2019年 08月 05日
海と星とサンゴの言い伝え
海星と書いてヒトデと読む、ググってもなぜか?海星高校ばかりヒットする。
もう一つ、海星と書いてミホシと読ませる女の子の名前、要はキラキラネームって奴なのだろうか?
しかし正式な読みがヒトデな訳だから、私の様ないじめっ子から「や~いや~い、ヒトデ!!」とかって揶揄られたら可哀そうだなぁ。
そもそもキラキラネームってのは妙な読み方させるのが多くて、どうにも気持ち悪い。
私はまだ孫持たずだが、孫にそんな変な名前つけやがったらただじゃぁ置かねぇと言ってある。
幸い、直近で可能性のある次男坊もその手の名前は嫌いだと言っているので安心している。

a0041722_09242967.jpg
土曜の夜、正確には日曜の未明3連荘で星撮りだ
日曜の朝は釣りか撮影と決めているがこの暑さだ
6時を過ぎるとあ゛~~アジジとなり、8時頃になると耐え難い暑さ
そして9時を過ぎれば熱中症必須だ

そんな中で釣りをするほど馬鹿じゃない(結構するけど)
かと言って朝の撮影も、さして面白みがなさそうだ
幸い日付が変わる頃から全天晴予想だ
日付が変わった頃に起きだして、陽が昇ったら帰って寝る作戦なのだ

a0041722_09243310.jpg
手始めに、良く行く釣り場
護岸下の砂浜が切れた辺りに車横付け
護岸の一番下にクーラーボックスを置いて
それに腰かけて、のんびりと竿を出す、楽ちんポイントなのだ

一枚目はRAWから直にコンポジット
2枚目はRAWを現像後TIFF出力してコンポジット

結構違うもんだ・・・・どっちが好きかはお好みだ

で、海星は分かったけれど、サンゴの言い伝えは?
う~~~ん、某シーナさんからのパクリなんで何ともいやはや
そもそも新潟にサンゴなんてある訳ないじゃないですか

などと言うなかれ、佐渡に小規模ながらサンゴ礁があるらしい

Tamron SP15-30mm F/2.8

そして昨夜は2週連続開催のハンガリーGPだった。
いや~~痺れた、本当に痺れた。
RBのフェルスタッペンが初のP.Pを獲得、そのまま独走してフィニッシュ!を期待したけれど、さすがに簡単にポールtoフィニッシュとはいかなかった。
スピン、クラッシュと言った派手な展開はなかったが、先頭をひた走るフェルスタッペンとそれを追うハミルトンの攻防は、派手さはないがまさに手に汗を握る戦いだった。

国際映像には殆ど写らない接戦だったが、タイミングモニターに表示される緊迫した戦いは熱い熱い!!
結局、最後は戦略が明暗を分けた様に思えるけれど、でも・・・あのまま最後まで走ってもいつかは抜かれていたような気もする。
まぁ、2位になってしまったけれど不思議と悔しさはなく、あぁ・・・・終わった・・・・って安堵感。

しかし、セカンドのガスリー君は何やってたんだろう?(^^;;;


by Tome300 | 2019-08-05 10:07 | 星景 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 銀河鉄道の夜      賑やかな空 >>