<   2006年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2006年 11月 29日
このまま越冬
少しの風が吹けば、あっと言う間に舞い上がりそのまま地面へ落ちて落ち葉になって雪の下に埋もれてしまうのか
このまま、幹の間に収まって冬を越せるのか・・・・などと、殆ど意味の無い事を考えて


a0041722_11385643.jpg



E-300  ZD14-54mm

名残の紅葉

by Tome300 | 2006-11-29 11:48 | 四季 | Comments(6)
2006年 11月 27日
星空の下に眠る白鳥達
朝5時・・・・最近寝不足が続いているので、一度起き上がって見るが再び蒲団に潜り込む
まだ意識のある内に、気合で蒲団を跳ね除けて、少しだけ身震いしながら服を着替える

コンビニで仕入れたコーンスープでお腹を暖めてから車降りると、日の出の方角は殆ど雲は出ていない
かなり着込んで来たつもりだが、背中から冷気が這い上がってくる
車載の外気温計は・・・・0.5度!!どおりで、辺りがやけに白っぽい訳だ、枯れ草や枯葉にはびっしりと霜が下りている

東の空はまだ暗いままだ、手早く三脚とカメラをセットして・・・当然やっぱりAFなど役に立たない
さすがに朝が近い所為で星の数も少ない

a0041722_014648.jpg



でも、この青さはこの位の時間じゃないと出てくれない・・・らしい(^^;;
東の空が少しずつ明るくなって来る前の、ホンの短時間の青・・・

E-300 ZD14-54mm

by Tome300 | 2006-11-27 00:18 | sora | Comments(8)
2006年 11月 25日
ファインダー越しの青い空
今日は久しぶりにマッタリ出来るかなぁ~・・・と思っていたら、お客さんから急遽呼び出し

どれ位懸かりますかね~??・・・・一日じゃちょっと無理っぽいかな??
なんとか月曜の朝一でデータ欲しいんだけど・・・・・今日は土曜日、土日と仕事しろって事ですかね~??(^^;;;;

まぁ、でも何時も通り3割り増し位に答えてるから、帰り道の福島潟でマッタリと葦原の中で遊んできました。

車を止めた道路から少し歩いただけで、私の背より高い葦に囲まれた径に出る事が出来る
幅は1m程しかないが、踏み固められているので歩くのに支障は無い


a0041722_1951628.jpg



丁度、お昼位だが初冬の陽は既に西に傾き掛けている


a0041722_1984585.jpg



10mも離れていないはずだが、全く見通せない水辺から鳥たちが騒ぐ鳴き声が聞こえる
時々茂みの中からもガサゴソと音がする
山の中なら、また”熊??!!”かと、ビビってしまうのだがこんな所に熊は間違ってもいない
何か小動物が居るのだろう・・・雪が降ると葦原へと消えて行く足跡の主たち

a0041722_1914637.jpg


物凄く天気が良くて、久しぶりに晴天!!と言えるお天気だった。

順光や逆光で青空を撮っていて思うのだが、ファインダー越しに見た青空と、肉眼で見たそれは明らかに色が違ってる様に思える。
私のE-300はコダックブルーなどと言われている様に、かなり独特の青空の色を描写する。
それはコダック製の素子や内部の処理エンジンの所為と言われているが、どうもそればかりでも無い様な気がする。
当然レンズのコーテングでも色が変わってくるのだろうが、それの影響も大きい様に思う。

E-300  ZD14-54mm

by Tome300 | 2006-11-25 19:27 | sora | Comments(8)
2006年 11月 21日
夜明け前
周りはまだ真っ暗で、陽の昇る方向だけがかすかに明るくなりつつあるが
濃すぎる靄で、周りは何も見えない・・・昇ったばかりの月だけが見える

今ならまだ月がフレームに収まる

a0041722_22135960.jpg


当然の事ながらAFなんぞ役に立たない、目視で∞に合わせ何枚かシャッターを切った

E-300 ZD14-54mm

相変わらず、ちょ~ビジ~でございます。
霧が酷すぎて、お蔵入り予定だったのをば借用(^^;;

by Tome300 | 2006-11-21 22:17 | 水辺 | Comments(8)
2006年 11月 19日
酔眼で見上げた夜空
かなり良い塩梅に酔っ払ってタクシーから降りて、ふっと空を見上げると
満天の星!!

中間テストが近いので、次男坊もまだ起きている様だ
三脚とカメラを用意している間に、次男坊の部屋の明かりが消えている
既に眠りかけている、彼をたたき起こして無理矢理外へ連れ出す


a0041722_14472940.jpg



外の気温は5度位だろうか、暖かい布団から出て来た所為で、歯をカチカチ言わせながら小刻みに震えている
「うわぁ~!すげ~!!」などと言いながら、それでもかなりの時間夜空を見上げていた

翌朝(と言ってもお昼近く(^^;)、「お陰で目が冴えちゃって眠れなかった・・・」と苦情を言われた(^^;;

E-300 ZD14-54 
14mm  絞り開放 20Sec ISO400(ノイズリダクションON)

ところで、中間テストの勉強中の次男坊が数学の方程式が今一良く判らんらしいので教えて欲しいと妻から頼まれた
私なりに式を立てて、回答を見ると・・・・合っている様な?違ってる様な??

例えば
ある学校の男子生徒数を x とした時に、女子生徒数は男子の20%増し・・・以下略

女子の生徒数を x で表すと

by Tome300 | 2006-11-19 15:17 | 四季 | Comments(4)
2006年 11月 18日
コケコッコ~!!!
コケコッコ~!!!

a0041722_12272122.jpg


オイオイ、鳴き声が違うだろ~!!

じゃぁこんな感じ??・・・コケッコッコ~!!!

a0041722_12285777.jpg


だからァ~、違うって!!!Orz

E-300  ZD ED50-200mm

by Tome300 | 2006-11-18 12:31 | 水辺 | Comments(4)
2006年 11月 14日
終焉
水面ギリギリまで広げた枝
色付いた葉は、既に半分以上落葉してしまっている


a0041722_205819.jpg


秋から冬への衣替え

本当はもう少し明るく撮りたかったのだけれど、結構光が強く当たっている部分が有って、枝が真っ白く飛んでしまう。
お陰でかなり暗いバックになってしまった・・・。

E-300 ZD ED50-200mm

by Tome300 | 2006-11-14 21:01 | | Comments(8)
2006年 11月 13日
帰着
霧が深い所為なのか、エンジンの音さえかき消されて
いきなり姿を現す


a0041722_10235782.jpg



E-300 ZD14-54mm

仕事と釣りに忙しくて、撮影行けてません・・・・手持ち蔵より(^^;;

※昨夜、湘南より帰ってきました・・・しかし、釣れませ~ん!!
腕の所為は勿論だけど、魚が薄い!渋い!

でも、湘南の海は思っていたより全然綺麗で、左は三浦半島、正面は大島、右には箱根
海好きには絶好な景色でした・・・でも、景色眺めに行ったんじゃないんだよナァ(^^;;

何よりも、宿のプリンスや高速からから見た富士山・・・大勢の写真家を魅了するの良く理解できました(^^)

by Tome300 | 2006-11-13 10:34 | 水辺 | Comments(6)
2006年 11月 09日
霧の中へ
峠を下って行くと徐々に霧が深くなってくる
霧の上は晴天だから太陽は丸い形を保ったままだが
夜の月ほども眩しくない


a0041722_15425061.jpg



モノクロにした訳じゃないけれど、思いがけず色の無い世界になってしまった。

E-300 ZD14-54mm

今週末は、本業の方の最終決戦??で大磯へ行くのですが・・・・ここに来て仕事がバッタバッタ
やっと少し落ち着きそうかな・・・・・あぁ~しんど!!

by Tome300 | 2006-11-09 15:53 | その他 | Comments(4)
2006年 11月 06日
やさしい光
樽口峠から山を下り、小国の町が近づいてくると徐々に靄懸かって来た

杉木立から漏れるやさしい朝の光の束


a0041722_20244232.jpg



杉じゃなくて、落葉松なんかの木立だったらもっと良かったんだけど

E-300 ZD14-54mm

裏話・失敗作

by Tome300 | 2006-11-06 21:14 | | Comments(10)