カテゴリ:星景( 68 )

2018年 03月 19日
山海山山、星空放浪 第二夜

a0041722_22163735.jpg

急ぎ山を下りて来た甲斐あって、なんとか片足を突っ込みかけたオリオン
新潟市からかなり離れているとは言え、遮るものがなく素通しなのでハイライトをかなり落としても強烈!!

a0041722_22164262.jpg
田舎の海岸沿いの道なれど、三桁とは言え一応国道なのでこの時間になっても車の行き来は結構多く

a0041722_22213631.jpg
オリオンの真下にはガス田の強烈な明かりが
どうせなら山など行かず、最初から海沿いを北上して県北まで行けば良かった
まぁ、行けば良ったでナトリウム灯のオレンジ色に悩まされるんだけれど・・・

a0041722_22214001.jpg
荒川の河口まで移動してはるか県北を望む

a0041722_22265631.jpg
近寄るなと書いてあったが、そう言われると近づきたくなる性分だ

a0041722_22270079.jpg
そろそろ蠍の頭が登って来そうな時間だ
土手沿いの道をテイクオフ!なんてつもりで撮ってみたら、何か不思議な痕跡
この日は何とか流星群などと謳いつつもさっぱり流れない時よりも、かなり多くの流れ星が流れていた
もしかしたら火球痕??ただの飛行機雲??いずれにしても初めて見た

Sigma 24-35mm F2 DG





千鳥

by Tome300 | 2018-03-19 22:43 | 星景 | Comments(4)
2018年 03月 18日
山海山山、星空放浪
昨夜はまたまた良い天気だった(またかよ)本当は朝方に行きたい所だが、GPVでは薄明前から少しずつ雲の出そうな予想だ。
そうかそれなら、先日D750と共にデータまで亡くなった名残のオリオンでもと、夕飯を食ってからゆっくりと出撃してみた。

a0041722_22412386.jpg
もっと高い位置にあるのかと思ったら、意外と低く24mmのレンズでも十二分に射程範囲だった

a0041722_22412750.jpg
持倉の集落と西の空
沈みゆくスバル

a0041722_22413237.jpg
黒俣から大長谷にかけての田んぼと北西の空
ふと、今から走れば水平線に沈んでゆくオリオンが写せそうだな・・・・・
大急ぎでR290~R113を下って海に向かう

a0041722_22413762.jpg
流石に水平線近くは靄っているが、十二分にクリヤな空だ
オリオンもまだ没していない・・・・

Sigma 24-35mm F2 DG

久し振りに持ちだした変態レンズ、写りはクリヤでTamronのA012などはとは比べものにならないが、Sigmaの写りの良い明るいレンズってみんな四隅にコマ収差が出ちゃう。
このレンズもご多分に漏れず開放付近は、はっきりとコマ収差が出てしまう。
星野写真を撮る訳じゃなくあくまで星景なので、気にしなければ良いのだろうけど等倍で四隅を見ると・・・・やっぱりがっかりしちゃう。
勿論、出にくいと言われるTamのA012だって、それなりに星像は伸びたり変形したするけど、流石に千鳥が飛んだりはしない(^^;

やっぱり15mmから30mmまでカバー出来てF2.8の開放でもそこそこ写ってくれるA012って優秀なんだなぁっと、おまけに今なら8万台で新品が買えちゃう!!
ただ・・・・・重い!!デカい!!先日の大した転び方した訳でもないのにあそこまでってのは、レンズの重量が大きな要因だったのじゃなかろうか秘かに思っている。


by Tome300 | 2018-03-18 23:07 | 星景 | Comments(4)
2018年 03月 17日
Starry sky heaven OGUNI
ありがたい飯豊を拝んだ後は、あちこちうろつくのだ。

a0041722_09343830.jpg
まずは有名な、廃校後のグラウンド
月を外せば天の川の雫が写ってくれる

a0041722_09344232.jpg
月を入れても、蠍と夏の天の川がかすかに

a0041722_09344562.jpg
一瞬、石室??と思ったが雪を利用した迷路だった
前夜にイベントがあったらしく、どんど焼きの痕跡と藁の燃えた匂い

a0041722_09344962.jpg
樽口の登り口、泡の湯温泉
山の斜面に持たれるように天の川

a0041722_09345376.jpg
あちこちに移動するたび、そこそこで違った姿の飯豊が見れる


a0041722_09345780.jpg

深夜と言うか未明の道路の真ん中に三脚を立てて
朝早い山間の村だけれど、流石にこんな時間は通過する車はゼロ

a0041722_09350133.jpg
北天にも天の川
個人的には銀漢の方がしっくりくる

a0041722_09350468.jpg
吊り橋の上から撮ってみた
そこそこ大きな吊り橋だが、それでも歩けばユラユラと揺れる
三脚を据えてフレーミング、揺れの納まるの待ってレリーズ・・・・・その間、息も止めていると窒息しそうになる

Tamron SP15-30mm F/2.8 Di

今年は殊の外雪が多く、おそらく連休ちかくになっても雪が残りそうな量の積雪だ。
雪景色星景はしばらく楽しめそうだが、田植えはどうするんだろう??と、百姓の小倅は思ってしまう。


by Tome300 | 2018-03-17 09:56 | 星景 | Comments(4)
2018年 03月 12日
Bridge in the Milky Way
小国の前に、ぜひ寄りたかった場所で一発


a0041722_23251363.jpg
天の川にかかる橋・・・・の予定だったけれど、ちょっと見当違いだった

Tamron SP15-30mm F2.8 DI

残念!!!


by Tome300 | 2018-03-12 23:28 | 星景 | Comments(2)
2018年 03月 11日
Shiningstar in Mt.Iide
今日行かねば、いつ行くんだ?って位に真っ暗なGPVだ(^^;
いつもより更に早めに起きて小国を目指す、国道も町道も雪はないので安心して走れる。

雪の壁は平均2m
壁に遮られ、どこを走っているのか見当がつかない

途中をすっ飛ばして、梅花皮荘まで

a0041722_22280087.jpg

飯豊の山並みが、いつもの雄大な姿を満天の星の下に姿を現す

a0041722_22280454.jpg
珍しく30mmで撮ってみた
20secでも相当流れる

Tamron SP15-30mm F2.8 Di

行って良かった~~~!!!
月はすでに昇っていたが、他に光害の無い空は十二分に美しい





by Tome300 | 2018-03-11 22:35 | 星景 | Comments(10)
2018年 03月 06日
Ice in the Moonlight
冷たく光る月と氷は相性抜群だ。

a0041722_11022505.jpg

a0041722_11022805.jpg

a0041722_11023102.jpg

Sigma 24-105mm F4 DG OS


by Tome300 | 2018-03-06 11:03 | 星景 | Comments(0)
2018年 03月 03日
福島潟で早朝デート
今朝は晴れ予報、当然早起きして近場のいつもの福島潟へ・・・・

a0041722_11373843.jpg

かなり大きめの月は明かるすぎて、あんまり星景向きではないけれど
薄明が始まる頃になれば、夏の星座のさそりがくっきり姿を現す

冷え込みがきつそうなので朝靄を期待したが、冷え込みが足らず・・・
その割には水気のある至る所カチカチに氷結している

a0041722_11374201.jpg

向こうからやって来たオジサンが「月が明るすぎて・・・」と声をかけて寄越した
なんか聞いた事のある声だなぁと思いつつ「そうですか~?」などと
惚けた答えを返して置いて後を付けていくと、やっぱりh男さんだった(^^;

D810とα7R3を並べてみた
レンズでか!!ボディーもさほど変わらんじゃん・・・それはないか(^^;
流石同じ場所では同じような構図で撮っている

今度、顔が判別できない時に会った時用に合言葉を決めた
「山」「川」

でも、「山」とか言って全然違う人だったらかなり恥ずかしいかも(^^;

Tamron SP15-30mm F2.8 Di
iphone6



by Tome300 | 2018-03-03 11:56 | 星景 | Comments(4)
2018年 03月 02日
海・雲・星・・・
昨日からず~~~っと、ものすごい風だった。
溶けかけた雪はただでさえ薄黒くなりかけていたのに、風に吹かれ落ちた木の葉や枝でさらに薄汚れてしまった。
車で走っていると、遮るものの無い田んぼの真ん中の看板があちこちで傾いたり倒れていたり。
台風でもこんなにならないよなって位に、骨の少ない車庫の二階の仕事場はゆらゆら揺れた。

そんな風も漸く止んだかな・・・・


a0041722_17364450.jpg
Tamron SP15-30mm F2.8 Di

今週末は久しぶりに天気が良さげだ。


by Tome300 | 2018-03-02 17:39 | 星景 | Comments(0)
2018年 02月 25日
冬の蠍
昨日の朝、なんとなく晴れるかもなぁって感じの予報だったので、久しぶりに超早起きしてみた。
まだまだ夜明けが遅い時期なのだが、予報によるとかなり早めの時間が良さそうだったのでAM2:30起床!!!

a0041722_10521852.jpg
おぉ~って位に靄っているが、それが邪魔で低空は霞んでしまっている
それでも何とか、蠍の頭を捕獲

a0041722_10522248.jpg
然程冷え込んでいないように思えるのだが
車道は前夜に降った雪が溶けかけて、また凍って
パリパリと言うか、カリカリと言うか、車を走らせると良い感じの音を立てている

a0041722_10522619.jpg
ナイターの明かりは消えているが、それでもかなり明るい光が
サソリの横に薄っすらと、夏の天の川が見えるような見えない様な

この先はいつも行く場所・・・・
もう少しきっちり晴れてくれたなら、スノーシューで行って見ようと思っているが
雪が溶けるまで、そんなチャンスはあるのだろうか?

Tamron SP15-30mm F2.8 Di


by Tome300 | 2018-02-25 11:02 | 星景 | Comments(0)
2018年 02月 23日
大池ボツ
昨夜は久しぶりの晴れ間が出そうなので出撃!!と張り切っていたら、時間が経つにつれどんどん悪い方に予報が変わって行く。
それでも北の海岸線は何とか晴れ間が出そうなので、無理矢理出撃してみた。

a0041722_17313464.jpg

大池に着いてみると、ちょうどオリオンの方向に雲が・・・・
何とかオリオンが見えるのが救いだ

a0041722_17313832.jpg
大池で白鳥と戯れ、ボツを何枚か撮って北上しようかと思ったが
なんだか走っている内に曇って来そうな予感がして途中下車

北向きの空は北斗七星とカシオペアが、丁度いい塩梅に並んでいる
北斗七星はまだしも、肉眼ではすぐ認識出来るカシオペアが、モニターで見ると他の星に紛れてよく分からなくなる
北斗七星をちょっとだけ、カシオペアをこれでもかって位に別々に強調して漸くわかりやすくなった

a0041722_17314132.jpg
南向きは相変わらず低い所に雲が居座っているけど
オリオンと仲間たちはなんとか写ってくれる
右側の月を切るように写したが、半月とは言え強烈な光だなぁとあらためて(^^;
地上部はNinox・新発田・新潟辺りの光がもろだ

Tamron SP15-30mm F2.8 Di

大池で白鳥たちを写したけれど、なぜか?なぜか?痛恨のピンボケ!!最初のは上手く写ってたのになぁ・・・・移動の時触っちゃったかな??

かなり前に大池に立ち寄った時も、何やら怪しげな明らかに密会してるでしょ??って感じの二台の車がいた。
今回も駐車場の最奥に二台並んで止まっている、まさか同じ人が毎日密会(?)してる訳じゃないだろうから、大池は密会の名所なのか?
一度警官のふりをして職質してみたい(^^;


by Tome300 | 2018-02-23 17:48 | 星景 | Comments(4)