2019年 04月 30日
〆っ括り
さしたる感慨もないけれど、平成最後の夜となりました。
明朝、目が覚めると令和になっている訳ですが、きっと何かが大きく変わっている事など無いのだろうなぁ・・・

a0041722_22092597.jpg

振り返れば、個人的にも通しで31年間過ごして来た訳なので
色々あったなぁ・・・なのですが、それを書き始めるとキリがない

ただただ思うのは、大きな災害がやたらと多かったなぁっと
私自身が直接被災するようなことは幸いにしてなかったのですが
長男坊の学校がもろに被災した中越地震が一番印象深かったかな

私が住んでいる下越でも結構な揺れだったのですが、長男坊の学校は
一部校舎・寮もかなりの被害を受け、一晩体育館で過ごしていた彼を
翌朝、迎えに行ったの時の衝撃は今も忘れられない

R8から悠久山へ向かう道は平らな個所がない!
マンホールは数10cm隆起・・・いや道路が陥没しているのか?
あちこちでニョキニョキと、車の進行を阻んでいる
真っ直ぐに立っている電柱は皆無、家々の瓦は剥がれ落ち
所々に半分つぶれかけた家・・家・・・・

何とか辿り着いた学校の中へ入ってみたが、あちこちの壁は剥がれ落ち
コンクリートの壁はいたる所ひび割れ・・・・あちこちには瓦礫

彼と彼の同級生を拾って、取り合えずとコンビニに入ってみたが
当然の事ながら電気が来てない、中はうす暗く冷蔵庫は・・・

その後、学校は1ヶ月以上休学となり・・・・

多くの犠牲者が出た東北の震災、はるか昔だと思っていた阪神淡路の震災
どれも平成の中で起きた災害だ

来たる令和の年はあまり大きな災害など無いように祈りたい
そして、今くらいにそこそこ幸せに暮らして行ければ良いなぁっと


a0041722_23013523.jpg
a0041722_23014342.jpg
a0041722_23014727.jpg
a0041722_23015256.jpg
この山毛欅たちは推定樹齢300年だそうだ
その間大きな災害等に何度も遭遇して来ただろうが
それを乗り越えてここまで大きくなれた

もちろん自分が300年も生きていたいとは思わないし
この地球が未来永劫にこのままとは思えないが
せめて自分の子や孫達の時代くらいまでは
健やかに生きて行ってくれたらと思う

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di


by Tome300 | 2019-04-30 23:14 | | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 酒とバラの日々      山毛欅とわたし・・・ >>