<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012年 07月 31日
なんだか妙に暑いぞ!
少し外に出てるとクラクラと眩暈がしてくる。

こんな日に外でお仕事の人はホントに大変だわな。
交通整理のお兄ちゃんが、ダラダラしてても怒んないで置こうって思うけど、ついついイラツキが目に出てしまう。

なんて思いながら打合せに行くと、いつも打合せをする1階の事務所はノーエアコンだった(滝汗)。
まぁ事務の女性ばかりなんで冷房は嫌なんだろうと、ハンカチで滝汗を拭き拭き。

お客さんと一緒に工場の方へ現物を見に行ってみると、冷房の無い工場は更に滝汗だった。
事務所へ戻って見ると、冷房が入っていたが入れたばっかりでまだムワムワだ・・・再び滝汗なのだ。

打合せを終えて私の仕事場へ戻ってくると、わずか3時間ほどの間に安普請の我が仕事場はサウナ状態になっていた。
まずはとエアコンONするけれど、暫くは熱風もどきしか出てこない。

家へ戻って、Tシャツと短パンの夏の正装に着替えて仕事場に戻る。
僅かばかり涼しくなったような気もするけれど、PCのスイッチを入れるといきなり冷却ファン全開なのだ。

あぁ日本の夏は暑い・・・・


a0041722_20592046.jpg


日曜の朝、少し遠くへ行こうかなと思い早めにアラームをセットして置いたが・・・起きられない
疲れてるんだなぁと自分に言い訳して二度寝、かなり遅く起きて先週とは別な漁港へ・・・・・掘っ立て小屋も暑さでひしゃげている


a0041722_2121751.jpg


とてもじゃないが、日向の椅子なんぞに腰掛けて世間話など出来ないって
椅子の主は海の上に涼を求めにいったのだろうか、海の上も暑いだろうな・・・


a0041722_214890.jpg


朝早くから日に炙られた道路は、早くも火傷しそうな位に暑くなっている
短パンじゃ迂闊に膝などつけないのだ


a0041722_2194751.jpg


遅くとは言っても、まだ「朝」と言っても良い時間帯だ
横から差し込む日差しで日避けの用を成していないじゃないか


a0041722_21124984.jpg


やっぱり主の居なくなったこの電話ボックスはいつまでここに立っているんだろう
こんな時だけは濃色の愛車が疎ましく思えてしまう


a0041722_2115130.jpg


やっぱり暑さで屋根がひしゃげてる
(うそ)


a0041722_21162787.jpg


海へ出る坂道
赤い屋根がやけに眩しくて暑苦しい


a0041722_21172719.jpg


海の見える場所まで、僅かばかり歩くだけで息が苦しくなる
滲んでいただけの汗が、再び流れ落ちてくる

E-M5 ZuikoDigital ZD14-54mm

by Tome300 | 2012-07-31 21:23 | 四季 | Comments(4)
2012年 07月 28日
蓮池の朝
久し振りに福島潟へ行ってきた。
いつもの場所や水路じゃなくて、蓮池の所へ蓮の花撮りも兼ねて。


a0041722_1155298.jpg


既に日の出の時間は過ぎているけれど、地平線の雲に隠れてお天道様はまだ顔を出さない


a0041722_11561279.jpg


まだ薄っすらと暗い蓮池の周りをと歩いていると、漸く顔を覗かせてくれた

OLYMPUS OM-D E-M5
ZuikoDigital ED9-18&ED50-200mm

by Tome300 | 2012-07-28 12:02 | 水辺 | Comments(2)
2012年 07月 26日
異界2
ちょっとだけ入り込んで猫たちに怒られた、異界を覗き見た。
まぁあくまでイメージって事で(^^;


a0041722_17442324.jpg



a0041722_17444820.jpg


E-M5 ZD14-54mm

異界の入り口?

by Tome300 | 2012-07-26 17:52 | その他 | Comments(0)
2012年 07月 23日
異界
いつもの漁港をフラフラしていた。
いつもと違って空気がドンヨリと重たい、不穏な気配、なにやら生臭い風・・・漁港だから当たり前だ。

a0041722_14415724.jpg


おっさん、何の用だい?
この先は行かない方が良いと思うぜ・・・・


a0041722_14433130.jpg


♀:なんなの、あの人間は?
♂:わからん・・・何故か迷い込んじまったらしいぜ


a0041722_14451523.jpg


おいおい、おっさん!
この先はダメだって言われなかったか?


a0041722_14464754.jpg


ダメだって言っているだろ・・・Hugyahhhh!!

おっさん:あ・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル ・・・・・か、帰ります・・m(_ _ ")m スイマセン


a0041722_14514584.jpg


だぁから、言っただろ、この先は人間の世界じゃぁねえんだよ
戻れなくなくなる前に、さっさと帰えんな・・・・俺達みたいになりたくなかったらな

E-M5 ZD14-54mm

危うく異界で猫にされさそうになっちまった・・・ちっと無理があるかも?

by Tome300 | 2012-07-23 14:56 | その他 | Comments(10)
2012年 07月 20日
たきがしら湿原の妖精たち・・・・再び
再びじゃなくて、またかよ~~打ち止めじゃなかったのかよ?って呟きが聞こえてきそうで怖い(^^;;

妻にたきがしらの話をしたら「私も見たい!」と言うので、仕方なく・・・ニタニタしながらじゃなくて、あくまで仕方なく・・・再訪してしまった(^^;;


a0041722_1613358.jpg

E-M5 ZD14-54mm ISO800 15sec×10枚

先日より確実に蛍の数は減少していたけれど、相変わらず淡い光のヘイケボタルの舞いは儚くも美しすぎて・・・・
この日は少し雲もあったが、山奥の光害のない星空はホタルの舞いに劣らぬ位に素晴らしかった。
星空も撮りたかったけれど、撮影に余り興味の無い妻の帰るぞコール?で、この目に焼き付けるだけにした(;;)

さゆりの友達?

by Tome300 | 2012-07-20 16:30 | 四季 | Comments(4)
2012年 07月 18日
たきがしら湿原の妖精 番外編
まぁ要するにおまけだ。
おまけだけど、えらいきつかった~~~って話で。


a0041722_2158698.jpg

たきがしら湿原へ登って行く山道の途中に「大尾不動滝」があるので、ついでと言う訳ではないけど行って見た
うねうねと登る山道の途中に駐車スペースがあって看板が出ている・・・徒歩6分・・・・楽勝じゃん!!
そんなに急峻ではない普通の山道なのだが、なんだかえらく汗が出る、息も上がってくる

2・3分?登ったあたりの渓で一休み、「ぜぃぜぃ・・・」何でこんなにきついんだろ?
滝はまだか?と見上げるが、まだその姿は見えてこない


a0041722_2242691.jpg

本当に6分なのかよ?と毒づきながら、眩暈がしてきそうな位心臓がバクバク言ってる
漸くそれらしき姿が見えてきた。

意外と・・・なんて事は無く、思っていたより小さめだった(^^;;


a0041722_228352.jpg

滝に近づくには、こんな流れの上を歩いて行かなくちゃならない
釣り用のスパイク付長靴で正解だった(^^)


a0041722_2293112.jpg

カメラバックは安全な場所に置き、三脚だけ担いで恐々と・・・漸く滝の正面に辿り着いた

この落ち込みの中には色んなモノが見えるそうな・・・確かに頭や動体や全身像っぽく見えるのが幾つも
ただ、それが何であるのか信心深くない私には分らない

※縦位置ですがクリックでデカクなるので何が見えるのか良く良く目を凝らしして見て見てください。

E-M5 ZD14-54mm

大袈裟に書いてる様だけど、本当なのだ・・・・多分道が険しいんじゃなくて、私の体力が乏しいんだろうと思うけど(^^;;
こんなんじゃ山登りどころじゃなく、ちょっとした森歩きもきついかも・・・

by Tome300 | 2012-07-18 22:18 | その他 | Comments(6)
2012年 07月 15日
たきがしら湿原の妖精 Vol.2
さてさて蛍の撮影は、普通の風景撮りと違って、あちこち構図を変えながら動き回ることも出来ないし、同じ場所で延々とレリーズを続けると言う結構退屈な作業でもあるのだ。
おまけに撮ってる時は蒸し暑さと、寄って来る虫達と、こちらの思惑は無視してあちこちで気ままに光る蛍たちとの、蒸し・虫・無視の三重苦なのだ。

そして、帰って来てからは同じ様なファイルを何枚も現像して、合成すると言う苦行も待ち受けているのだ。
でも、それらを全て終えて出来上がった一枚の写真は、例え写ってる蛍の数が少なくて寂しくても、撮影者にとっては一つの宝石箱になる。

a0041722_23213770.jpg

E-M5 ZD14-54mm 開放 ISO400 30sec×10枚

曇り空が日没を向かえ、漸く暗くなり始めるとともにあちこちから蛍が飛び始める
ここだなと勝手に思い込んでセッティングした場所は、なんだかチラホラとしか飛ばず・・・・・
ふと後ろを見ると・・・・・大急ぎで反対を向き撮影した


a0041722_2327859.jpg

E-M5 ZD14-54mm 開放 ISO400 25sec×8枚

昨夜のUPを撮り終えて、少し集中的にとズームしてみた
この頃が一番のピークだったかもしれない

2枚ともクリックで拡大して見てください・・・・ついでに何匹写ってるか数えて見て下さい(^^;;

by Tome300 | 2012-07-15 23:30 | 四季 | Comments(6)
2012年 07月 14日
たきがしら湿原の妖精
予定通りちょっと早めの4:00PMに仕事を切り上げ、支度を整え津川に向かって車を走らせる。
目的地のたきがしら湿原までは一時間ほどで着く筈なので、早い夕食代わりのパンを齧りながら、辺りの風景を見ながらのんびりと。

日暮れにはまだまだ早いので、途中寄り道・・・・あくまで寄り道のつもりだったが、ここで本日最大の大仕事を成し遂げた気分になって、気持ちより体が萎えてもう帰ろうかと思った(^^;;

気を取り直して再び車を走らせ、たきがしら湿原に到着。
むかし滝首という集落があって、そこの休耕田・・・・と言うより耕作放棄田・・・・を整備したらしい。

もっと小じんまりしているのかと思ったら意外と広く、木道が整備されてあり歩き回るのに不自由はない。
盛りを過ぎたニッコウキスゲや名前の知らない草花など撮りながら、蛍の出そうなポイントを探してみるがサッパリ分らない(^^;;

なにしろ湿原って言う位だから、一面どこでも蛍は飛びそうだ。
たまたま出くわしたアベックさんに聞いてみると、湿原の端に流れる沢沿いが良いらしい。

とりあえず三脚を据えて辺りをうろうろと歩き回っていると、測った様に19:30位から一匹・二匹と飛び始めた。
しかしいつもの法則発動で、私がレンズを向けた場所はあまり飛ばずに反対側や横っちょの方が多く飛んでいる・・・・・何故なんだろう(;;)

ぼうっとしてても仕方ないので折角据えた三脚をあらためてセッティングし直し撮ってみた。

a0041722_15282188.jpg

いつも通りクリックして拡大してご覧下さい。

E-M5 ZD14-54mm開放 ISO400 25sec×10枚合成

家に帰ってきて眺めていると、目で見えたほどには写っていない・・・・(;;)
時期的に源氏ボタルより平家ボタルの方が多かった為、光も小さく活発に飛び回らなかった所為かな。
いつもの様にISO400で撮っていたのだが、もう少しせめて800~1250位まで上げても良かったな~。

まぁでも、今までの全敗と言っても良い飛び具合からすれば、群舞と言っても良い位の飛び具合だったので満足だ。

とりあえず、今年の蛍はこれで終了!!(写真はもうちっと残ってますが)終わり良ければ全てよしって事で(^^)

by Tome300 | 2012-07-14 15:38 | 四季 | Comments(6)
2012年 07月 13日
奥胎内の森
なんて言っても、特別目新しい場所まで分け入った訳じゃなく、いつもの木々たちだ。

a0041722_13332776.jpg

見~上げてご覧・・・


a0041722_13344628.jpg

見~上げてご覧・・・


a0041722_13352862.jpg

見~上げてご覧・・・・・・・え、首が疲れた?


a0041722_1336847.jpg

見~上げてご覧・・・・・いや~撮ってる方も結構大変なんですよ


a0041722_13365695.jpg

見~上げてご覧・・・・・まぁ背面液晶のLVで撮ってるんですけどね


a0041722_13381593.jpg

見~上げてご覧・・・・・それでも、三脚を縮めて地べたに這い蹲ってると腰が痛くなっちゃいます


a0041722_13403285.jpg

見~上げてご覧・・・・・E-3の様にフリーアングルだとかなり楽なのですが(;;)


a0041722_1342013.jpg

見~上げてご覧・・・・・・これは見上げなくて大丈夫ですよね

E-M5 ZD ED9-18mm

普段なら横位置メインなので、E-M5のチルトで十分なのだけれど、高い木々の見上げ構図・・・
それも低い位置から撮りたい時はフリーアングルの方が絶対に楽だ。
もっともE-3のそれはLV自体が余り使い物にならないから、殆ど使わなかったんだけど(^^;

泥沼に嵌まって、もがき苦しんでいた仕事もとりあえず方向性が定まって一段落。
まぁ実際はこれからが時間との勝負となって行くんだけど(^^;

その前に英気を養うために?ちょっと早上がりして最後の蛍撮影に行って来ようと思う。
昼間ですら行った事が無い場所なんで、ちょっと早めに出て風景撮りがてらだ。

by Tome300 | 2012-07-13 13:56 | | Comments(2)
2012年 07月 10日
岸辺のアルバム 2012奥胎内
う~ん、いつもヒネリの無いタイトルで・・・
先月末、漸く奥胎内へのアクセス路が開通になったので行って見た(もう既に10日ほど前ですが(^^;)


a0041722_22141663.jpg

いつも恒例のヒュッテ下~ダムまでの岸辺


a0041722_22152279.jpg

空はどんより、靄ってもおらず・・・


a0041722_22161549.jpg

でも水は澄んで、緑は濃い

E-M5 ZD14-54mm

ここの所、仕事が忙しいと言うかどうにも上手くまとまらない。

あれを逆さにして、これをオフセットして・・・・あぁ、ぶつかっちゃう!!どうやって調整すんだこれ?手が入らないぞ・・・(;;)
なんだか妙に複雑すぎてお金が掛かりすぎちゃうなぁ・・・等々(;;)

余りにも、無駄な考え休むに似たり状態、いやいやそれ以下になりつつドツボに嵌まってきて、脳味噌がとろけかかってきたので、素直にお客さんと相談する事に。

すると、「ここをこうやって、こうすれば上手く行きませんかね~」(物凄く分り難いですね(^^;)とお客さん。
えっ?・・・・まさしく目からウロコ状態、いよいよ頭の固い耄碌爺さんになっちまったか(;;)

で、仕事場に戻って早速やってみると、おぉ上手く納まりそうじゃん!!
とりあえずアウトラインだけざっと書いて確認出来た所でスッキリした・・・・漸く久し振りの更新なのだ。

Fisher man

by Tome300 | 2012-07-10 22:49 | 水辺 | Comments(2)