<   2017年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2017年 12月 30日
New Year's eve^2
もう一つ寝ると大晦日、さらにもう一つ寝るとお正月の今月今夜、皆様如何お過ごしでしょう?
ちょっと早いですが、今年最後のUpでございます。

漸くお仕事が終わったぞ~~!!ってお方、まだ大掃除してねぇ~~!!どうすんだ!?とかってお方、まだまだそんな気分じゃぁねぇとか・・・・
ハイ、全部私です。
とは言え、仕事場の大掃除は簡単に?済ませ、ゴミ屋敷と化していた仕事場から、ようやく少しだけ小汚い片付けられた形跡の無い程度の仕事場になりました。
いまだ自分の部屋の大掃除(簡単に)が残っていますが、明日出来る事は明日で良いがモットーのなので、ギリチョン間に合わせる(簡単に)予定となっています。

a0041722_19285468.jpg
Sigma 24-105mm F4 DG OS

それでは皆様良いお年をお迎えください。




by Tome300 | 2017-12-30 19:37 | 四季 | Comments(8)
2017年 12月 28日
Nuttari terrasse returns
a0041722_22045928.jpg

再び訪れた訳ではなく、お日様もさっぱり顔出さないし・・・
帰ろうかと車まで戻ってドアを開け、カメラをしまい込んでいたら
いきなりお日様がカキーンと顔を出した

a0041722_22050958.jpg
慌てて、片づけかけたカメラを取り出して、小走り駆け戻った
自転車のばぁちゃんがごめんなさいね~っと謝りながら通り過ぎた
全然大丈夫ですよ~っと答えた(^^)

a0041722_22052228.jpg
今度は逆からチャリ小僧がやって来た

自分の影を撮ってどうする(^^;

a0041722_22051747.jpg
平日なせいか、半分以上降ろされたシャッターに陽が当たる

Tamron SP15-30mm F2.8 Di

毎年のように書いてるけど、今年もあっと言う間に終わりかけている。
なんだか本当に早いな・・・・でもあと三日もある!!頑張ろう(^^;



by Tome300 | 2017-12-28 22:15 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 27日
monochrome in seaside Fisherman shed
クリスマスイブの夕方と言うのに、一人海辺の掘っ立て小屋を撮り歩く。

a0041722_22284775.jpg
決して今流行りの言葉で言う「クリぼっち」と言う訳じゃぁなく
次男坊夫婦とクリスマスイブなのだが、二人ともお仕事なので奴らが帰って来るまで暇なのだ

a0041722_22285306.jpg
凄い!アルミホイルを履いた一輪車!!

a0041722_22285843.jpg
この樽は何に使ったのだろう?浮子?

a0041722_22290355.jpg
妻には、また掘っ立て小屋?あんなモン撮って何が楽しいの?と、いつも聞かれるけれど
風化しかけた木肌や、錆呉れた鉄や、ささくれていつ千切れてもおかしくない様なロープ

a0041722_22290722.jpg
そんなものを撮っていると、今はすでにこの世にいない
あるいは特養などで過ごしているかもしれない主たちの姿に思いを馳せる

a0041722_22291172.jpg
無造作なようだけれど、きっと何かの意図を持ってそうされた
木々やロープ

a0041722_22291688.jpg
またいつかの日のために、頑丈にシートに包んだはずのモノ達

a0041722_22292108.jpg
そんなのを見ていると、いろいろと考えちゃう訳で・・・

a0041722_22292528.jpg
なんて事はなく、ただ単純に面白く心惹かれるだけなんだけれど

Sigma 24-105mm F4 DG OS

そんな訳で、海岸端に建つ元漁師小屋と言うか崩れかけた掘っ立て小屋を巡るのはとても楽しいのだけれど、今年は例年にない位に漂着物多いのだ。
荒れた天候が多かったせいもあるのだろうけれど、少し浜辺に降りると延々とゴミの山だ。

幸いと言うか、残念ながらと言うか、某国の漂着船には未だ出会っていないけれど、それっぽい板切れや角材等々なんだか怪しげなものが沢山打ち上げられている。
それらの物には大抵釘が打ちつけられている訳で、何度か間一髪で危うく踏み抜きそうになった事も何度か・・・・クワバラクワバラなのだ。


忘年会

by Tome300 | 2017-12-27 23:38 | | Comments(2)
2017年 12月 22日
Nuttari terrasse
前から一度行って見たかった沼垂テラス


a0041722_09100401.jpg

以前にも近くを通った際に探してみたのだが・・・・なぜか場所が分からず
たどり着く事が出来ず、ようやく探し当てた(まぁ縦横を勘違いしてたってだけなんだけど)
しかしまぁ、いきなりよく分からん家?お店?廃墟?がお出迎え

a0041722_09092836.jpg
Pスペースも分からなかったので、とりあえず邪魔にならなさそうな場所へP

a0041722_09093326.jpg
・・・・う~ん

a0041722_09093833.jpg
フォトジェニックと言えるのだろうけど・・・・

Tamron SP15-30mm F2.8 Di

スマホ持ってるんだから検索すれば良かったんだろうけど、「沼垂テラス」って名前自体をよく認識していなかった(^^;




冬至には

by Tome300 | 2017-12-22 09:17 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 21日
光る大根
a0041722_08412952.jpg
荒れた空の下

a0041722_08413329.jpg
光る玉ねぎ・・・・大根

a0041722_08413710.jpg
Tamron SP70-300mm F4-5.6 Di


by Tome300 | 2017-12-21 08:43 | 四季 | Comments(0)
2017年 12月 18日
釣り禁止!

a0041722_20075571.jpg
う~ん、そう言われても・・・・
いつもと少し違うわが愛車
a0041722_20080820.jpg
こんな風だし

a0041722_20081362.jpg
タックルもすでに降ろしてしまってる

a0041722_20081806.jpg
じゃぁ船でイカ釣りにって海況じゃないし

a0041722_20082241.jpg
漁船に乗せてくれる訳もないし

a0041722_20082792.jpg
誰も居ないから、こっそり乗っちゃうか?

a0041722_20083129.jpg
こんな大荒れだし、某国の木造船でも流れ着いてたらどうしよう・・・
と思ったら、きちんとした我が国正しいイカ釣り船がいた

Tamron SP70-300mm F4-5.6 Di

雪の舞う漁港でもと思い来てみたが、雪は時折ちらつく位でさっぱりだ。
おまけにドアを無理やりこじ開け外に出ようとした途端、強烈な風でドアに足を挟んでしまいそうになる位で、外に出てもまともに立っていられない。
流石にこんな日は、釣り禁止の看板もむなしく釣り人など一人もいない。

こんな日にはD810にモノクロフィルムを詰めて撮るのが似合ってる(^^;


by Tome300 | 2017-12-18 22:25 | | Comments(0)
2017年 12月 17日
araumi
朝から晩まで大荒れの新潟だった。


a0041722_21510055.jpg
こんな日はピンぼけ手振れ上等で沿岸警備に勤しむのだ

a0041722_21510586.jpg
小下手に車のドアを開けようとすると
ぶちっと音を立てて千切られそうな暴力的な風

a0041722_21510895.jpg
なに鳥だろうかと拡大してみたら鴨だった
カモメはこんな風の中でも平気で飛んでいるけど
鴨も飛んでるんだ
私の巨体でも平気で揺さぶられるのに大変だぁ・・・


Tamron SP70-300mm F4-5.6 Di



by Tome300 | 2017-12-17 21:58 | | Comments(1)
2017年 12月 13日
池の底
a0041722_22000508.jpg

靄が掛かった怪しげな小さな池

a0041722_22001177.jpg
突然、池の底からとっても奇麗なお姉さんが現れて
あなたが落としたカメラはD850ですか?D810ですか?

と聞かれたので、私は落としてないので誰か他の方のでしょう・・・と答えた

a0041722_22001746.jpg
すると、とっても奇麗なお姉さんは
正直な方なのでご褒美にD810をあげましょう、と

D810は持ってるので、D850の方が嬉しいんですが・・・と答えたら
とっても奇麗なお姉さんはむっとして、現れた時と同じように忽然と消えた

まぁどっちみち水没したカメラなんて欲しくはないけどさ

Sigma 24-105mm F4 DG OS

ここは胎内の天文館近くにある「尼池」。
なんとなく曰くのありそうな名前だけれど、それに関しての謂れが余りない・・・・って言うか殆どない。
勝手に想像すると、道ならぬ恋に堕ちた尼さんが入水したとかなんだろうか?
でも小さい池だし中央部でも水深は50cmほどで、長年の落ち葉の堆積で浅くなったとしても、入水は難しいだろう。
どうしてもって言うなら、うつ伏せになって無理矢理・・・・(^^;

そしてこの池の水はどこから来るのだろう?
夏の渇水期でも池が消失している気配はないが、流れ込みもないし、池の底から湧水でもあるのだろうか?
ちょっと不思議な池。


by Tome300 | 2017-12-13 09:12 | 水辺 | Comments(4)
2017年 12月 11日
雨の日散歩
a0041722_11043485.jpg

先週から180°ターンを決めた位の何もない山の中

a0041722_11044184.jpg
雨を承知で出掛けてみたが、都会暮らしが滲みこんだ体には
差すような冷気と冷たい雨が辛い

a0041722_11044667.jpg
姿の良い柿の木がないかと探してみるけれど

a0041722_11050750.jpg
結局は靄を追いかけて山の中の傾斜のきつい田んぼ道を
登ったり下りたり

a0041722_11051209.jpg
車の中できつい雨をやり過ごしていると、後方から軽トラが近づいてくる
さっき別な道・・・田舎の田んぼ道は複雑怪奇に絡み合っている・・・を登って行った爺さんだ

こんな雨の中、田んぼにも畑に用事などある筈ないのに
私の怪しい姿を見かけて警戒に来たのか?

私の前をゆっくり、ゆっくりと歩いた方が早いんじゃ・・・と思わせるほどにゆっくりと走って行く
すぐに追いついてしまうので、しばらく待って撮ってみた


Sigma 24-105mm F4 DG OS

今回はD810にILFORDのDELTA 100PROって奴を詰めて撮ってみた・・・・


by Tome300 | 2017-12-11 11:23 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 08日
Tokyo night view
築地と銀座の狭間のイタリアンカフェで忘年会。

a0041722_21221712.jpg

私が座った椅子はなんと!!錦織圭が座ったサイン付きシートだったのだ!!
2時間ばかり呑んで食って、立ったり座ったりしていたのだが全く気が付かず
一緒にいた人が気付いて、後で写メで送ってくれた(^^)
もしかしたらテニスが上手くなるかも・・・なんて、もうテニス出来る体じゃないし(^^;


a0041722_21222220.jpg
しかし・・・・本当にお金の掛かってる作りだなぁっと(^^;

この後一旦ホテルまで帰って、今度は着込んで夜の街を徘徊してみた


a0041722_21223100.jpg
低すぎて登れそうにない・・・・

a0041722_21223463.jpg
歩いて見て思うのは、上を見ない限りは新潟の繁華街とさほど変わらんかな
って思うけど、一旦上を見上げると・・・やっぱ東京だわと思ってしまう

もっとも新潟の繁華街なんぞホンの一角だけで、それが延々と続いているってやっぱりMonster cityだよなと思わざる得ない

a0041722_21224607.jpg
夕方とはまた違った表情を見せる
意外だなと思うのは、土曜の夜なのに意外と人が少ない


a0041722_21230040.jpg
新潟とさほど変わらんかなぁとか言いながらも、新潟じゃ絶対撮れない絵

デニーズと7-11の看板が飛びまくって苦労した
やっぱり一枚じゃ無理かなと明暗2枚撮って置いて良かった

a0041722_21230591.jpg
明日も日の出前から撮るぞ~っと、皆さん張り切っていたので早めに帰る
って、もう11時近いし

Tamron SP15-30mm F2.8 Di




by Tome300 | 2017-12-08 21:43 | その他 | Comments(2)