タグ:山毛欅林 ( 5 ) タグの人気記事

2018年 07月 09日
湿度120%の森を歩く
西日本方面、凄い事になっていますね・・・・テレビをつけて惨状を目の当たりにすると、本当に怖いなぁ・・・・
被害に遭われた方々お見舞い申し上げます。

未だ梅雨の開けていない越の国は、うまく雨雲から外れてくれたようでポツポツと梅雨らしい降り方で幸いと言うかなんと言うか・・・
それでも降り続けばムシムシジメジメ、湿度計壊れたか?と思うくらいのジットリ感。

そんなジットリ感満載の中、なにも・・・・

a0041722_09032207.jpg
好き好んで山毛欅の森なんぞ行かんでも・・・・

a0041722_09032939.jpg
それもこんな壊れかけた吊り橋を通って・・・・
な~んて事があるはずはなく、高所恐怖症の私がこんな橋なぞ渡るはずもなく

撮るだけ撮って速攻に引き返す

a0041722_09034072.jpg
幸い雨は降っていないが、時折ポツポツと水の粒が落ちてくる
100mほど歩いただけで汗みどろになっていると、逆に気持ちよくさえある

a0041722_09034485.jpg
薄っすらと雲に覆われた空からの柔らかく優しい光

a0041722_09035539.jpg
久し振りに会ったG.K

a0041722_09034808.jpg
蝕まれ具合は進んでいるのか?
小康状態なのか?

a0041722_09035247.jpg

Sigma 24-105mm F4 DG OS

本当はTam15-30mmで撮りたかったが、ポツポツとは言え時々襲ってくる水滴たちに恐れをなし、いつもの24-105着けっぱなのだ。
時々とは言え、気を付けてるとは言え、いつの間にか前玉は結構濡れて来るが、こんな時には撥水フィルターがとってもありがたい。
ポケットに入れたシュポシュポでシュポシュポするだけで水滴が飛んでくれる。

いつもは誰にも会う事のない森だけれど、この日は鳥撮りの人たちが一杯居た。
お約束なのか?皆さんカモフラ柄の服を着ているので、いきなり出くわすとギョッとする。
皆さんお約束のバズーガ砲レンズを付けているから尚更びっくりするのだ(^^;

森の外だとやけに目立つカモフラだけれど、森の中だと本当に溶け込んじゃうんだなぁっと感心(^^;
そしてなぜか皆さん愛想が悪い、こっちが挨拶すると軽く会釈を返してくれるが、一様にちょっと不機嫌そうな顔。

まぁそりゃそうだわな、さして暑くはないが湿度はえらく高いはずの森の中で、例のカモフラ柄の上着を着て木陰にじっと身を潜めているのに、遠慮会釈なしに歩き回るオッサンが居ればなんじゃこいつはと思っちゃうわな(^^;

でも、もう少し愛想良くして欲しい(^^)



by Tome300 | 2018-07-09 09:35 | | Comments(0)
2018年 06月 07日
忙中閑あり
なかなか忙しいのだ。
今年の前半戦はいつも通りに暇だったんだけど、先々月辺りからようやく忙しくなり始め、ここの所ピークなのだ。
暇していた分、通帳は空っけつ状態が続いていたので、少しは穴埋めしないとならないので必死なのだ(^^;

おまけに釣りも本格化し始めて、そっちも忙しい・・・・おまけに超久しぶりにトーナメント参戦。
昨年から地元の浜で開催されていたが、昨年は申込損ね今年こそと・・・・なんか天気悪そう(;;)

a0041722_15514451.jpg
そんな忙しい中でもお休み休まなきゃ!!をモットーに生きているので、出来れば土日、最悪でも日曜は仕事はしたくない
釣りばかりしていないで、たまにはカメラも触ってあげないとって事で奥胎内まで行って来た

a0041722_15515723.jpg
ヒュッテ横の林の入り口で、いつもの剽軽なこいつの挨拶を受けて、未だ藪藪の林へ・・・

a0041722_15515216.jpg
a0041722_15514961.jpg
今回は珍しく派手派手モードで現像してみたが・・・・やっぱ派手だなぁ

a0041722_15515446.jpg
居た!!!

まだ生えかけたばかりの銀竜草
一生懸命葉っぱを取り除いて撮ってみた(^^;

Sigma 24-105mm F4 DG OS

いつもは6/20過ぎ辺りに開通しているような記憶があって、今回も途中までと思い行って見たら・・・あら開通してたのね~




by Tome300 | 2018-06-07 16:02 | | Comments(2)
2017年 11月 20日
山毛欅林彷徨
a0041722_14080601.jpg
お誂え向きに雪が激しくなって来た

a0041722_14081197.jpg
顔面にも、当然ながらメガネのレンズにも、湿り気を帯びた雪のつぶてが激しく吹き付ける

a0041722_14081869.jpg
色のあるのはわずかな下草や笹の葉、僅かに残ったいまにも落ちて来そうな赤茶けた葉っぱだけ
古い切り株に生えたキノコの色の少しだけ癒される

a0041722_14083008.jpg
寒い雪の中でも、その身を寄せ合えば少しは暖かいのか

a0041722_14083492.jpg
小径とは名ばかりの傾いた小径
湿った雪に足を取られ、何度も何度も滑落(大げさ)しそうになる

a0041722_14082533.jpg
名残のモミジでも残っちゃ居まいかと探したが見当たらず

a0041722_14083823.jpg
雪降りやまず

a0041722_14084177.jpg
おしまい

Sigma 24-105mm F4 DG OS

取り合えずレインは着ていたので体は大丈夫だ。
カメラにはイカやキスを入れるためのビニール袋を細工した簡易レインを着せていたので多分大丈夫だ。
それでも、ズームやらいろいろ操作してるとどうして水滴は付く、カメラは一応防滴を謳っているので大丈夫だ。
問題はレンズだSigma様のこのレンズは防滴は謳われていないのだ・・・・・大丈夫なのか?Sigma。

プロテクターは購入済みで今はやり?の撥水タイプなのだが、これが結構優れものだった。
以前はフィルターをタオルやティッシュなどで拭いていたのだけれど、どうやっても少しは残ってしまう。
この撥水タイプのフィルターなら、ポケットに入れて置いたブロワーでシュポシュポすれば、水滴はきれいに転がり落ちてくれる。

世の中進歩しているんだなぁ・・と雪の林の中で感心してしまった。
でも、冷たい雪にかじかんだ手指はどうしようもない。


by Tome300 | 2017-11-20 14:40 | 四季 | Comments(0)
2017年 11月 06日
山毛欅の森へようこそ
奥胎内の紅葉は今がピークか。

a0041722_22014691.jpg
a0041722_22014042.jpg
a0041722_22015182.jpg
a0041722_22015663.jpg
a0041722_22020573.jpg
真っ赤になっていて枝ぶりの良い紅葉なんぞ、そうそうないのだ

a0041722_22021234.jpg
おまけ

Sigma 24-105mm F4 DG OS

謎が解けた!!
そうだ、ヨーグリーナなのだ(^^;


by Tome300 | 2017-11-06 22:05 | 四季 | Comments(2)
2017年 06月 25日
山毛欅の森解禁
奥胎内へのアクセス路が開通した(はず)ので、ちょっとだけ行ってみた。
開通したばかりのはずだが、ヒュッテの駐車場はすでに満杯だった。
午後もかなり遅い時間だったので朝から登って下りて来たのだろう、登山姿の人々が汗を拭いている姿がちたほら・・・

ヒュッテまでの登ってくる道すがら、気になっていた場所で見上げてみた。
何年か前に道路の上に張り出した木の枝に、モリアオガエルの卵塊を見つけた。
その直下には僅かばかりの水たまり・・・・

今年もしっかりと同じ場所に産み付けられていた。
同じように直下には小さな(先回よりさらに小さな)水たまり・・・・

a0041722_22314368.jpg

a0041722_22314864.jpg

a0041722_22315353.jpg

a0041722_22315807.jpg

a0041722_22320425.jpg

a0041722_22320947.jpg

ヒュッテ横の山毛欅林にて

Sigma 24-105mm F4 DG OS

添いて今夜の帰り道、田んぼの中の道を走っているとライトに照らされた無数の白い粒々。
今時期の雨の降る夜、いつもの事なのだけれどピョンピョンと跳ねている。
避けて走りたい気持ちはあるのだけれど、とてもじゃないがそんな事をしていたら前に進めない。
わざわざ田んぼから上がって道路を横断する意味がよく分からない。
大人しく自分の生まれた田んぼで過ごしていれば良いのに・・・

上のモリアオガエルたちも、小さな水たまりにオタマジャクシになって生れ落ちて、脚が生えそろって自由に動き回れるようになるまで、どれだけの数が生き残れるのだろう。
すべては神が定めた自然淘汰って奴なのだろうけど、馬鹿々々しいとも思うけどついつい頑張って生きろと応援してしまう(^^;;





by Tome300 | 2017-06-25 22:45 | | Comments(2)