カテゴリ:星景( 68 )

2018年 04月 30日
月の光を侮るなかれ
なぁ~にやってんだか!?

月はほぼ満月、無謀にも天蓋高原を彷徨ってきました。

a0041722_22280438.jpg
月を外せば何とかなるんでないかい?

a0041722_22280796.jpg
そんな甘い訳もなく

a0041722_22281082.jpg
素直に昼間撮った方がなんぼか・・・

a0041722_22281330.jpg
でも、ほら薄っすらと天の川が・・・・心の目で見て下さい

a0041722_22281510.jpg
月が沈みかければ何とかなるんじゃね?

そんときゃ既に薄明終了!!背後には太陽さんがスタンバってるって寸法で

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di

そんな訳で見事h男さんと玉砕して来ました・・・帰って来て、データを眺めながらそのまんま消しちゃおうかと思ったけど、たまには(いつもか?)恥晒しも悪くない
(決して宜しくはない(;;))と、泣きながら現像してみました(;;)
こんな事にh男さんまで巻き込んで、とっても申し訳ない・・・まぁh男さんは殆ど寝てたけど(^^;

せめて朝靄と期待してみたけど、それもさっぱり・・・・
a0041722_22281899.jpg
a0041722_22282180.jpg
かわいいフキノトウに癒されて、眠い目をこすりながら帰って寝ました・・・・号泣・・・・・たまにはそんな事もあるさ。


by Tome300 | 2018-04-30 22:42 | 星景 | Comments(2)
2018年 04月 27日
深夜徘徊
然程遠くないとは言え朝の4時頃から徘徊し、朝寝もそこそこにあちこち行って見たり、山手でフキノトウ採ったりで疲れた体に鞭打って夜討ちに出掛けてみた。

a0041722_09364206.jpg

取り合えず川沿いの桜並木

天の川どころか、木星すら昇ったばかり
しかし、背後からの優しい月明かりに照らされた桜並木は美しい

a0041722_09365415.jpg
ちょっと山の上へ登って・・・小さな流れ星


a0041722_09365793.jpg
別なお山に登って、ようやく姿を見せた蠍の頭

a0041722_09370036.jpg
再びさっきのお山に登って、ようやく山の稜線に沿って天の川が薄っすらと


a0041722_09370359.jpg
取って返して今度は峠の上から
流石に昇ったばかりで目視でギリギリ見える位の淡い天の川

a0041722_09370607.jpg
スキーシーズンも終わったと言うのに、相も変わらず賑やかな胎内リゾートの明かり

a0041722_09371134.jpg
再び川沿いの桜並木
月が沈んで明りが無いと・・・・やっぱ夜の桜にある程度の明かりは必須だと

a0041722_09371458.jpg
北斗への道
いつも南側ばっかり撮っているのでたまには北の空も

a0041722_09371828.jpg
尼池への道(^^;
別名、天文台への道

a0041722_09372631.jpg
天の川ほぼ全景


Tamron SP15-30mm F/2.8 Di
Samyang 12mm F2.8 Fish-EYE



なんちゃって~~~

by Tome300 | 2018-04-27 10:40 | 星景 | Comments(2)
2018年 04月 23日
賑やかな夜
土曜の夜の胎内周辺は、なんだか星撮りの人たちが至る所に居たなぁ。

a0041722_22410289.jpg
夜半過ぎには雲が出て来そうな予報
早く出て来たが天の川はおろか、蠍さえ姿が見えず
久し振りにグルグルしてたら、漸く蠍の頭が昇って来た

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di




by Tome300 | 2018-04-23 07:35 | 星景 | Comments(0)
2018年 04月 17日
発作的夜遊び Ⅱ
なんだか忙しくて疲れてしまった。
歳だなぁとつくづく思う今日この頃・・・・発作的夜遊び第2夜目・・・・つうか残り。


a0041722_21364381.jpg
なんだか、ちょっと弄っただけでノイジーに見えてしまう

a0041722_21364746.jpg
画期的ブレークスルーな技術が開発され、ISO3200でもノイズレスなセンサーでも出来ないかなぁ

a0041722_21365192.jpg
でも、4/3からm4/3になった頃E-M5で「星が撮れる~~~!!」と感動した頃に比べれば、はるかにノイズレスなのだけれど
人の感覚はマヒして、欲求に際限はないのだ

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di




by Tome300 | 2018-04-17 21:41 | 星景 | Comments(4)
2018年 04月 14日
発作的夜遊び
ちょっとばかし仕事がビジーだ。
空の機嫌もあまり良くなさそうだし、まぁ良いかと日付が変わる近くまでお仕事邁進していて・・・・なんとなく外に出てみた・・・・え?晴れてるじゃん!!
GPVをみると、もう少し経つとさらに晴れ間が広がってくるようだ。

そわそわと仕事を片付けて、う~~~ん・・・どうしよう?と、まだ迷ってる。
取り合えず、明日は土曜だ!急ぎの仕事も片付けた!良し出陣じゃ~~~!!

a0041722_09273979.jpg
全く出掛ける気はなかったので、行く場所など全く決めておらず
近所のため池(^^;
予想通りあまり面白くない(^^;

a0041722_11084362.jpg

↑のため池だけで帰る予定だったが、さらに瓢湖まで足を延ばしてみた
白鳥たちが居る季節だと人の気配・・・・いや、獣の気配を感じて鳥たちが騒ぎあまりうれしくないが
彼らが北へ帰って静かな湖面は静まり返って少し不気味だ

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di

しかし、遅く寝たからと言っていつまでも寝ていられる訳じゃなく、明るくなると目が覚める・・・爺になった証拠だな。
しかも、目は覚めて寝てはいられないのだが・・・・頭はやっぱりボ~~っとしているのだ。




by Tome300 | 2018-04-14 09:41 | 星景 | Comments(2)
2018年 04月 12日
やっちまったな・・・再び
何やってんだオレ・・・みたいな。

TamA012Nが戻って来たので、早く星を撮りたいと雲ばっかり覚悟で行って見ましたが・・・やっぱり雲ばっかりでした。

a0041722_23573608.jpg
一応、蠍方向
木星が辛うじて写っているけど、蠍は昇っているのか?山に隠れているのか?
しかもだ、この方向に工場はない予定だったけれど、なんかある・・・・

a0041722_23573981.jpg
こっち方向は工場があるのは分かっていたけど、桜と神社の陰であまり気にならない

a0041722_23574261.jpg
それよりなにより・・・・やっちまった(;;)


Tamron SP15-30mm F/2.8 Di

手振れ補正切り忘れた・・・・・・前に使った時は天気が良かったんでOFFにして置いた筈なのに、あぁ筈なのに・・・
星像の確認どころの話じゃない(^^;

追加

a0041722_13564234.jpg
手振れ補正が悪さをするとこんな感じになります。
勝手な想像ですが、シャッタ半押し後すぐに全押しすると補正が安定せず?こんな感じになるのかな?っと思っています(^^;


by Tome300 | 2018-04-12 00:08 | 星景 | Comments(2)
2018年 03月 30日
Lysichiton camtschatcense which blooms under the Milky Way
続きと言うか、中略部。

a0041722_16294205.jpg
少しずつ月の影響も少なくなって、春の銀漢がお目見え
その銀漢に沿うように、流れ星が一閃

しかし・・・木星も無理矢理入れると、スペース少ねぇ~~!!

a0041722_16294817.jpg
同じ様に見えるけど、結構離れた場所なのです
木立の並びも良いし、木立の先端まで何とか入れられたので今回のベストかな

a0041722_16294573.jpg
同じ場所で横にして見た・・・・24mmじゃ流石に狭い
後ろの林はこんなモンだと思ったけど、木立がこんなに高いなんて思ってなかった

a0041722_16295116.jpg
空の色がほんのりと青みを帯びてきた
少し木道をなんて思うと、途端に空が狭苦しくなってしまう

Sigma 24-35mm F2 DG

いつも広い場所を15mmで撮ってると、広すぎて間抜けだなぁ思ってしまう時が多い。
今回は狭い場所だし、水芭蕉をちろっと入れる位にすれば24mmでも十分だろうなんて思っていたが、全然思い違いだった。

くの字に曲がった15-30君は先日ようやく修理がGoになり、修理が終わるのは来月中頃近くになっちゃうんだろうなぁ・・・・
まぁ月もあれだし、ちょうど桜が良い頃だろうから正座して待って居よう。


by Tome300 | 2018-03-30 16:51 | 星景 | Comments(0)
2018年 03月 28日
Lysichiton camtschatcense which blooms under the Milky Way pro&epilogue
なんたって別名スカンクだもんなぁ・・・・花の形が似てるってだけで、臭くもないのに酷い言われよう。

a0041722_17533930.jpg
AM2:30 草木も眠る丑三つ時
皆さん、眠りを妨げてごめんなさい

背後にはまだ、半分の月が沈みかけている
銀漢も昇り掛けているのか?いまだ見えていないのか?

a0041722_17534317.jpg

AM4:33 
薄明が始まり少しずつ青く、明るくなりつつある空には未だ薄っすらと銀漢が浮かんでいる

Sigma 24-35 F2 DG

今日は平日と言うのに早起きだ・・・なんて働き者なんだろう。
2:30に某Hさんと待ち合わせ、「出来るだけ間に合う様に行くわ~」と言っていたが、私が10分前に着くと既にスタンバって居た某Hさんって(^^;

サソリはかなり高くなっていたが、月の光の影響か、まだ見えていないのか銀漢は目視出来ない。
中略
本当は陽が入るまで撮っているつもりだったが、今から帰ればまだひと眠り出来るなぁ・・・と、薄明の空と銀漢のコラボで終了。
一寝入りはしたものの、明るいと上手く眠れず未だ眠たさを引きずったままzzzz
 



by Tome300 | 2018-03-28 18:15 | 星景 | Comments(4)
2018年 03月 27日
山海山山、星空放浪 第四夜
県境近くまで行って、流石に眠気を覚え始めた。
そのまま帰るつもりだった、なんとなく寄り道。

a0041722_17222447.jpg
スタート地点の持倉に立ち寄ったら、良い塩梅に天の川が横たわっていた
林が少しじゃまだなぁ・・・どうしようかなぁと諮詢しつつも、三脚を担いで歩き出す

a0041722_17222870.jpg
開けた場所まで来たら、横たわる天の川が長く見渡せる
15mmで撮りたいなぁっとない物ねだり

a0041722_17223167.jpg
未だ路面は出ていないが、固く締まった雪は歩くのに何の支障もない
結局いつもの持倉の橋の上まで歩いてしまった

a0041722_17223685.jpg
時間はもうすぐ3時(もちろん朝の)だ
こんな所をほっつき歩いて何してるんだろう・・・俺(^^;

Sigma 24-35mm DG

いや~、なんだかとても暖かくて一気に春爛漫だ。
久し振りにファンヒーターを付けずに過ごした、これ位が丁度いい。


by Tome300 | 2018-03-27 17:31 | 星景 | Comments(2)
2018年 03月 23日
山海山山、星空放浪 第三夜
さぁ、星空放浪記もいよいよ第三夜に突入いたしました。
水平線上のオリオンを撮るべく海まで駆け下り、再び山を登って(大げさだなぁ)県境近くまでやって来ました。

a0041722_21053053.jpg
地名で言うなら「八口」、荒川の川幅が一番広がっている辺り

a0041722_21053554.jpg
R113の橋
もう少し待てば、蠍が昇って来そうだけど

a0041722_21053978.jpg
もう殆ど小国に近いここいら辺、流石に空も超クリア
一応集落があるので、街灯がまぶしいけど我慢出来る範囲だ

いつもこの橋の上に居ると、真向いのお宅の飼い犬がうるさい位に吠えるのだけれど、この夜はうんともすんとも言わなかった・・・・
お亡くなりあそばしたかな?(^^;

Sigma 24-35mm F2 DG


by Tome300 | 2018-03-23 21:11 | 星景 | Comments(2)