カテゴリ:その他( 243 )

2020年 01月 22日
朦朧
本当にパッとしないと思えば、予報外に晴れちゃってあれ?星出とるやん!?しかし、こっちはすでにアルコール燃料投下済み(;;)
お!なんか晴れそう!色付きそう!と思って出掛けて見れば(;;)・・・・この日の海もそんな感じ。

朦朧_a0041722_21422234.jpg

少しは雲が切れてくれないかなぁ・・・・と願ったけれど、日没の時間までずっとこんな感じ

話変わって某K.comを覗いていたら面白いのを見つけた


朦朧_a0041722_21423545.jpg
私の大好きな米さんが書かれた記事なのだが
要約すれば「インスタ映え」に代表されるような過剰なレタッチはあかんでしょ!と言う内容で
まぁ確かになぁと思うんだけれど・・・・なにも、そんな婆臭い事書かんでもと思ってしまう

私もタイトルに「landscape」などと標榜し、風景写真を撮っている人間だけれど
自然風景に過剰なレタッチは無用と思って「は」いる

でも、段階フィルターや円形フィルターも使うし、稀にマスクまで使って補正する
但し、それが使われたと察せられない程度の味付け、メリハリ+α程度にとどめている(つもり)

朦朧_a0041722_21424197.jpg
まぁ、見てくれる人にあまり違和感を与えない写真を目指している
たまに違和感バリバリだよな?ってのもあるかもだけれど、お目こぼしをして欲しい

朦朧_a0041722_21424740.jpg
結局は写真なんてものは(特に我々アマチュアの)自己満足な自己表現で
本人がそれで良ければ何やっても構わないと思う

嫌なら見ないだろうし、良いなぁと思えばブックマークして見続けれ良いだけだ

朦朧_a0041722_21425294.jpg
下の記事の夕暮れのタグボートの写真など、普通に見れば超過剰レタッチなのだろうけど
普通に現像して、モノクロにしたレイヤーをオーバーレイさせてるだけなのだ
これで表現される雲の表情や、様々なディティールの味が好きでやってるいるだけの、超個人的趣味趣向だ

朦朧_a0041722_22330258.jpg
これもモノクロレイヤーをオーバーレイさせた

朦朧_a0041722_22330679.jpg
話は戻って本題はこれからだ

過剰なレタッチ云々は、米さんが目指す自然な自然風景写真はこうだと書いているだけだし
(そんな婆臭い事言うなよ、アンタより年寄りのジジイの私でもそこまでは言わんよとは思うけど)
米さんを信奉する人向けのレクチャー記事だろうから、格段問題なかろうと思う

しかし、日周運動とホタルの写真に関しては、そりゃ違うでしょと(^^;
(詳しくは記事のP3・4を読んで欲しい)

彼女は日周運動は比較明合成で撮るのは宜しくない、バルブで長時間露出で撮るべきと仰っている
で、実際に40分のバルブで撮られた日周運動の写真を掲載されている

朦朧_a0041722_22331055.jpg


何故に宜しくないのか?「比較明合成は簡単」だからだそうな
バルブだろうが、比較明だろうが撮ってる実時間は同じだ
何枚か試し撮りをして絞りとISOと露出時間を決めて、じっと待つ事・・・・手持無沙汰だ
長時間一発撮りだと露出の決定が難しいかも知れないが
そんなモン高感度で何枚か撮って、適正値を計算すれば大ハズレは無いはずだ

それとも彼女はそれすらもせずに、勘を頼りに「一発撮りだ~~!!どうだ凄げ~だろ!!」と思っているのだろうか?
本当にそうなら、ただのお馬鹿でしかない

それにいくら低ISOとは言え、地上部など40分も露光したら真っ白になってしまう事が多いんじゃなかろうか?
そうならない場所を探して、尚且つ美しく絵になる場所で撮る事・・・・それは確かに難しかろう
でも、それと比較明は簡単だってのは別な話じゃなかろうか?

ホタルの例えだって「一匹しか居ないホタルを200枚撮れば200匹写っている様に・・・」
論外だ!爆笑だ!

200枚撮ろうが1000枚撮ろうが、一匹のホタルは一匹のホタルでしかない
そんな事が出来るなら、わざわざ真っ暗で、獣やこの世の物でないものが出て来そうな場所まで出掛けたりないわ
ちなみにホタルは一匹じゃなく「一頭」ですから・・・・って、私も一匹と書きますけどね(^^;
でも、朝カメに載せるような記事を書くならきちん「一頭」と書くわな


Tamron SP70-300mm F/4-5.6 Di

実はこの日周運動とホタルの話は、とある方のBolgで目にしていたのだが「へぇ~、今時化石みたいな事言ってる人もいるんだなぁ。どうせ棺桶に片足突っ込んでいるような”大家”とか”大御所”言われているようなジジイが書いたんだろう」と思っていたら・・・・
なんと!冒頭でも書いたように大好きな米さんが書かれた記事だった。
その昔、米さんが世に出て来た当時は、それまでの大家・大御所たちの撮られた写真とは一味も二味も違う写真を見て、「うわ~凄いなぁ、これからはこう言う人が表立って行くんだろうなぁ」と大いに感銘を受けたものだった。

毎月、何冊かの写真雑誌を「立ち読み」する。さらっと読んで、面白そうな興味のある記事があればごくたまに買う(^^;
大抵、各雑誌に一枚くらいは米さんの撮られた写真が見開きで載っているのだが、最近の米さんの撮る写真ってなんだかその当時の大家・大御所が撮っていた写真とダブって見えてなんだかなぁ・・・・と思っていた。

そんな所にこれだ、いよいよ彼女も大御所化してしまったのかと嘆いてみる、そして大好きだったと過去形になった(;;)


by Tome300 | 2020-01-22 11:31 | その他 | Comments(4)
2019年 11月 30日
草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢
忘れ去る前に、軽井沢編。

 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_11423539.jpg

草津から軽井沢抜けると浅間山
普段木の生えた山しか見ていないと、かなり奇異と言うか違和感と言うか
面白い、なんにしても雄大だ

 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_11460295.jpg

風立ちぬのホテルのモデルとなった(と言われている内の一つ)旧三笠ホテル
そっか・・・ここで菜穂子と二郎が出会ったのか・・・・胸熱

雰囲気的には上高地のホテルの方が似ているような気がするけど(^^;

 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_11460481.jpg
 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_11460709.jpg
 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_11461611.jpg
菜穂子と二郎のシルエットが・・・・


 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_11461949.jpg
軽井沢の紅葉は真っ盛り

 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_11462344.jpg
旧軽の銀座通りをそぞろ歩いて、辿り着いた「ショー記念礼拝堂」

なぜか?中へは入れない(;;)

 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_11463295.jpg
 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_11463499.jpg
 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_11464554.jpg
裏通りの別荘地辺りをウロウロ
本当にお金が有り余っていたら、こんな所に別荘ってのも良いなぁ

とは思うけど、ちっと遠いし、面倒くさいしで、きっと買わないだろうなぁ(^^;


 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_12422250.jpg
ショーさんに嫌われたので、別な教会に来てみた
ここも有名らしいが、中に入って・・・・正確には外から見た時点で
なんとなく、新発田の教会に似てるなぁと思ったら

案の定同じ「アントニン・レイモンド」さんの設計だった

 草津よいトコ~ 其の参・・・軽井沢_a0041722_12423025.jpg
真摯に祈る信者たち・・・・じゃなくて、観光の人たち

Nikkor Z24-70mm F/4 S
Sigma 15mm F2.8 EX DG FISHEYE


by Tome300 | 2019-11-30 12:53 | その他 | Comments(2)
2019年 11月 22日
草津よいトコ~ 其の弐
またまた大分日にちが経ってしまったが其の弐だ。
美味しいものをたんと食べて、ビールもしこたま詰め込んで・・・・よせば良いのに三脚担いで再び湯畑まで。

 草津よいトコ~ 其の弐_a0041722_22070467.jpg
日の落ちる前より奇麗だ
やっぱりライトアップは夜だよな

 草津よいトコ~ 其の弐_a0041722_22070895.jpg
濛々たる湯煙で霞む霞む

 草津よいトコ~ 其の弐_a0041722_22071192.jpg
近くの神社で面白い事をやっていた

本当はこの前で係の人にカメラ(スマホ)を渡し
ピース!などとしてるのを撮ってもらうのだが
一人で、それも三脚なんぞ担いだオッサンは・・・・・

「すみません、ここで撮っていいですか?」とお願いして撮らせてもらった

その後一人でピース!しながら撮ってもらった

嘘です、そんな事恥ずかしくて出来ません

 草津よいトコ~ 其の弐_a0041722_22071535.jpg
ハーモニカを演奏している人がいた
何かの催しものなのだろうか?ちょうどいい日に来たようだ

 草津よいトコ~ 其の弐_a0041722_22070115.jpg
ちょうどいい日だったけれど
小一時間もウロウロしていたら

寒い!!

焼き鳥の煙なんぞ嗅いだら再び腹も減って来た
宿へ帰って、もう一度風呂に使って飲み直そう

Nikkor Z24-70mm F/4S



浅間山の麓で遭遇した

by Tome300 | 2019-11-22 22:38 | その他 | Comments(2)
2019年 11月 20日
草津よいトコ~
月頭の土日は草津へ温泉旅行だった。
良いトコなので2度目?3度目?なのだ。

草津よいトコ~_a0041722_11462586.jpg
以前に行ったのはかな~~り前だけど、あんまり雰囲気は変わっていない
相変わらず人は多い、つうか増えてるな

草津よいトコ~_a0041722_11463011.jpg
湯畑の回りは人・人・人・・・・

草津よいトコ~_a0041722_11463318.jpg
前の時は子供が小さかったので行かなかった「西の河原」
あちこちから湧き出している温泉の湯気が凄まじい

結構硫黄成分が含まれている筈なのでカメラは大丈夫?と心配になってしまう

草津よいトコ~_a0041722_11464312.jpg
再び湯畑に戻ったら、ライトアップが始まっていた
寒いし、腹も減ったし、宿に帰ってひとっ風呂浴びて(^^)


Nikkor Z24-70mm F/4S




お風呂の後は・・・・

by Tome300 | 2019-11-20 08:03 | その他 | Comments(2)
2019年 08月 17日
嵐の前
先日の8/15、とうとう日本一になっちまった。

嵐の前_a0041722_14390903.jpg


嵐の前_a0041722_14391379.jpg
嵐の前_a0041722_14391584.jpg
嵐の前_a0041722_14391822.jpg
雰囲気だけはすっかり秋の気配
実りつつある稲穂と、ぶつからないのか心配になるほどに密集状態の赤とんぼたち

Nikkor Z24-70mm F/4 S



by Tome300 | 2019-08-17 14:50 | その他 | Comments(0)
2019年 07月 29日
Max!!!
いやはや、昨夜のホッケンハイムは興奮して眠られず・・・・なんて事はなく、歓喜の熟睡でしたv(^^)v
今シーズン初のウェットレースとなったけれど、あそこまで大荒れになるとは思わなかった、DAZN再契約してて本当に良かった~~!!

スタートでお約束の様に出遅れて、ミディアムに替えた途端にグルリンとスピンして、こりゃ今日はダメだな・・・と思っていたら、いつのまにかトップ走ってるし。
このまま独走かな?とか思っていたら、SC明けの最後の5周は後ろからベッテルが鬼のように追いかけて来るし・・・

それでも最後まで安定した走りで1位堅守でチェッカーを受けた時は、なんだかやけにうれしく深夜の仕事場で一人ガッツポーズしてる怪しいオヤジと化していた。
おまけと言っちゃなんだけど僚友(正確には違うけど)のクビアトまで3位表彰台。
本当はガスリーがそこに居るべきなんだろうけど、運がないのか、本当に下手くそなのか(^^;

いずれにしても2週連続開催の来週ハンガロリンクも楽しめそうだ(^^)

Max!!!_a0041722_09225696.jpg
一昨年折れてしまった、わたし的山の神様
すっかり蔦に覆われ、一本の卒塔婆と化していた

Max!!!_a0041722_09225834.jpg
温度差でダム湖の湖面は白く覆われ

Max!!!_a0041722_09230107.jpg
虹!!

Max!!!_a0041722_09230366.jpg
Max!!!_a0041722_09230668.jpg
Max!!!_a0041722_09230863.jpg

Tamron SP70-300mm F/4-5.6 Di


by Tome300 | 2019-07-29 09:26 | その他 | Comments(0)
2019年 07月 15日
ベッテル~~~~!!!
昨夜は、前戦オーストリアGPの教訓からDAZN再びなのだ。
さすがにシルバーストーンではメルセデス無双再びなのだが、それでも見所は結構あり久々の生F1は面白かった。

しかしなぁ、折角フェルスタッペンが3位確定、あわよくばメルセデスの牙城の一角を崩して2位!!まで行っちゃうのか wktk
だったのに・・・・まさかまさかのベッテル魚雷炸裂

ベッテルも結構好きなドライバーだから、糞味噌に言うつもりはないけれど、なんでフェルスタッペンなの~~!?なんであそこなの~~!?
昨年辺りから逆覚醒してるシーンが多くなって来たし、そろそろ歳だし・・・

そして最後のメルセデスお笑い劇場

ボ「なんで俺だけミディアム⇒ミディアムなんだよ~(怒」
メ「まぁまぁ、ハミルトンにももう一回タイヤ交換させるからさ」
 「ハミルトン、ボックス!ボックス!」
ハ「はぁ?オレもうタイヤ交換義務果たしてるし、タイヤもまだ行けるし」
メ「そんな事言うなよ、ぼっさんが怒ってるからさもう一回入っても大丈夫だって」
ハ「い・や・だ!!」

ボ「なんで俺だけ・・・なんで俺だけ・・・・なんで俺だけ~~~っ!!(激怒
メ「ハミルトン、ボックス!ボックス!」
ハ「いやだよ~~~ん!!」
 「よっしゃ!!ここでファステストだ~~~!!!・・・・どや!!」
ボ「・・・・・」


ベッテル~~~~!!!_a0041722_10381951.jpg

脈絡なく工場夜景

ベッテル~~~~!!!_a0041722_10382119.jpg
せっかく松浜に居るのだから行ってみようと思いついて

ベッテル~~~~!!!_a0041722_10382409.jpg
漁港からゆっくり飯食って空港に行くつもりでいたのに
いつの間にか飯食う時間が無くなっていた(^^;

Tamron SP70-300mm F/4-5.6 Di




ハードな二日間・・・覚悟を決めてクリックしてくれ

by Tome300 | 2019-07-15 11:57 | その他 | Comments(0)
2019年 05月 24日
思い付きで撮っても
ダメなものはダメだなぁと

思い付きで撮っても_a0041722_22034947.jpg

と言いながら、1枚だけ折角なので載せてみる

NIKKOR Z 24-70mm F/4 S


by Tome300 | 2019-05-24 22:05 | その他 | Comments(0)
2019年 05月 14日
rail yard de Train Train
ここに来る日は、いつもなぜか風が強くそしてクソ寒い。

rail yard de Train Train_a0041722_22024689.jpg
陽の沈む方向を見誤った

rail yard de Train Train_a0041722_22024986.jpg
真正面とは言わないまでもと思ったが
横に近い斜めだった・・・

rail yard de Train Train_a0041722_22023733.jpg
TrainのTrainを撮ろうと思ったが
設定を誤ってディレイ3sec・・・・

・・・・シャレになっていない

rail yard de Train Train_a0041722_22024001.jpg
待っていても機動車はなかなかやってこない
風が随分冷たくて風邪を引きそうだ

ディレイをOFFにしたところで、やっぱりタイムラグは出てしまう

rail yard de Train Train_a0041722_22024382.jpg
かなり暗くなるまで粘ってみたが
やっぱり・・・・・なのである



NIKKOR Z 24-70mm F/4 S

今度は冬至辺りで、早めに暗くなる日を選んでリベンジかな?
それまでND400位のフィルター買っておこう。

そして、なぜか?SequatorでZ6のRAWが読み込めるようになっていた。
Updateした覚えはないけど、勝手にUpdateしてくれるのか??
そしていつの間にか、タイムラプスのパラメーターが増えている・・・・今の所撮る気はないので関係ないんだけど。


by Tome300 | 2019-05-14 22:21 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 28日
Niigata city light Vol.1
仕事の打ち合わせは予定通り早めに切り上げ、以前から行って見たかった場所。
竹尾I .Cを降りて、線路の下くぐってすぐ左折すると東新潟駅に出る。
そこから直ぐの跨線橋。

Niigata city light Vol.1_a0041722_23103979.jpg

跨線橋と言うには・・・と言うか一般的な跨線橋のイメージは
せいぜい線路2~3本を跨ぐと言うイメージだけれど

Niigata city light Vol.1_a0041722_23104147.jpg
跨いでいる線路の数・・・無数はちと大げさ
でも正確に数えるのは面倒臭くなる位の数、ざっと数えて20本以上?


Niigata city light Vol.1_a0041722_23104482.jpg
左に見えるのは東新潟の駅前
いつの間にか随分と都会チックになっていた(田舎者の私にすればだけど)

Niigata city light Vol.1_a0041722_23304684.jpg

19時を過ぎても、時折貨物列車が行き来する

Niigata city light Vol.1_a0041722_23104947.jpg
貨物線とは別に白新線も跨いでいる

Niigata city light Vol.1_a0041722_23335645.jpg

跨線橋は狭く、車のすれ違いは出来ない
たまにやってくる車は私の横を結構ギリギリで通過して行く

そして高さがある分風がもろに当たってえらく寒い

Niigata city light Vol.1_a0041722_23105518.jpg
ちょうど正面近くにオリオンが見えたので入れて見た
明るすぎ・・・無理矢理補正して何とかオリオンの所在が分かる様にして見た

NIKKOR Z 24-70mm F/4 S

本当に何本なのか気になったので、グーグルマップで調べて見たら白新線も含め21本!!ほぼ、ほぼほぼなのだ(^^;



by Tome300 | 2019-03-28 23:27 | その他 | Comments(4)