2012年 08月 15日
久し振りの高所恐怖症体験
と言う事で、今日こそ!なんて全く意気込まず、朝起きれずに真昼間の時間帯に突入してきた。


a0041722_2258924.jpg


そうだ、ここだ
奥胎内はヒュッテの先の恐怖の吊り橋
こんな所へ来るつもりは全く無かった
前日の雨で川はニゴニゴなので、何の気なしで行って見るか~!!


a0041722_22585086.jpg


と来ては見たが、雨が振り出して足場板は濡れてズルズルだし、相変わらず傾いてグラグラしてるし、とっても無理だ
なんて最初から渡るつもりは全くナッシングなのだ・・・実は、川へ入れるようにと釣り用のスパイク付長靴なんて履いていながらも


a0041722_235104.jpg


吊り橋へ降りて行く途中に分岐があって、「散歩道」とあった
これまではあんまり奥深くまで行くのは嫌だったので、行った事が無かったが暇に任せて吊り橋だけ撮って立ち入ってみた
雨は降ったりやんだり、突然か~っと日が差してみたりと面倒くさい天気なのだ
こんな時は頼りになるZD14-54mm・・・・買ってから未だにメンテに出してないけど本当に大丈夫なのか?


a0041722_23103875.jpg


なるほど、森の番人はこんな木だった
立ち枯れたのか?それとも倒れて枯れたのか?なんとも理解不能な枯れ木だ


a0041722_23133347.jpg


多分、殆ど人での入っていない森の所為か倒木が多く目に付く
倒れてからかなりの年数経っているのだろうけど、他の木に寄りかかって支えられ
腐りもせずいる


a0041722_23161017.jpg


比較的倒れてから間もないのだろうけど、なんだか巨大な恐竜の化石のような倒れ方
木材腐朽菌に犯されて、土に還るまであとどれ位掛かるんだろう


a0041722_2324242.jpg


今はまだ元気伸びていく木々も、いつかは土に還る時が来るのだろうけど
それはきっと私が、この世から居なくなってから相当の後の事なんだろう


a0041722_23263131.jpg


本当になんだろう、コロコロと変わる天気で雨の湿気と照りつける日差しの熱で激しく蒸し暑い


a0041722_23281262.jpg


こんなに歩くつもりも、雨に降られる予定も無かったのでタオルを持ってこなかった
ズボンのポケットに入っていたバンダナ1枚だけが唯一の汗拭きだったが、それも既に汗と雨でぐしょぐしょになっていた
丁度いい塩梅に沢が流れていたので、そこで一度洗濯してみたが、残念ながら上流から桃は流れてこなかった

以前に小国の山の中で飲み物を持っておらず、沢の水を舐めてみた事を思い出した
今回はいつもの壮健美茶500mlを持っているので、沢の水では洗濯しただけだ

OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ZD ED9-18mm&14-54mm

by Tome300 | 2012-08-15 23:35 | | Comments(2)
Commented by TOOLKIT at 2012-08-16 09:32 x
ああ…こりゃ駄目でしょ…(汗)…。
吊り橋ぎりぎりまで接近した画像だけで十二分です。
…不思議な倒木の形状に見入ってしまいました…。
Commented by Tome300 at 2012-08-16 21:50
TOOLKITさん、こんばんは。
あぁ~えらいスンマヘン、きっと間違いなく反応してくださると思いまして(^^;;
ギリギリまで寄ったんじゃなく、一応3mほど渡ってみました・・・が、これ
以上は予定外って事で恐々引き返しました。

いろんな倒木に出会えましたが、??ってなものが多いですね(^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 深夜再び      落陽 >>