・・・・でもおんなじカメラを2台持つ趣味はない。

近々、使途自由のお金が入るのでなにを買うか迷いは尽きない。
順当に考えれば50-200を40-150に入れ替えるのがベターなんだろうけど、50-200の写り大好きだし動き物は撮らないのでMFで十分なのだ・・・・ちっと重いけど。
夏頃に出ると言う、超広角コンビ・・・7-14mmF2.8!!8mmF1.8!!どっちも楽しそうだ。
でも過去に超広角と言われるレンズを使った結果、ここまで必要ないかな・・・・ボディキャップレンズなんてさっぱり使っていない。

いっその事、最近さっぱり使っていないDP-M3兄弟を丸ごと売り払ってすっきりした所で、別マウントに行っちゃうか~
今更、再びレフ機に手を出すつもりは更々無い、そうなると・・・・SONYのフルサイズって奴を一丁行って見ますか。

しかし、基本SONYは嫌いなのだ、都市伝説とか偶々でしょと言われているSONYTIMERに数度痛い目に遭っているのだ。
きっちりと保障期間(大抵1年)を過ぎたあたりにきっちりと壊れてくれるのだ(でもテレビだけはなぜかSONYなのだ、今の所順調だ(^^;)
となると、CANON/NIKONのミラーレスは対象外だし残るはFUJIか?

実は一番最初に買ったデジカメ35万画素!!(350万画素じゃないよ)はFUJIだった。
その後何台か経て、望遠付きのコンデジもFUJIだった・・・たしか200万画素くらいだと思ったけど、A4プリント位だったら結構きれいだったなぁ。
そして今も現役お仕事と釣りの時のメモカメラ、FINEPIX F200EXR・・・これの写りは未だ現役で使えると思う(と言いながら最近はご他聞に漏れずスマホばっかりだけど)。
X-T1辺りどうなんだろ?レンズキットなら予算内でなんとなりそうだし・・でもなぁFUJIのレンズ高いからなぁ、AFも怪しいって話もあるし。


う~ん、やっぱり最近更新していない投げ竿にしよう!!・・・最近の投げ竿事情もさっぱり分かっていないけど(^^;;
まだまだ、結論は出さず楽しく悩むのだ。



by Tome300 | 2015-03-30 22:54 | その他 | Comments(2)
2015年 03月 29日
Rain in the salmon Ⅰ
なにも雨の中、鮭釣りをしたって話じゃない。

a0041722_22310842.jpg
村上は鮭で有名な喜っ川さんに鮭を眺めに行って来たのだ


a0041722_22311426.jpg
店の入り口にはなぜか?Bigben(ロンドンタクシー・・・なんと、エンジンは日産製のディーゼルエンジンなのだ!!)
そして私なぞ見た覚えも無いような古いチャリ

a0041722_22311837.jpg
しかしこの暖簾相当古びているな・・・・そろそろ、替えた方が良さそうな気もする

a0041722_22312196.jpg
お店に入ると・・・・なんと佐渡でもお会いした吉永さんが
さっそく店の前で一枚撮らせて頂く

a0041722_22312498.jpg
すんません、くれぐれも真に受けない様お願いいたします

a0041722_22312836.jpg
いつ見ても壮観だ

a0041722_22313190.jpg

Rain in the salmonなのだ

a0041722_22313434.jpg
裸電球に照らされて


a0041722_22313942.jpg
つ・・・To be continued


by Tome300 | 2015-03-29 22:40 | その他 | Comments(6)
2015年 03月 26日
旅立ち
去る3/5、次男坊の卒業式だった。
なんだか良く分からんけど、「卒業生代表で答辞」のお役目を頂いたので妻から写真に納めろとの命が下り、久し振りにネクタイ・ジャケットなど・・・・あ~、ホント冠婚葬祭以外じゃ久し振りだな・・・・を着込んで出掛けてきた。

a0041722_11392186.jpg
式が終わった後、数少ない男子の友人たち・・・女子主体の学校なので、男子はこれだけだ。
本当は答辞も成績などで女子がやって来たのだが、今回はなぜか?送辞も答辞も男子にして見ようと言う話になったらしく、決して成績優秀なので選ばれた訳ではないので念のため。

勤め先も決まっていたので直ぐにでもUPしても良かったのだけれど、肝心の国家資格試験の発表が昨日やっと漸くだったのだ。
試験前は過去問やらで、結構いい点数は取れていたらしいので安心していたのだが、いざ本試験の時は何だか妙に難しかったらしく・・・かなり微妙にギリギリかも・・・などと言い始め、私ら夫婦も一月余り微妙に不安な日々を送っていたのだ。

まぁ、でもなんとか合格!!!わっはっは!!
良いんだ勝てば官軍!!、受かってしまえば、ギリギリだろうが満点だろうが関係ないのだ(^^;;;
と言うことで、来月から無事に社会人!私ら親の役目も卒業なのだ!!やっと脛かじりから開放なのだわっはっは!!



by Tome300 | 2015-03-26 12:17 | その他 | Comments(4)
2015年 03月 09日
はじめてのC-AF-TRモード
昨日は夜のLIVECOMPと、昼間のなんちゃって鉄撮りでTRモードを使ってみたり初めてづくしでした。

a0041722_22362728.jpg
以前から気になっていた、海を見下ろせる場所
真下には線路が・・・・来ないかな~・・・・などと暫し待機

a0041722_22362958.jpg

キター!!!
なんて事はなく、綿密に時刻表を調べ(iphoneで調べただけ・・・こんな時は便利に使ってます)待ち構えていたのだ

a0041722_22363224.jpg

a0041722_22363685.jpg
a0041722_22363916.jpg
少しでも早いSSで撮りたかったので珍しくISO200に戻して、AFも初めてのC-AFのTRモードを使ってみた
連写Lでパシャパシャしたのだが、この3枚の間で10枚全部がきちんとジャスピンなのだ

a0041722_22470036.jpg

行った~~~
今時のカメラなら当たり前の芸当なのかも知れないけれど、こんな場所だからスピードもゆっくり目ではあるけれど、技術の進歩ってすごいですね~






あいえすお~さんぜんにひゃく

by Tome300 | 2015-03-09 23:01 | その他 | Comments(2)
2015年 01月 04日
突発的鉄っちゃんになる  其の壱
元旦は村の新年会。
2日は元旦よりメデタイ私の誕生日・・・ゆっくり起きてマッタリ過ごし。
3日ともなればもうマッタリなど飽きて来て、夜明けとともに沿岸警備隊に勤しむのであった。

a0041722_21430402.jpg

いつもの港に雪景色をと思い走っていると、鉄道用の信号が緑色に点灯!!
キタキタキタキタキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!

a0041722_21430626.jpg
a0041722_21431051.jpg


行った~~~!!!
二両編成!!渋いね(^^;;


by Tome300 | 2015-01-04 21:48 | その他 | Comments(2)
2014年 11月 10日
古町散歩 其の壱
久しぶりに新潟の街中を歩いてみた。

妻が仕事用のスーツ(その他)を買いたいから「三越」付き合ってと・・・・
妻は私より少しだけ育ちがよろしいからなのか、ちょっと良い物って時は「三越」御用達になるのだ。
ワタシャ田舎のドン百姓の倅なので、三越・・・??デパートって言えば大和でしょの口なのだ。

そんな訳で妻の買い物の間、一人で柾谷小路からシモへ向けてぶらぶらと散歩してみた。

a0041722_23284950.jpg


西堀を渡って古町へ
さすが大都会!変った服装の人が多い・・・・思わず撮ってしまった


a0041722_23311531.jpg


昔から思っていたけど何でこんな小路が多いんだろ?
それも大抵自転車が数台置いて(放置)ある


a0041722_23325699.jpg


いきなりパトカー
警官が三人、ちょっとそっち系(どっち系だ?)のおっさんを身体検査していた。
されていたおっさん、パッと見悪い人じゃ無さそうだけど・・・・なぜかニコニコしていた、さすが大都会だ不思議な光景
何も悪い事はしていない筈だけど、思わずカメラをこっそり隠してしまう

a0041722_23361118.jpg


ぶれてます

a0041722_23365586.jpg


やっぱりブレてます
もう午後も遅い時間だから仕方ないのだ
さすがに三脚担いで歩きたくはなかった

a0041722_23382460.jpg


物凄くブレ捲くりです
でも、怪しいばぁちゃんが暗い所へ消えて行く様は、ホントに怪しかったので載せて見た
そのばぁちゃん、私を繁々と怪しいなぁって顔で見ていた・・・

古町から、西堀へ出た所で妻より入電

留「今さぁ西堀をず~~~っとシモのほうに来たトコにいるんで、こっちまで来てくれる」

妻「え、西堀って何処だっけ?」

「いや・・だから、来る時通ってきたじゃん、白山前から曲がってさ」

「あぁ~あれが西堀だっけ・・・じゃぁそこを白山様のほうに行けば良いんだね?」

「・・・・・あのな~白山様の方じゃなくて、海っ端!!海に向かって来るんでしょ!」

しかし、うちの奥さん大丈夫なんだろうか?
その昔、若かりし頃は市内に住んでて、私なんぞよりはるかに多くここいら辺で遊んでた筈なんだけど・・
そろそろ、ボケが始まったかな・・・天然ボケに加えて老人ボケも加わったらどうなってしまうのだろう・・・

by Tome300 | 2014-11-10 23:55 | その他 | Comments(2)
2014年 10月 01日
ジジイ・ババアは運転スンナ!!!(怒)
とまでは言わんが、もう少し己の判断力・身体能力・ボケを考慮して自重なりして欲しい。
と、まぁいきなり各方面から顰蹙を浴びてしまいそうなタイトルだが、憤っているのだ、怒っているのだ、心臓が飛び出しそうだったのだ・・・

昨日、通り慣れた道をいつものように運転していた。
私が本線・直進、そのジジイは左側の細い脇道・勿論止まれ、多少の草が生えているが見通しは問題ない。
そのジジイの車を発見した時、なぁ~~んか嫌な予感がしたんだ。
スピードを押えつつ、かなり中央線に寄って・・・・あ゛~~~!!やっぱり来やがった!!!
ワタシャ、ブレーキ踏みつつ、反対車線まで飛び出して何とかかわしましたよ。

何のお告げか、あのイヤ~な感じを感じてなかったら、普通に運転してて確実にぶつかってただろうな・・・・

一時停止もせずにフラフラと出て来やがったジジイも、口をあんぐり開けてびっくりして見たいだけど、あまりに予想通りだったこっちも心臓バクバクだわ。
文句の一つもぶちかましたろうかと、車を止めかけたが・・・・あのジジイも決してわざとじゃなかろうし、これに懲りて少しは真っ当な運転を心掛けるだろう(多分?)と思い直してそのまま立ち去った。


a0041722_16084170.jpg

a0041722_16084591.jpg

記事の内容と写真は全く関連性はありません。

昨日の事だけだったら、多分ここにこんな事は書かなかっただろうと思う。
私は自営業なので通勤時間帯に運転する事は殆ど無い、運転するのは早くても通勤地獄の終わった時間帯だ。
その頃になると、朝の連続テレビ小説やら朝のワイドショーを見終えたジジババがワラワラと沸いてくるのだ。

そして私の前をゆっくりと制限速度以下であっちフラフラ、こっちフラフラしながら走るのだ。
せめて真っ直ぐ走ってくれれば、抜ける所でさっさと抜くので何も文句は無いのだが、なにせ対向車にクラクションを鳴らされてやっと気付く位にあちこちフラフラするから怖くて抜けやしない。
まぁ年寄りだから仕方ないでしょ・・・とは思うけど、良く良く運転してるジジイを見ていると、なぜかあっちキョロキョロ、こっちキョロキョロと半分以上横を見ながら運転しているのだ。
そして、それがババアの場合は友達のババアが横に乗っていて、相手をチョコチョコ見ながらババアトークしながら運転しているなんてことが多いのだ。

統計を見てみると、高齢者が交通事故に関わる比率が年々多くなっている、それも加害者になる比率もだ。
そりゃ、あんな運転してれば加害者になっちゃうわな・・・・・そして、そんな事を自覚出来なくなるのがジジイババアなんだろうな。
いっそ、有る年齢になったら免許の更新時に強制的に試験を受けさせて「危険と思われる」ジジババには更新させない位の対応が・・・・・

しかし、現実問題として公共交通が充足している都市部ならまだしも、車以外に少し遠くへ出掛ける手段のない私の住んでる田舎のような環境だと、嫌でも車に頼らざるを得ない。
昔なら自転車程度で行ける距離に食料品店や雑貨屋の一つ二つはあったのだが、今時の田舎にはそんな物は少ないのだ。
子供と同居しているなら買い物や用事は頼めもするだろうが、年寄りだけの家庭は自ら出掛けなければならない・・・・そんな事も無く、大した用事も無くフラフラ出歩いているジジババも多いのは事実だけど(^^;;・・・そんな年寄りから車を奪ったら死活問題に近いのだ。
田舎の行政はコミニュティバスやら無料パスやら対応もしているけど、そんなもん結局は不便なのだ、自分でよろよろと運転して行った方が早いし便利なのだ。

こんな事を書いている私も、後何年かすれば名実ともにジジイと呼ばれる様になるだろう。
その時はどうしているんだろう?あんまり人様に迷惑にならんように運転していたいと思う。






by Tome300 | 2014-10-01 17:14 | その他 | Comments(9)
2014年 09月 23日
上海帰りの・・・・
リルならぬ、結婚式帰りの留でございます。
そんな奴は知らねぇな・・・なんて事は言わずに、ハマのキャバレーに居たとの噂もございますし。

a0041722_21300800.jpg
披露宴が15時からお開きが18時、流石に寄る年波とか言う奴で、最後はウーロン茶を頂いておりました。
会場が新潟市内の西方面だったので我が家の近くの親戚宅まで約一時間、再び親戚宅で飲み直し・・・・先ほど帰ってまいりました(^^;;

昨日の夕方、天気も良いし長男次男はお宅ソングを歌いに二人でカラオケに、妻は可愛い長男にあれこれ食べさせる為に忙しいし、一人で海に出て暮れ行く夕日を撮るつもりが、丁度竿も車に積んであるしで・・・ついついチョイと竿なんぞ出して見ましたがサッパリ相手にされず、再びカメラに持ち替えてのプチ夕日撮影。

いつもこの時間海に居る時は一心不乱にイカちゃんと対峙しているので「あぁ~綺麗な夕日だな・・・」と思いつつも写真など撮る気も無く。
超々久しぶりの夕日写真。


by Tome300 | 2014-09-23 22:16 | その他 | Comments(6)