<   2015年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2015年 07月 31日
待ってろよ~~!!
先々回と先回の間に夕暮れの海へ、夕暮れ時は忙しくあちこち走り回っているのだ。

a0041722_23263148.jpg
う~ん、なんか楽しそうだ! 
幾ら耐水性が向上しているとは言え、海水の「中」でリールを遣う気にはなれないなぁ

a0041722_23263469.jpg
確か?風速が4m以下だと回らないのだ・・・違ったっけなぁ

a0041722_23263757.jpg


E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1:2.8 PRO

佐渡の島影がクッキリと見える
今年も行くから待ってろよ~~!!
今の内に餌をたっぷり食って、うんとでかくなって置いてくれ!!

追記
夜中と言うのに、蝉の鳴き声あちこちから・・・・あぁ夏だなぁ(滝汗



by Tome300 | 2015-07-31 23:32 | | Comments(2)
2015年 07月 30日
FLAG
夕暮れ前の海からの風を受けて、はためくFLAG。



a0041722_19292696.jpg


a0041722_18033249.jpg



夏の雲、蒼い空

E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1:2.8 PRO



by Tome300 | 2015-07-30 17:50 | sora | Comments(4)
2015年 07月 29日
河口にて
本当は奥胎内辺りでも星を撮りに行こうかと思った。
空はクリアで絶好なのだが、お月様が半分だけ光って中空に・・・・

a0041722_16085499.jpg
そんな時は薄明の河口なのだ

a0041722_16085746.jpg
なぜ河口なのか?と聞かれれば、少し遠回りだけれど帰り道なのだ

a0041722_16090001.jpg
そんな埒も無い理由ばかりじゃなく、単純にこの時間帯の空の色と静水の写りこみが大好きなのだ

E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1:2.8 PRO

こんな時間にこんな場所に来るのは自分だけかと思ったけれど、若い釣り師はまだキャストを繰り返していた。
多分、写真を撮っている私に気付いて意識しちゃったんだろうな「パシーンッ!」とミスキャスト・・・・哀れ(多分)高価であろうルアーは藻屑と消えた。
あぁ・・・なんか悪い事しちゃった(^^;

私もそうだが、釣り師と言う生き物は人から見られているとかなり意識しちゃうモノなのだ。
カッコ良く遠くまで投げて見せようとか、目の前で釣って見せようとか・・・・
大抵そんな時は変に力が入って大きくミスキャスト、どこか明後日の方向に飛ばして仕舞う位ならまだしも、最悪彼の様にガイドにラインが絡んで・・・・あぁ、買ったばかりのルアーよサヨウナラ(;;)となってしまうのだ。

ロッドは大きくしなりドラッグはジリジリと悲鳴を上げている。
見ている人は大物かと期待しながら見ているが、リールを巻いている釣り師は分かっている・・・・それが大きなゴミだって事を。
期待しながら見ていた人は、それがゴミだと分かりガッカリした顔を見せるが、釣り師はそのはるか前から激しくガッカリしているのだ。

これを読まれた方は、釣りしている人に出会っても、さして興味無さそうにあっちを向いて、あんたの事のなんか見て無いよ~って素振りをして欲しい。
でも、釣れたらちゃんと「おぉ~~凄いですね!!」と駆け寄って「いや~、大したもんだ!」と賛辞してやって欲しい。

間違っても「ちっちゃいですね・・・」などと言ってはいけない。



by Tome300 | 2015-07-29 16:36 | 水辺 | Comments(2)
2015年 07月 27日
FINALなのか?
先々週末に撮ったホタルがまだ余っていた。

a0041722_13533476.jpg
このウジャウジャぶり!!僅か10分足らずなのだ
三脚を据えてボ~~ッと見ていると少し気味が悪いくらいだ
始まりは薄明の終わりごろ、今日は飛ばないんだろうか?などと危惧していると、突然にウジャウジャと湧き出すように・・・

a0041722_13533075.jpg
良い感じではあるけれど、マスクが上手く切れていない(^^;

ちなみに
a0041722_13583029.jpg
a0041722_13583382.jpg
まずは十数分間LIVECOMP、最後に一枚だけ単写
この二枚をマスク切って合成


いよいよFINALなのか・・・・FINALは最終的と訳されて、Last endではないのだ・・・ったりするかも知れないし、本当に最後だったりするかも知れないのだ。




by Tome300 | 2015-07-27 14:05 | sora | Comments(4)
2015年 07月 24日
Tam9 with E-M5MkⅡ
何日か前に我が越後の国も梅雨明けしたらしい。
梅雨時期はなんだか妙に天気が良くて、こりゃ空梅雨だなぁ・・・・などと思っていたら、梅雨明け宣言したとたんにこの雨だ。
まぁ、良くある事って言うか、非常に良くある事のような気がするのは私だけ?
辻褄合わせで丁度良い位なんだけど(^^;

ネタもも切れかけだし、Tam9使って撮ったけどなんだか今一過ぎでお蔵入りしてた奴でお茶を濁そう。
a0041722_22522524.jpg
a0041722_22522936.jpg
a0041722_22523203.jpg
a0041722_22523697.jpg
a0041722_22523959.jpg
a0041722_22524322.jpg
a0041722_22524686.jpg
a0041722_22524920.jpg
E-M5MKⅡ with TAM9 52BB

日曜日から、いよいよ真夏本番!!晴れマークがずらっと。
皆様、ウナギでも食って精をつけて乗り切りましょう!!!




こんなん買っちまった!

by Tome300 | 2015-07-24 23:40 | 愛機 | Comments(4)
2015年 07月 21日
蓮池乃夕
昨日の夕方、貧乏自営業らしく祭日にも関わらず仕事に勤しんでいたら・・・なんだか、青い空・・・
どうせ予報通りに雲が出てくるんだろう、行かないモン!と仕事に勤しんでる振りをしながらチョクチョク空を見上げていたら、なかなか雲が出てこない。

a0041722_16063933.jpg
やべぇなぁ、忙しいのにさ・・・
仕方なく、本当に仕方なく重い腰を上げてしまった

a0041722_16064221.jpg
a0041722_16064693.jpg
a0041722_16064993.jpg
日暮れ時はこんなに良い空だったのに、見る見る間に薄雲が掛かってしまった
蓮池に掛かる天の川なんて夢想していたけど、諦めて・・・・再び今度は本気でお仕事に邁進するのであった

X-T1 XF23mm f1.4R & E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1:2.8PRO



by Tome300 | 2015-07-21 16:12 | 水辺 | Comments(2)
2015年 07月 20日
Fly to the Milky Way
台風直前の金曜日、雨風かと危惧していたが・・・・

a0041722_10081520.jpg
望外な天の川
その上を飛び交うホタルたち、今年最後の眼福

a0041722_10082252.jpg
しかしだ、森の中に全くホタルが飛んでいないのも少し寂しい
2値マスクを切って、数枚コンポジットしたものを森の部分だけ比較明合成
しかし・・・・それでも少し物足りないなぁ、どこかから別撮りしたものを貼り付けてやりたい衝動に(^^;
いやいや、そこまでやってしまうと写真じゃなくなる
ついでに言うなら、真っ黒になっている森や棚田の様子もホンノリ出したい

やっぱり作品と言うならば、きちんと薄明の時間から背景用のカットを用意して、それなりの時間を掛けないと・・・・って事ですね

X-T1 SAMYANG12mm F2.0



by Tome300 | 2015-07-20 10:21 | 四季 | Comments(4)
2015年 07月 18日
Jewel in forest
森の宝石だ。


a0041722_10125901.jpg

E-M5Mk2 MZD12-40mm 1:2.8 PRO・・・・時間の記録は取っていないので・・・・う~~んISO1600で20分くらい?LIVECOMP
宝石なんて程には写っていないが、私には十分だ



a0041722_10085871.jpg
X-T1 XF23mm f1.4R  ISO3200-30secで15分
同じ場所で少し角度を変えて同時刻に・・・当然写っているのは同じ個体だ

今回M5の方はISO1600の30秒露光でLIVECOMPして見たのだが、殆ど暗闇に近い状態なので背景の草や木々は当然ながら真っ黒に潰れている。
光跡の方は現像段階で多少露出を上げる位で浮き出てくるのだが、背景の色やデティールを少しでも出そうとするとかなり極端な補正をする事になる。
そうなると豆粒素子と揶揄されている4/3、暗部ノイズもどうしようもない位に出てしまう。
ノイズ低減を掛けると、こんどはモヤモヤで全く冴えない絵になってしまう。

そんな訳で、今回は殆ど真っ黒なままにして見た。
もちろん早い時間帯からスタンバって、薄明の背景用を撮ってそれにコンポジットして行けば良いのだろうが、どこで飛ぶか分からん気まぐれなホタルたち、それを初めて行く場所で決め打ちするのは難しい。

せめてLIVECOMP時にISO3200まで上げられれば、多少なりとも改善出来るようにも思えるが・・・
なんだか縛りがあるようで、LIVECOMP時にはISO1600までしか上げられない仕様になっているのだ。
露光時間は60secまで上げられる様なので、露光時間を延ばしてみるか?LIVECOMPに頼らず、昔ながらの連写で後でコンポジットするか・・・来年の課題だな。

と、UPする前にそう言えば単写でISO3200で撮った画像を現像してみた・・・やっぱ、今一。
4/3の限界なのかな・・・・(;;)




by Tome300 | 2015-07-18 11:16 | 四季 | Comments(2)
2015年 07月 18日
Road to MilkywayⅡ
性懲りも無く走ってしまった。

a0041722_01243737.jpg
星を撮りに行った訳じゃない

a0041722_01244336.jpg
台風が接近しつつあるし、風が吹きゃなきゃいいな~、雨もパラつく程度ならいいなぁ・・・などと願っていたら、日頃の行いが余程良いのか?(本当か?)
望外の星空だった

a0041722_01244899.jpg
X-T1 & SAMYANG 12mm F2.0

ここまで来る途中は雨だった。
現着してもポツポツ降っていた。
しかし、薄明が終わりかけホタルたちが飛び始めた頃には雨は上がった、代わりに星達が瞬き始めた・・・望外だ!!

しかし、台風の雲が近づいている所為か、地平線方向には薄っすらと雲。
一枚目の南方向は村上の明りか?3枚目の北方向は鶴岡辺りの明りか?雲がなければ然程明るくは無いのだけれど。


by Tome300 | 2015-07-18 01:38 | sora | Comments(2)
2015年 07月 16日
Sanctuary
どうにも我慢ならずに、台風が来る前に、時期が終わる前にSanctuaryに侵入して来た

Sanctuaryと思しき場所で待ち構えるが、ゲンジやヘイケさえ稀にしか飛ばない
あちこちウロウロして見るが、ごく稀にそれらしき発光が見える・・・・様な気がするが、幻視の様な気もする
諦めかけて帰ろうかと思ったが思い直して、少し離れた場所まで暗闇の林道を歩いてみた

a0041722_10395375.jpg
E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1.28 PRO

居た!!と言うか目の前でチカチカとフラッシュしながら、ゲンジともヘイケとも明らかに違うホタルが結構な速度で移動して行く
なんだか呆然としてしまい、三脚を肩に担いだまましばらく固まっていた
で、思い出したように慌てて三脚を据えて撮ったのがこの一枚

ISO1600で20秒露光中19回点滅
左手前から右奥へ遠ざかって行ったので、露光中に写っていない点滅もあるだろうから周期的に1秒/回以下だ

目の前の少し高い場所にある、小さな棚田をみると結構あちこちで飛んでいるのが見えた
但し殆どがゲンジとヘイケの様だ

a0041722_10393923.jpg
X-T1 XF23mm F1.4R

ただのホタルじゃねぇか・・・・と言われると、確かに殆どがゲンジとヘイケなのだが
かすかにそれらしき者が写っている?様な気もする?残念ながら、初めての私には特定する術は無い



a0041722_10394214.jpg

X-T1 XF23mm F1.4R

10m以上もあるような杉の木の天辺付近に集中して集まるホタルたち
様々な所でホタルの写真を撮っていると、結構高いところまで飛ぶんだなぁと思う事もあるけれど
これほど高い場所に密集する様は始めて見た、ここの杉の木には甘露水でも湧き出ているのだろうか?

a0041722_10400289.jpg


a0041722_10400739.jpg

E-M5MkⅡ MZD12-40mm 1.28 PRO

立ち位置のせいもあるけれど、ここのホタルたちは高く飛ぶのが好きなようだ
本当は背後の森林の中に納まってくれれば、マスクを掛けて星を流さずに見せる事も出来るが、こんなに空の部分に集中されるとマスクの切り様が無い(^^;

ここのホタルたち結構宵っ張りの様で、普通なら21時を過ぎるとさっぱり飛ばなくなるのだがいつまでも飛んでる
ついつい、これで止めよう止めようと思いつつ22時過ぎまで撮影してしまった・・・・もっともここへ辿り着いたのが21時近くだったのでまだまだ物足りないだが(^^;

この場所は同じ市内のsatoさんと言う熱烈なホタル愛好家の方が、連夜歩き回って物凄くご苦労されて発見された場所だ。
当然詳細な場所の情報などは明らかにされていないが、何とかここら辺じゃないかな?と特攻して見た結果何とか辿り着く事が出来た。

意地悪で隠す訳では無いけれど、人様の発見された場所を簡単に特定出来るような事を書く訳には行かないので、今回の記事中に一切のヒントになるような情報は書いておりません・・・あしからず。

最後に、ご苦労して発見されたにも拘らず優しいヒントを残してくださった、そして勝手に侵入した事を快くお許ししてくださった、satoさんに感謝!!
もう終わりだね・・って話だけれど明晩辺りまた走ってしまいそうな自分が怖い(^^;




by Tome300 | 2015-07-16 11:54 | 四季 | Comments(6)