2020年 02月 24日
死ぬかと思った!
数時間前だ、お昼に7-11のパスタを食べた。スープたっぷりボンゴレって奴だ。

当たり前に順調に食べ終え、スープたっぷりと標榜するだけあって、たっぷり残ったスープを一口ズズッっと・・・・啜ったら、輪切りの鷹の爪が喉に引っ掛かった。
辛いのが通過するのなら「辛い!」で済むが、そこに停止して引っ付くと辛いじゃなく「痛い!」のだ。
吐き出すに吐き出せない、ブホッブホッとむせ込んで、痛い辛い、涙は出るわ鼻水は出るわ・・・・
なんとか初期の発作(大げさ・・・・じゃない、本当に死にそうだった)を乗り越えたが、まだ口中が痛い、気付かない内に汗にまみれていた。
うがいをして鼻をかむと、なんと!!鼻から牛乳ならぬ輪切りの鷹の爪が丸のまんま出て来やがった(滝汗

そうか・・・口を閉じたままむせたせいで、鷹の爪の輪切りが鼻に回ったのだ。
道理で尋常じゃなく痛い訳だ、「へへん、そんな大した事なかろう?大げさに書いてんじゃね?」とお疑いの方は、試しに鼻の穴にトンガラシを突っ込んでみるがいい。
飯粒や他の異物が何かの拍子で鼻に回っただけでも結構痛い、大抵の方は一度は経験しているだろう。
それが鷹の爪だよ?痛くない訳ないじゃん!!
食べてる時から結構辛いパスタだなぁと思っていたが、こんな危険なパスタ売って良いんかい?と7-11にクレームを入れて置こう。

死ぬかと思った!_a0041722_16421427.jpg

何の脈絡もなく先日の海岸徘徊の続き

死ぬかと思った!_a0041722_16421105.jpg
岩船の橋の上から

死ぬかと思った!_a0041722_16420859.jpg
もうちっと雪が欲しい、光も欲しい


死ぬかと思った!_a0041722_16420166.jpg
端から降りて、漁師町を徘徊
海岸端によく見る廃漁師小屋っぽいのがあった

こんなのが住宅街に紛れ込んでいるのも漁師町ならだ

死ぬかと思った!_a0041722_16415639.jpg
とある一軒の家の裏に鎮座した錨

廃棄された冷蔵庫とのコラボがカオスなのだ

Sigma 24-105mm F4 DG OS

とまれ無事、九死に一生を得て無事生還した訳だが、本当に辛かった。
良い子の皆さんは決して真似しないように!!


# by Tome300 | 2020-02-24 16:52 | | Comments(0)
2020年 02月 23日
あっと言う間に
先週まで暇で暇で・・・・だったが、漸く少し忙しくなって来た。
当然撮影より仕事優先だ・・・・こんな時だけ(^^;

あっと言う間に_a0041722_10472135.jpg

先日の白鳥を撮りに行く前に
三日前に来た時は入れなかった田んぼ


あっと言う間に_a0041722_10472582.jpg
下の夜明け前の三日後だ
あっと言う間に雪が消えてしまう
雪も少ない上に、何より気温が高い

あっと言う間に_a0041722_10472730.jpg
三脚を横に数十メートル

こっちの方が好きかも

あっと言う間に_a0041722_10473125.jpg
夫婦?親子?の2匹連れ、田んぼを照らすと怪しく光る眼
この日は狸とやたら遭遇した

あっと言う間に_a0041722_10473326.jpg
雪の消えた農道を移動しながら撮り歩く

あっと言う間に_a0041722_10473670.jpg
たまには北の空
ポラリスを挟んで、北斗の星たちと、分かりにくいがカシオペア


Tamron SP15-30mm F/2.8 Di





# by Tome300 | 2020-02-23 10:59 | 星景 | Comments(2)
2020年 02月 18日
夜明け前
未明の月夜を徘徊した後は、なんだか妙に眠気が差して来た。
胎内川の橋の上からそのまま帰ろうと思い車を走らせたが、広い雪面に点々と着き残った街灯を見てちょっと寄り道。

夜明け前_a0041722_11121077.jpg

薄明が始まったばかりの空は、深く深く蒼く

夜明け前_a0041722_11121326.jpg

夜明け前_a0041722_11121656.jpg
胎内スキー場をバックに

夜明け前_a0041722_11122106.jpg
やっぱり、これ位の時間帯が一番好きだな~


夜明け前_a0041722_11122501.jpg
折角だから陽が出るまで待機

Sigma 24-105mm F4 DG OS




# by Tome300 | 2020-02-18 11:52 | | Comments(0)
2020年 02月 17日
ときには星の下で眠る
そんな悠長な事など言っていられない。

ときには星の下で眠る_a0041722_22353004.jpg
静かに静かに、極力静かに抜き足差し足にもかかわらず
グェ~グェ~と喧しい

ときには星の下で眠る_a0041722_22352087.jpg
こちらは10枚ばかしコンポジット
動き回ってて何が何だか・・・

ときには星の下で眠る_a0041722_22352748.jpg
おまけに臭い!!
ちょっと鼻の効く私には無理

ときには星の下で眠る_a0041722_22352398.jpg
やっぱ、動きすぎて美しくない(^^;

しかし、白鳥は鳥目じゃないんんだろうか?
深夜でも編隊を組んで飛んでいるから、鳥目じゃないんだろう

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di

ちなみに大抵の鳥(鶏とか雉とか以外)は人間並み若しくは人間以上に夜も見えているそうな。
そりゃそうだわ、潟端を深夜徘徊していると鴨とか水禽が大騒ぎするもんな~



# by Tome300 | 2020-02-17 22:50 | 四季 | Comments(0)
2020年 02月 15日
天の川を追いかけて
足跡を追いかけて見たけれど、余りにも遠くまで続いていたのでギブ。

天の川を追いかけて_a0041722_09241671.jpg
関川の山田から降りて黒俣集落の田圃で一枚

サソリの頭が少しだけ見える

月の明かりが強烈だから、街灯なんざ気にせず撮れる


天の川を追いかけて_a0041722_09242185.jpg
天文台へのアクセス路入り口

サソリはかなり立ち上がっているけれど

あまのがわ つきのひかりに かきけされ

ホンワリとわずかに見える様な見えない様な
そんな時は心の目で見るのだ

天の川を追いかけて_a0041722_09242770.jpg
除雪はされていないけれど、痕跡は多数あるので
もしかして天文台まで辿り着けるのか・・・

行って見ようかと思ったけれど、深夜に亀になるのも嫌なので止めといた


天の川を追いかけて_a0041722_09243198.jpg
薄明の橋の上から

月のない夜だと全体が緑色になってしまうけれど
これ位なら何とか・・・つうか、仕方なく許容範囲

サソリはほぼ姿を現したが

あまのがわ つきのひかりに かきけされ

つうか、薄明の光にか

そんな時はやっぱり
そんな時は心の目で見るのだ

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di




# by Tome300 | 2020-02-15 09:48 | 星景 | Comments(0)