2017年 04月 12日
夜潟散歩 菜の花
満月に近い夜、満開の菜の花を月の明かりが優しく照らし出す。

a0041722_22242524.jpg
しかし、流石に満月が近い月の明かりは強力過ぎて、肝心の星達は埋もれてしまう
木星とホンの少しスピカが月を追いかけて

a0041722_22243124.jpg

木の事は良く知らないけれど、あまりにもセンスのない切り詰め方にうんざりしながら撮って見た(^^;

a0041722_22243712.jpg
オリオンの方向は、ただでさえ新潟市街の強烈な明かりなのに、近くの野球場のナイター照明が更に強烈で
照明が消えるまで待っていたら、オリオンは半分没してしまった

a0041722_22244465.jpg
帰り際、高く登った月と木星とスピカ

Sigma 24-35mm F2 DG

今夜も良い感じの月夜だけれど、残念ながらお仕事が詰まってるので自宅待機。
そろそろ桜も咲き始めた、明日の夜も晴れ間が広がりそう・・・・月の出を狙って出掛けてみようか。




# by Tome300 | 2017-04-12 22:37 | 星景 | Comments(0)
2017年 04月 06日
夜潟散歩
久し振りの福島潟の夜空。

a0041722_21260543.jpg
雁晴舎の屋上から
先客が二人、撮影ではなく星の観察の様でお邪魔かな?と思ったので、一応断りを入れると丁度帰ろうかとしていた所でどうぞどうぞと快く入れて頂いた
目で見るとさほど明るくないけれど、相変わらず分かっちゃいるけど月の明かりは強烈だった(^^;

a0041722_21261290.jpg
少しは影響の少なさそうな方向へ、木星とスピカが二王子から五頭の上に輝いていた

a0041722_21261983.jpg
予想通りと言うか、予想より寒かったので早々に下に降りてダウンジャケットを着込み直し、いつもの様に潟端をゆるゆると

a0041722_21262477.jpg
オリオンを入れて撮りたいけれど、新潟の明かりと月の明かりが合体して最強の光害状態
オリオンなど強烈な光の中に埋もれてしまう

a0041722_21262811.jpg
モコモコ状態でも風が強くて不完全装備では寒くてつらい、月明かりもつらいで早々にリタイヤ
来る時に見つけた重機と共に、かろうじてオリオンが薄っすらと・・・・
しかし、なんでもっと左に振らなかったんだろう?結構考えてフレーミングした気になっていたが、なんともお間抜けになってしまった

Sigma 24-35mm F2 DG

なんだかあっと言う間に週末だ。
特に忙しくバタバタと過ごして居た訳でもないけれど、あ~月曜日だ仕事したくねぇ・・などと思っていたら、明日はもう金曜日だ。
いっその事、休 休 休 仕事 休 休 休 仕事位のパターンになって呉れれば良いのに・・・・あ、計算が合わなくなってしまう(^^;

明日は薄明から日付けが変る頃まで晴れる予報だ、西から徐々に雲がやって来る様なので北へ走るか?
さてどこに行こう・・・でも、朝方まで月が出てるんだよなぁ。



# by Tome300 | 2017-04-06 22:08 | 星景 | Comments(0)
2017年 04月 05日
日本国探訪 雷へ 
日本国は山の名前だったと言う、絶対に忘れそうにない知識を得て更に県境に向かって走る。

a0041722_20582605.jpg
山形県突入!!

a0041722_20583192.jpg
そのまま鶴岡経由で帰るって案もあったけれど、既に13時をとうに過ぎて昼飯を買い損ねた私はお腹と背中がくっ付くぞ~!状態だった
このまま行ってもしばらくコンビニなどは無さそうだし、国道まで戻れば確実にコンビニあるしUターン決定

a0041722_20583857.jpg
道沿いの彼方此方に、こんな風に薪が積まれている
腰を掛ける丸太と薪を割るための丸太が二対
ここに爺さん(多分)が座って、世間話をしながら薪を割る情景が見える

a0041722_20584217.jpg
ここに限らず山間の集落を車で通ると煙突から薄っすらと煙が漂い、細く開けた車の窓から薪を燃やす匂いが入って来る
私の母親の実家は五頭に近い山手の集落で、遊びに行くと夏場でも家の中は薪を燃やした匂いがした
その匂いがしてくると必ずその事を思い出す

a0041722_20584957.jpg
日本国の辺りは雪などすっかり消えていたが、戻ってくる途中辺りまではまだ薄く残っていて
溶けた雪の合間から蕗の薹が顔を出していた

a0041722_20585405.jpg
すっかり荒れ野に戻ってしまった(多分)元田んぼ
そんな荒れのに建つ掘っ立て小屋・・・・・撮らずには居られない

a0041722_20585965.jpg
休耕田問いには余りに荒れ過ぎた田んぼが痛々しい
左側の小屋はまだ現役なのだろうか?

a0041722_20590558.jpg
遠くにも元田んぼと掘っ立て小屋

a0041722_20591157.jpg
様々に複雑な思いを抱きながらも、朽ちそうな小屋を見ると近寄って見たくなる
羽目板など、長い間の風雨と日差しにすっかり反り返って役立たずに
柱も・・・と言うより全体が傾いで、入り口の戸などこのまま開く事も閉める事も出来ないのだろう

ちらと中を見ると、お決まりの古タイヤ他廃物が見える

Sigma 24-105mm F4 DG OS

このまま日本国は通り過ぎて、国道のコンビニへと急ぐ(^^;;

今回は天気も良くSSも稼げるので、全て手持ちで撮ってみた。
が、なんだか思ったように写っていない。
やっぱり三脚に載せて、LVでじっくりピントを追い込みながら撮るのが性に合ってるのかなぁ・・・




夕食は・・・

# by Tome300 | 2017-04-05 22:55 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 03日
日本国探訪
予定通り奥方はお仕事、私は暇なのでたまには一人で当てもなくドライブしてみた。

a0041722_16113482.jpg
海岸線に沿って走る国道から、川沿いに右に折れる
う~ん、怪しい気配がプンプンの建物、ついつい撮ってしまう
妻が乗ってたりすると「そんなモン撮らんで良い!」と一括されてしまうが、気ままな一人旅は好き勝手に撮り放題なのだ
何の建物なんだろう、中はどうなっているのだろう?と興味をそそられるけれど、まだまだ先は長い


a0041722_16113829.jpg
本日の目的地(仮)の看板も撮って見た
ゆっくり走っても20分

a0041722_16115182.jpg
しかし、何しろ夕方まで戻って夕飯の支度をすればいいだけなので、時間はたっぷりあるのだ
ついついあちこちに寄り道してシャッター切ってしまう

a0041722_16122641.jpg
山手なので当然林業が盛んなのだろう、様子の良い杉林があちこちにある


a0041722_16120464.jpg
つい彼方此方で撮ってしまうが、花粉症の方には絶対真似出来ないだろう(^^;

a0041722_16121023.jpg
で、普通に走って20分ほどの道を、たっぷり5倍ほど掛けて到着した
実はず~~~っと集落の名前だと思っていたが、日本国と言う山の名前だった(^^;
集落の名前は小俣集落なのだ

a0041722_16124466.jpg
しかし、郵便局の名前は「日本国麓郵便局」なのだ
日本国という名前に引かれ、一度たずねたいと思っていたが・・・・なんって事は無い普通の山間の集落
この先を行くと県境を越えて隣県の鶴岡市に出るのだが、昔の街道沿いの宿場町らしくそれらしい面影を残している・・・かな?

a0041722_16124864.jpg
その後、当然の如く県境まで走って、また彼方此方で撮りながら200kmほど走ってまわって、妾宅へ帰ってみると久し振りの20km/l超え
冬の間は17とか18とかHV車とは思えない程の燃費なので、気温も上がって少しずつ燃費が上がってくると春になったなぁと実感

Sigma 24-105mm F4 DG OS
Tokina 16-28mm F2.8 AT-X

6枚目の看板を見るまでは山の名前なんだとは知らずに居たが、標高555mととっても覚え易い。
のぼりも1.5H位で、もしかして私の劣化した体でも登れるかも・・・・と、ふと思った。
きっと、ふと思って終わりだろうと思うけど(^^;


# by Tome300 | 2017-04-03 16:40 | その他 | Comments(6)
2017年 03月 31日
sweet zebra zone
車は絶対来ない優しい横断歩道?

a0041722_22384046.jpg
足跡もアクセントだ

a0041722_22384580.jpg
足跡もアクセントだ

a0041722_22385062.jpg
足跡もアクセントだ・・・・一寸しつこい

Sigma 24-35mm F2 DG

雪面って情報量が少なくてファイル容量は小さい様だけど、意外とでかくなっちゃうのだ。
我が駅風呂は1ファイル/500kb縛りがあって、ピクセル数がでかいと余り圧縮率を下げられない。

今夕で仕事にケリがついて月曜までフリーになった。
奥方様は珍しく土曜なのにお仕事するそうで、夕飯はお願いねと優しいお言葉を頂いた。

どこか遠くへ行ってしまいたが、生憎明日は余り天気も良くなさそう・・・・
下越から隣県まで、朝から午前中一杯はず~~~っと雲に覆われていそうだ。
なんだかタイミング合わないよなぁ(;;)


# by Tome300 | 2017-03-31 22:52 | | Comments(0)