カテゴリ:星景( 83 )

2019年 02月 16日
Starry Night 2019 2nd Nights last
奇跡的に晴が多かった先週に比べ、今週は寒い、雪&曇り・・・・おまけに月が大きい。
と言う訳で残り物を・・・・

a0041722_11290286.jpg

船着き場から先へはあまり行かないが、たまに行って見た
だだっ広いんだよなぁ・・・・

a0041722_11285780.jpg
やっぱりここら辺が一番好きだし絵になるなぁ・・・個人的嗜好ですが

a0041722_11285471.jpg
テクテクと暗い潟端の道を散歩
この時期の潟端の道は鳥さんのウ〇コで埋め尽くされている
どう歩いても避けようがないから、完全無視なのだ

a0041722_11285268.jpg
進入禁止の木道に架かる橋

橋は大丈夫だけど、そこまでの木道が結構酷い事になっている
長靴を履いていれば大丈夫だけれど、短い靴だとちとヤバい
それに泥だらけで後が大変だ

a0041722_11284917.jpg
帰りの木立道、完全なる失敗作・・・・
空と地上の境界なのだろうけど、流石に無理の様だ
設定次第で上手く行くかもしれないし、強調しなければさほど気にならないけれど

a0041722_11480394.jpg
悔しいし勿体ないから一枚撮りで現像・・・・ついでにモノクロ化

幹の周りに出来る影は一体何なんだろう??

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di


by Tome300 | 2019-02-16 11:50 | 星景 | Comments(0)
2019年 02月 08日
Starry Night 2019 2nd Nights Ⅲ
昨夜は端から端まで徘徊しながら10数ショット撮ったのでネタには困らないのだ。
折角なので同じファイルを、Sequatorの設定を変えながら何種類かコンポジットして見た。

a0041722_22380598.jpg

15mm F3.2 
ISO2000 13sec×15枚コンポジット
取り合えず害をなりそうにないものを全てonにしてみたら、元ファイルより少し暗くなった

TIFFを現像時+1.1EV(地上部のみ段階フィルターで-0.4EV)


a0041722_22380748.jpg
Enhance star lightをoffにしてみたら、ほぼ元ファイルと同じくらいの明るさ

TIFFを現像時+0.5EV(地上部のみ段階フィルターで-0.4EV)

a0041722_22380951.jpg
取り合えず全部offにしたら、えらく明るく緩くなってしまった


TIFFを現像時-0.1EV(地上部のみ段階フィルターで-0.3EV)
コントラスト・明瞭度かなり+した

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di

結構違うもんだなぁと・・・・じゃぁどれが正解なのかと言うと、まぁ好みの範疇?
個人的には1枚目かなぁ?でも星がちっとばかしうるさいか?Enhance star lightを確かMaxにしたような気がするから、それを下げれば丁度良い塩梅になるんだろうか。
今回は地上部がかなり明るかったので-補正したけど、もっと暗い所なら真っ暗になったかもしれない・・・微妙だなぁ(^^;

このサイズだと分かりにくいかも知れないが、シリウスの少し下のおおいぬ座辺りの星がにゅーっと伸びてしまっている。
3枚ともすべて同じ様になっているので、設定によるものじゃないのだろうけど・・・なんでなんだろう??
まぁいいや、あんまり目立つようなら雲があったと言う事で消しちゃおうって事で(^^;;;


by Tome300 | 2019-02-08 23:01 | 星景 | Comments(0)
2019年 02月 06日
Starry Night 2019 2nd Nights Ⅱ
今夜は曇りだろうなぁと思っていたが、仕事の打ち合わせの帰り道に車を止めて見上げたら・・・・昨夜より素敵そうな星空だった。
カメラは積んであったが、寒空徘徊用の越冬装備までは用意していなかった。
仕方なく大通川にかかる橋の上から車横付けで数ショット・・・・わずか20分ほどで鼻水駄々洩れになりそうなほどに寒い。
速攻に帰宅しお風呂にザブ~~ン・・・・やっぱりお風呂は良いなぁ(^^)

a0041722_23203858.jpg
大通川に架かる橋・・・・じゃぁありません
昨夜徘徊していた雁晴舎の近くの橋

a0041722_23204108.jpg
大通川に架かる橋の上から・・・・じゃぁありません
2度も言わんでも分かったてるって?(^^;

今回は自分の復習兼ねて、こってり目に現像、ボカシも大きく目立たせて見た
初めの頃はパラメータの塩梅がよく分からず「ちょっと違う」的になっていたが
漸く勘どころが分かったような気がする

実は気がするだけで、また暫くやらんかったりすると元に戻ってしまう可能性もあるけれど(^^;

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di

立春を過ぎて二晩続けての晴れ間だ。
漸く春なのか?


by Tome300 | 2019-02-06 23:31 | 星景 | Comments(2)
2019年 02月 05日
Starry Night 2019 2nd Nights
今宵も福島潟なのだ。
朝からGPVを見ていると、どんどん悪くなる一方だ・・・・・う~~~ん、どうしよう?
胎内方面はナイターの灯りが嫌だし、県北まで走るには予報が良くない。
瓢湖でもと思ったが昨年の嫌な思い出が頭をよぎる、こんな時は安近短な福島潟なのだ。

a0041722_22384112.jpg

今回はsequatorで合成する際、JpegとRAWじゃどんだけ違うんだろうか?と試してみた。

a0041722_22384452.jpg
結構違うなぁ・・・・
Jpegは「STD」で余り補正が掛からんようにしているんだけど
やっぱりそれなりに掛かっているんだなぁと実感

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di

先週お会いした若い女性、まさか今日は来てないだろうと思っていたらお出でになっていた。
しかも今夜はお友達連れで・・・・男性だったのは残念(爆
お友達含め↑のを撮りながらしばしお話していたら、sequatorの使い方とソフトフィルターを使わない星のボカシ方を教えて欲しいと。
ハイハイ、後で分かりやすく書いときますよ・・・・なんて安請け合いしたけれど、私が書くより他の方が分かりやすく解説しておられるんで、そっちを見てもらって方が分かり易いかな?と思ったので、リンクを貼って置きます。

sequatorの使い方 基本的な使い方が分かりやすく解説されています。

sequatorのすすめ  ソフトの導入から 動画で解説されています。

ちなみにファイルはTIFFでなくてもRAW若しくはJPEGでも処理してくれます。
ただ両方とも設定を真似すると(私の場合だけかも?)ちょっと変になったりして、今一つ結果が良くないので試行錯誤する必要はあります。

星のボカシ方はこちら Youtubeの動画で分かりやすく解説してくれていますが、細かい数値はその時その時で変えますので試行錯誤 して見て下さい。

いずれも初めはちょっと戸惑うかもしれませんが、何度か使ってみれば然程面倒なく使えるようになると思います。


by Tome300 | 2019-02-05 23:25 | 星景 | Comments(4)
2019年 02月 04日
続 Starry Night 2019 1st shot
雲が出て来たらさっさと帰って晩酌と目論んでいたが、予報は良い方向に外れいつまでもオリオンは輝いていた。
それも不思議な事にオリオンの周囲だけポッカリとあいたままで。
♪雲は月を隠さぬように~ならぬ、♪雲はオリオンを隠さぬように 優しく流れ・・・なのだ。

a0041722_14442224.jpg

a0041722_14442507.jpg
a0041722_14443017.jpg
a0041722_14443399.jpg
a0041722_14443869.jpg
a0041722_14444188.jpg
いつまでも撮っていたいけど
あとの現像が大変なので切り上げよう・・・何事も程々が肝心なのだ

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di

PanaからS1/S1Rが発表された(海外でだけど(^^;)。

なんだかどこのメーカーも似たり寄ったりで、選択肢が広がっているようでいて、逆に選ぶ楽しみがないと言うか・・・
動画撮らない、連写しない、人なんてめったに撮らないから瞳AFだとか顔認識とか要らねぇし。
まぁ時代の趨勢、静止画の画質なんてある意味高止まりなんだろうから、仕方のない事なんだろう。

でだ、S1/S1Rデカい!ものすごく重い!!なんと!!D850より重いのだ。
無駄に小さく軽いのは色んな意味でどうかと思うけど、あの重量級のD850より重いのだ。

実はこんな事を目論んでいた。
S1(画素数の少ない方ね)を買って、その内出るであろうSigmaのLマウント超広角、若しくは他社のLマウント単で星景用。
そして今年中に出るであろうFoveonのフルサイズ機で薄明~薄明まで運用、手持ちのSigmaレンズもマウント交換&アダプター経由で運用。
なんて考えていたんだけどね~デカいわ(^^;
まぁ100歩譲って大きさ重さは良い、EVFはきれいそうだし、3軸チルトも付いてる、SDメディアも使える・・・・値段がちょっと高い(^^;
値段は半年・一年経てばかな~~り下がるのが、Panaのお約束なんでまぁ良い。

しかしSigmaのフルサイズ機は、Quattro辺りからFoveonがFoveonじゃなくなった前科もあるし・・・・とっても不安だ。
2019年中に発売予定とか言ってるけど、それも怪しい・・・・
それにQuattroのデザインはやっぱり、正直言ってちょっと恥ずかしい。
今度はなんちゃってミラーレスじゃなくて本当のミラーレスだから、デザインも洗練されるかもしれないがどうも不安だ。

取り合えず昼間の撮影はD810で十二分に満足しているが、問題は夜間徘徊の時だ。
やっぱりどうしてもノイズは多めだし、それもいやらしい斑な色ノイズだし、熱被りなのか縁がマゼンタ被りするは本当に勘弁して欲しい。
でだ、Z6を星景用に・・・・う~ん、D750で良いんじゃね?、いやいっそD610で良いじゃね??・・・・また同じ事を書いてしまった。
あ"~・・・もう、脳みそがカオスだ。


by Tome300 | 2019-02-04 16:58 | 星景 | Comments(0)
2019年 01月 30日
Starry Night 2019 1st shot
GPVを見たら、久しぶりに晴れ間が出そうだったので特攻してみた。
日暮れの頃から薄明終わりまで、その後は徐々に雲が広がりそうなので夕飯も食わず、コンビニの肉まんで取り合えずエネルギー充填。

a0041722_23065018.jpg
あ~・・・思ったより雲が多いなぁ
あんまりひどくなったら帰ろうなどと思いつつ

これを撮って、背面液晶で見たみたら・・・なんかちょっと変?
拡大するとちょっとピンボケだ
まぁこのサイズだと殆ど分からんと思うので載せて見た

a0041722_23065350.jpg
改めてピント合わせし直して、念のためテープも張って撮り直し
段々雲が広がると思っていたら、逆に少しずつ切れて来た

a0041722_23065648.jpg
相変わらずNinoxと新発田市街の灯りが凄まじい

a0041722_23065944.jpg
ここまで通い詰めると絵になる場所、好きな場所は決まってしまう
地上風景の変化で季節を感じ貰うしかない・・・それにはもう少し雪が欲しい

a0041722_23070461.jpg
木立の道を歩きながら

オリオンが隠れてしまった
実はわざと隠したんだけど
こんなに幹や枝が空に掛かると、sequatorも処理し切れないだろうから単写で撮ってみた

a0041722_23070661.jpg

やっぱりノイズが多いなぁ・・・・



Tamron SP15-30mm F/2.8 Di

多分おそらく貸し切りだろうと思っていたら、同業の方がお一人いらしたので取り合えずご挨拶した・・・・びっくりした。
当然男性だろうと勝手に思い込んでいたが、女性だったのでたまげた(^^;
それも多分かなりお若い(なんせ暗闇なのでよく分からん)だろう女性が、一人で星撮りに来てるなんて全く想像もしなかった。

ちょっとお話ししたら、女性でも星撮りに来られてる方は結構いるらしい。
帰り際に、このBlogの宣伝をして置いたので多分見てくれてるだろう・・・・多分(^^;


by Tome300 | 2019-01-30 23:31 | 星景 | Comments(2)
2018年 12月 27日
冬の二等辺三角形 其の弐
引き続き、勝手に命名「冬の二等辺三角形編」。

a0041722_09315753.jpg
薄明が終わる前にあちこち走り回ってみた
ダムの近くは色かぶりが酷いなと思いつつ、そのまま・・・


a0041722_09320174.jpg
どうやっても機材の影が映り込むので、通せんぼして見た
誰かに見られたら恥ずかしいなぁと思いつつ・・・幸い誰も通らず

a0041722_09320400.jpg
久し振りに胎内川からかかる橋の上から
東の空はすでに明るくなりつつある

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di




by Tome300 | 2018-12-27 09:37 | 星景 | Comments(0)
2018年 12月 25日
冬の二等辺三角形
日曜は日付の変わる頃から真っ暗だった・・・・騙されたばかりだけど。
どのみち朝まで真ん丸のお月様が頑張っているので、薄明間際にゆっくり出掛けて見た。

a0041722_13514023.jpg

真ん丸の月は西の空に未だ頑張っているけれど
東の空の星たちもここぞとばかりに頑張っている

それでも月の力は強力で小さな星々たちは、その光でかき消され

かき消された星々の中で強く輝く星だけが目立っていた

夏の大三角、冬の大三角はよく聞けれど
こんな二等辺三角形あったんだ

a0041722_13514262.jpg
金星とスピカとアルクトゥルス
勝手に冬の二等辺三角形と命名してみた

a0041722_13514519.jpg
先週辺りは長靴を履いていても
歩いて行くのが少々難儀な位に積もっていたが
あっと言う間に溶けてしまい、もうすっかり春の雪景色の様だ

a0041722_13514833.jpg
気温も高いし、雪もほとんど降らない
なんだかあと僅かでお正月??なんてピンとこない

a0041722_13515058.jpg
などとのほほんとしていると、週末には寒波来襲と・・・・
あんまり降らないと良いなぁ

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di
Sigma 24-105mm F4 DG OS



by Tome300 | 2018-12-25 14:02 | 星景 | Comments(2)
2018年 12月 21日
垣間見る星空 Vol.2
樽口集落のどん詰まりから、梅花皮荘まで行く途中にあちこちで空を見上げて見るが、ほゞほぼほぼ・・・・雲(^^)
たまに雲がポッカリと口を開けたりするが、諮詢している間に、準備をしている間に、あっと言う間にまた再び口を閉じてしまう。

a0041722_09072640.jpg
あぁ~帰ろうか??・・・と思いつつも、梅花皮荘に着いたら奇跡が起きた

a0041722_09072932.jpg
折角なのでもう1ショット

a0041722_09073303.jpg

そうこうしている間に再び雲が・・・・
帰りかけた途中、小玉川に架かる橋の上から無理矢理1枚

空さえ良ければ、朝まで居て朝風景でもと思っていたが・・・・
a0041722_09080707.jpg
そして山を降りて妾宅まであと3分って所で、目の前の空をよく見ると雲がな~い!!
一瞬迷ったがすぐさま海へ
一番近くて絵になりそうな場所に来て見たら、西の空から早くも雲が・・・・(;;)

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di


by Tome300 | 2018-12-21 09:20 | 星景 | Comments(2)
2018年 12月 19日
垣間見る星空 Vol.1
土曜の夜、ポッカリと黒い部分があったので晩酌も我慢して走って見た。

a0041722_19500685.jpg
しかし・・・・本当にポッカリなのだ

a0041722_19502153.jpg
いよいよ、どん詰まりまで来たけれど
相も変わらずポッカリ且つ雲はどんどん流れ
目視だと泣きたくなるほどにポッカリなのだけれど
現像して強調すれば、少しだけ星空っぽく


a0041722_19502559.jpg
丑三つ時と言うに、街灯は煌々と雪面を照らして

Tamron SP15-30mm F2.8 Di


by Tome300 | 2018-12-19 19:56 | 星景 | Comments(4)