カテゴリ:星景( 55 )

2018年 03月 12日
Bridge in the Milky Way
小国の前に、ぜひ寄りたかった場所で一発


a0041722_23251363.jpg
天の川にかかる橋・・・・の予定だったけれど、ちょっと見当違いだった

Tamron SP15-30mm F2.8 DI

残念!!!


by Tome300 | 2018-03-12 23:28 | 星景 | Comments(2)
2018年 03月 11日
Shiningstar in Mt.Iide
今日行かねば、いつ行くんだ?って位に真っ暗なGPVだ(^^;
いつもより更に早めに起きて小国を目指す、国道も町道も雪はないので安心して走れる。

雪の壁は平均2m
壁に遮られ、どこを走っているのか見当がつかない

途中をすっ飛ばして、梅花皮荘まで

a0041722_22280087.jpg

飯豊の山並みが、いつもの雄大な姿を満天の星の下に姿を現す

a0041722_22280454.jpg
珍しく30mmで撮ってみた
20secでも相当流れる

Tamron SP15-30mm F2.8 Di

行って良かった~~~!!!
月はすでに昇っていたが、他に光害の無い空は十二分に美しい





by Tome300 | 2018-03-11 22:35 | 星景 | Comments(10)
2018年 03月 06日
Ice in the Moonlight
冷たく光る月と氷は相性抜群だ。

a0041722_11022505.jpg

a0041722_11022805.jpg

a0041722_11023102.jpg

Sigma 24-105mm F4 DG OS


by Tome300 | 2018-03-06 11:03 | 星景 | Comments(0)
2018年 03月 03日
福島潟で早朝デート
今朝は晴れ予報、当然早起きして近場のいつもの福島潟へ・・・・

a0041722_11373843.jpg

かなり大きめの月は明かるすぎて、あんまり星景向きではないけれど
薄明が始まる頃になれば、夏の星座のさそりがくっきり姿を現す

冷え込みがきつそうなので朝靄を期待したが、冷え込みが足らず・・・
その割には水気のある至る所カチカチに氷結している

a0041722_11374201.jpg

向こうからやって来たオジサンが「月が明るすぎて・・・」と声をかけて寄越した
なんか聞いた事のある声だなぁと思いつつ「そうですか~?」などと
惚けた答えを返して置いて後を付けていくと、やっぱりh男さんだった(^^;

D810とα7R3を並べてみた
レンズでか!!ボディーもさほど変わらんじゃん・・・それはないか(^^;
流石同じ場所では同じような構図で撮っている

今度、顔が判別できない時に会った時用に合言葉を決めた
「山」「川」

でも、「山」とか言って全然違う人だったらかなり恥ずかしいかも(^^;

Tamron SP15-30mm F2.8 Di
iphone6



by Tome300 | 2018-03-03 11:56 | 星景 | Comments(4)
2018年 03月 02日
海・雲・星・・・
昨日からず~~~っと、ものすごい風だった。
溶けかけた雪はただでさえ薄黒くなりかけていたのに、風に吹かれ落ちた木の葉や枝でさらに薄汚れてしまった。
車で走っていると、遮るものの無い田んぼの真ん中の看板があちこちで傾いたり倒れていたり。
台風でもこんなにならないよなって位に、骨の少ない車庫の二階の仕事場はゆらゆら揺れた。

そんな風も漸く止んだかな・・・・


a0041722_17364450.jpg
Tamron SP15-30mm F2.8 Di

今週末は久しぶりに天気が良さげだ。


by Tome300 | 2018-03-02 17:39 | 星景 | Comments(0)
2018年 02月 25日
冬の蠍
昨日の朝、なんとなく晴れるかもなぁって感じの予報だったので、久しぶりに超早起きしてみた。
まだまだ夜明けが遅い時期なのだが、予報によるとかなり早めの時間が良さそうだったのでAM2:30起床!!!

a0041722_10521852.jpg
おぉ~って位に靄っているが、それが邪魔で低空は霞んでしまっている
それでも何とか、蠍の頭を捕獲

a0041722_10522248.jpg
然程冷え込んでいないように思えるのだが
車道は前夜に降った雪が溶けかけて、また凍って
パリパリと言うか、カリカリと言うか、車を走らせると良い感じの音を立てている

a0041722_10522619.jpg
ナイターの明かりは消えているが、それでもかなり明るい光が
サソリの横に薄っすらと、夏の天の川が見えるような見えない様な

この先はいつも行く場所・・・・
もう少しきっちり晴れてくれたなら、スノーシューで行って見ようと思っているが
雪が溶けるまで、そんなチャンスはあるのだろうか?

Tamron SP15-30mm F2.8 Di


by Tome300 | 2018-02-25 11:02 | 星景 | Comments(0)
2018年 02月 23日
大池ボツ
昨夜は久しぶりの晴れ間が出そうなので出撃!!と張り切っていたら、時間が経つにつれどんどん悪い方に予報が変わって行く。
それでも北の海岸線は何とか晴れ間が出そうなので、無理矢理出撃してみた。

a0041722_17313464.jpg

大池に着いてみると、ちょうどオリオンの方向に雲が・・・・
何とかオリオンが見えるのが救いだ

a0041722_17313832.jpg
大池で白鳥と戯れ、ボツを何枚か撮って北上しようかと思ったが
なんだか走っている内に曇って来そうな予感がして途中下車

北向きの空は北斗七星とカシオペアが、丁度いい塩梅に並んでいる
北斗七星はまだしも、肉眼ではすぐ認識出来るカシオペアが、モニターで見ると他の星に紛れてよく分からなくなる
北斗七星をちょっとだけ、カシオペアをこれでもかって位に別々に強調して漸くわかりやすくなった

a0041722_17314132.jpg
南向きは相変わらず低い所に雲が居座っているけど
オリオンと仲間たちはなんとか写ってくれる
右側の月を切るように写したが、半月とは言え強烈な光だなぁとあらためて(^^;
地上部はNinox・新発田・新潟辺りの光がもろだ

Tamron SP15-30mm F2.8 Di

大池で白鳥たちを写したけれど、なぜか?なぜか?痛恨のピンボケ!!最初のは上手く写ってたのになぁ・・・・移動の時触っちゃったかな??

かなり前に大池に立ち寄った時も、何やら怪しげな明らかに密会してるでしょ??って感じの二台の車がいた。
今回も駐車場の最奥に二台並んで止まっている、まさか同じ人が毎日密会(?)してる訳じゃないだろうから、大池は密会の名所なのか?
一度警官のふりをして職質してみたい(^^;


by Tome300 | 2018-02-23 17:48 | 星景 | Comments(4)
2018年 02月 15日
夜間雪中行軍 in 福島潟・・・中略部・・・その弐
a0041722_15374981.jpg
本当は雁晴れ舎の方まで歩いて行きたいけれど
ツボ足歩きがいい加減に嫌になったので途中でターン

a0041722_15375404.jpg
木立の道をえっちらおっちらとツボ足で歩くと
足跡の無いバージンロード・・・意味が違う??

a0041722_15375757.jpg

いつもは海辺の漁師小屋だけれど
たまには潟端の猟師小屋

a0041722_15380437.jpg
本当に明るい!
法律で光量規制とかって作ってくれないもんだろうか
あそこまで明るくする必要はないし、意味もない
誰も困らないだろうし、何よりエコだろう

a0041722_15380853.jpg
木立の道を引き返して一枚目の場所へ戻ると
オリオンの傾きが目に見えて変わっていた
動いていないように見えて、結構な速さで動いているんだなぁ・・・

Tamron SP15-30mm F2.8 Di

さて・・・・明日の晩は晴れ間が出そうだ。
でも早い時間は雲も多いみたいだし、夜半の方が良さそうな予報。
夕方から出掛けて、そのまま朝まで居れば良いのだろうが、暖かい時期ならともかくこの時期にはきつい・・・・


by Tome300 | 2018-02-15 16:03 | 星景 | Comments(2)
2018年 02月 11日
夜間雪中行軍 in 福島潟・・・中略部・・・その壱
a0041722_21584617.jpg

潟端の道はバージンスノー
スノーシュー履いてのフカフカ雪なら楽しそうだけれど
グサグサ雪の長靴じゃ辛いだけなのだ

a0041722_21584901.jpg
オリオンの方向は新潟市
北斗の方向は新発田~東港
どっちとも、強い光害があるけれど
一応政令都市の端っこなのだから仕方ない

a0041722_21585208.jpg
この棒杭の上はその昔板敷だった
もう一度再現してくれないものだろうか

a0041722_21590005.jpg
ここを真っ直ぐに行くとNinoxへ登れる・・・かも知れない

Tamron SP15-30mm F2.8 Di

今朝も朝から出掛けて山岳警備から沿岸警備して見たが、雨雨降れ降れ♪の世界で1時間ほど無駄なガソリンをまき散らして撤収。


by Tome300 | 2018-02-11 22:08 | 星景 | Comments(0)
2018年 02月 09日
夜間雪中行軍 in 福島潟
ん~~晴れるかな・・・ダメかな~・・・と迷いながらも、夕飯のビールはとりあえず飲まずに置いて。
外に出てみると、なんだか段々雲が多くなってしまっている。
まぁダメ元で行って見るべぇと、超極悪のグダグダの雪道を福島潟まで走ってみた。

福島潟の駐車場に着いて空を見上げると、やっぱり雲が多い。
帰ろうかとも思ったが、折角来たのだから殆ど雲でも良いやとセッティングして歩き出す。
除雪されていない潟端への道は、人様のトレースと言うかツボ足痕と言うかを辿って歩くしかないのだ。


a0041722_22524422.jpg

そのツボ足痕も余り当てにならずならず
時折ズボズボと膝まで潜ってまさに雪中行軍なのだ

いつもの3倍くらい掛かって辿り着いたおかげなのか
奇跡的に雲が取れてオリオンがくっきりと見える

中略

a0041722_22524885.jpg

潟端の周遊路もツボ足痕が入り乱れとってもとっても歩きにくく
三脚を担いで100mも歩くと疲労困憊なのだ
あちこち歩き回って汗まみれになって、体力限界を感じ、なにやら霧も出て来た、雲も出て来たし
満タンだったはずのバッテリーもそろそろヤバそうだし雪中行軍終了!!

Tamron SP15-30mm F2.8 Di


by Tome300 | 2018-02-09 23:11 | 星景 | Comments(2)