2018年 01月 13日
大雪の後
降り続いていた雪も、昨日の午後からはようやく落ち着いたようで、夜遅くには星も出ていた。

a0041722_09475544.jpg
荒れた天気の後はいつもの事だが空がとても美しい
久しぶりに瞬いている星たち

寝支度をしてからなので、2ショット撮った所で私もバッテリーもダウンした

a0041722_09475834.jpg
翌朝・・・って言うか、さっきだな
-13度って

a0041722_09475132.jpg
こんな日は福島潟なのだ

a0041722_09480140.jpg
で・・・・帰り道
-14度って、しかも8時過ぎてるし

D750+Tamron SP15-30mm F2.8 Di
iphone6
D810+Sigma 24-105mm F4 DG OS




# by Tome300 | 2018-01-13 09:56 | | Comments(2)
2018年 01月 12日
光でできたパイプオルガン

a0041722_19072878.jpg

天使の階段と言うには数が多すぎて


a0041722_19065313.jpg

光でできたパイプオルガンの方がしっくりくる
・・・ちょっと斜めってるのはご勘弁を

a0041722_19065774.jpg
はるか遠くの煙突から吐き出される煙が

a0041722_19070125.jpg
光を受けて素晴らしくキレイだ

a0041722_19070442.jpg

Sigma 24-105mm F4 DG OS




大雪警報

# by Tome300 | 2018-01-12 20:00 | hikari | Comments(2)
2018年 01月 10日
暇さえあれば
休みの日には暇さえあれば海に出て、釣りをしたいとは思うけれど・・・・
この寒さと荒れ狂う日本海が相手ではどうしようもなく、性懲りもなくカメラを持って海辺をうろついてしまう。

a0041722_22230519.jpg

ここら辺一帯は荒井浜と呼ばれている
小さな船着き場すらなく、漁を終えれば砂浜に船を引き上げ
殆ど海に出られない冬場は船小屋に仕舞われる

a0041722_22231146.jpg
船を仕舞うだけでなく、漁具諸々、そしてお茶飲みしたり

a0041722_22231763.jpg
そんな船小屋が大小ざっと25ばかり
その殆どが何年も使われた形跡もなく朽ち果てかけている

a0041722_22232279.jpg
仕舞われた漁具も長い間にボロボロになって
半分土に還っているものも少なくはない

a0041722_22232630.jpg
その昔は船を浜に引き上げるのに使われた機械の残骸
残骸

a0041722_22233070.jpg
FRPの船はそうそう簡単に土に還る事も出来ず

a0041722_22233343.jpg
こんな荒れた日に?帰り際、散歩にでも来ていたのか
まだ若い爺さんが居たので少しだけ立ち話してみた

この一帯だけで、現役で使われている船小屋は3軒

a0041722_22233749.jpg
実際に漁をしている人は僅か2人だけ・・・・

Sigma 24-105mm F4 DG OS


# by Tome300 | 2018-01-10 22:37 | | Comments(0)
2018年 01月 09日
寒風吹きすさぶ 続
いくら大量の雲が空を覆っていても、風が強い日は必ず雲が割れて太陽が顔を出す。

a0041722_10022974.jpg
それを待って撮影するけれど、いつも良い状態の光が差してはくれる訳じゃぁない

a0041722_10023575.jpg
高所恐怖症と言いながら、なぜか橋の上から撮るのが大好きだったりする

a0041722_10023985.jpg
コンクリート製の大きな橋であまり高度もなければ、さして怖くはないけれど
堕ちたら確実に死ねるなとか、柔な吊り橋みたいにやけに不安定だったりすると
やっぱり怖くて股間がもぞもぞする

a0041722_10024381.jpg
時折青い空は顔を出すが、うわ~!と叫びたくなるような光は差してこない

a0041722_10024622.jpg
はるか遠くの浜辺にスッポトライトよろしく光が差す

a0041722_10024942.jpg
いい加減橋の上に居るのも飽きて、下りて見ると
わ~~っと差してみたりする

フィルターに付いた水滴が素敵な?ボケを作ってくれる

Sigma 24-105mm F4 DG OS




おまけ

# by Tome300 | 2018-01-09 10:18 | | Comments(0)
2018年 01月 08日
寒風吹きすさぶ
寒風と言うより塩風だ。
何時もの橋の上で小一時間もウロウロしていると、カメラも体も潮まみれだ。
たまに日は差したりすれるけれど、光より肝心の雪が・・・・

a0041722_11283394.jpg

気温は大して低くないけれど、強烈な風に体感温度は激しく低く思える
何時もの耐寒仕様でもそろそろ限界かと思えた頃に漸く小雪が舞った

小雪とともに、強風で運休かと思われた羽越線がよみがえった

a0041722_11283973.jpg

強風で走行音や汽笛の音など全く聞こえないので、いきなり現れあっと言う間に行ってしまった
心の準備も出来ていない、なぜか露出が変わっていてえらく真っ黒

a0041722_11284538.jpg
波と雪に霞む海沿いの家々

a0041722_11285163.jpg
誰も居ない漁港

a0041722_11285789.jpg
いつものパターンで寄り道
普段見られない位の海鳥たちが舞っている

a0041722_11290084.jpg
レールの真上には転落防止・・・・要するに飛び込み防止だわな・・・・の高いフェンスがある
手を目一杯伸ばして目感で撮ってみたらうまく撮れた、いつもノーファインダーで撮った方が良いのかも

頭の高さ付近に、せめて15㎝角位の穴が開いていたらうれしいのにといつも思う


Sigma 24-105mm F4 DG OS





# by Tome300 | 2018-01-08 13:42 | | Comments(2)